海洋地形学の物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海洋地形学の物語
イエススタジオ・アルバム
リリース 1973年10月26日
録音 1973年
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 40:58/40:05
レーベル アトランティック・レコード
プロデュース イエスエディ・オフォード
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス)[1]
  • 6位(アメリカ)
  • 9位(日本)[2]
イエス 年表
危機
(1972)
イエスソングス
(1973)
海洋地形学の物語
(1973)
リレイヤー
(1974)
テンプレートを表示

海洋地形学の物語(Tales from Topographic Oceans)は、イエスの通算7作目、スタジオ録音盤としては6作目にして初の2枚組アルバムである。 メンバーはジョン・アンダーソンスティーヴ・ハウクリス・スクワイアリック・ウェイクマンアラン・ホワイトの5人。 日本語版ライナーノーツを今野雄二が担当した。

収録曲[編集]

A面(ディスク1)
  1. 神の啓示 - The Revealing Science of God (Dance of the Dawn) (20:27)
B面(ディスク1)
  1. 追憶 - The Remembering (High the Memory) (20:38)
C面(ディスク2)
  1. 古代文明 - The Ancient (Giants under the Sun) (18:34)
D面(ディスク2)
  1. 儀式 - Ritual (Nous sommes du soleil) (21:35)

リマスター盤[編集]

2003年にCDのリマスター盤が発売された。「神の啓示」のイントロが1分56秒追加され、全体に音質の向上が図られているほか、以下の2曲のボーナス・トラックが追加収録されている。

  1. ダンス・オブ・ザ・ドーン(スタジオ・ラン・スルー)
  2. ジャイアンツ・アンダー・ザ・サン(スタジオ・ラン・スルー)

発売日[編集]

当初、本国イギリスでは1973年10月26日に発売されると告知されたが、後述のメンバー間の不和が影響したらしく、発売は遅れた。ただし遅延について正式な告知はなく、各誌のレビューの掲載時期から、11月の半ばに店頭に並んだものと推測されている。全英アルバムチャートには1973年12月22日付で初登場した[1]アメリカ合衆国での発売は1974年1月9日とされている。

内容[編集]

1972年にビル・ブルーフォードが脱退し、プラスティック・オノ・バンドなどで活動していたアラン・ホワイトがドラマーとして加入。

1973年の2月、イエスが来日公演で東京に滞在していた時、ジョン・アンダーソンが、ホテルの自室で読んだヒンドゥー教経典パラマハンサ・ヨガナンダ著「あるヨギの自叙伝」(森北出版))からヒントを得て、ツアー中にスティーヴ・ハウとの共同作業で構想をまとめた。2枚組で4曲という、前作以上の大作志向であり、歌詞や曲想も幻想感と抽象性が強くなっている。

メンバー間の不和[編集]

曲の長さや内容の難しさといった点で、特にリック・ウェイクマンが異議を唱えたと言われている。実際、1974年半ばに脱退した時、多くのインタビューでこの作品に対する不満を数多くコメントしている。 収録も最後まで参加しておらず、「儀式」の終盤のピアノはアランが弾いている。

脚注[編集]

  1. ^ a b ChartArchive - Yes - Tales From Topographic Oceans
  2. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.73