トレヴァー・ラビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トレヴァー・ラビン
Trevor Rabin
}
基本情報
出生 1954年1月13日(60歳)
出身地 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
ジャンル プログレッシブ・ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器
ギター
キーボード
共同作業者 イエス
公式サイト TrevorRabin.net

トレヴァー・ラビンTrevor Rabin1954年1月13日 - )は、南アフリカ共和国出身のロックギタリストシンガーソングライター及びマルチプレイヤー。また映画音楽の作曲・構成も務める。

経歴[編集]

ヨハネスブルグで、シンフォニー第一バイオリン奏者の父親、ピアノ教師の母親の間のユダヤ系の家庭に生まれる。両親が音楽家という環境の中で、自然に音楽に親しみ、5歳でピアノを習い始め、12歳でギターを始めた。

当初は母国でアイドル性の強いラビットRabbitt)というハードロック・バンドに在籍して活動を始めた。2枚のアルバムを発表した後に解散。ラビンはアメリカに渡り、ソロ活動で認知度を広めていく。1982年エイジアのプロジェクトがキッカケ(詳細は不明)で当時イエスのメンバーだった元バグルズトレヴァー・ホーンハンス・ジマーの知己を得た。

その直後、ジミー・ペイジとのXYZ の構想が実現に至らなかったクリス・スクワイアから、新しいバンドシネマCinema)の結成を打診され参加。このシネマが作り始めたデビュー・アルバムに、ジョン・アンダーソンがボーカルとして加わり、1983年再結成イエスの『ロンリー・ハート』として発表される。しかしその後、イエスの中で紆余曲折があり、結果として1994年の『トーク』を最後に脱退。ハンス・ジマー率いるメディアベンチャーズに参加し、映画音楽の道に転身、『アルマゲドン』や『ディープ・ブルー』、『タイタンズを忘れない』、『ナショナル・トレジャー』、『スネーク・フライト』、『リベンジ・マッチ』など、数々の作品を手がけている。

イエスとしての活動は、ほぼ10年ぶりとなる2004年11月にウェンブリーで行われたトレヴァー・ホーンの25周年記念コンサート「Produced By Trevor Horn: A Concert For Prince Trust」に出演。スティーヴ・ハウら旧知のメンバーと共演、『ロンリー・ハート』ではギターと共にボーカルを披露し、健在振りをアピールした。

2012年には、1989年の『Can't Look Away』以来23年ぶりとなるソロアルバム『Jacaranda』をリリースしている。

評価[編集]

ギタリストとして極めて優秀で、変拍子をものともせず、卓越したテクニックで弾きこなす華麗なソロが特徴的である。また、マルチプレーヤーであり、サンプリングなどの当時の最新機器に関しても明るく、さらにボーカリストとしても声量、音程、個性とも申し分ないものを持っており、イエスのアルバムでも数多くリード・ボーカルを取っている(『イエス・イヤーズ』に収録されたインタヴューによると、アリスタ・レコードから「その声ならTop 40を狙う歌手に転進するべきだ」と薦められたことがある)。作曲家としても数多くの曲を書いている。アメリカや日本でも大ヒットした『ロンリー・ハート』は、実質的にはラビンの作品である。 しかし、こうした音楽性もエンターテイメントに向かっているため、より芸術性を求めるジョン・アンダーソンとの深刻な対立を引き起こし、ABWHを初め軋轢に基づいた多くのトラブルが発生している。

使用機材[編集]

ギターは改造を施した60年代のフェンダー・ストラトキャスター。イエス時代にはウェストーンとの共同開発でパンテラというモデルのシグネイチャーモデルを使用していたことがある。 エフェクトはコルグのA-1。A-1についてはメインで使用していたアンプの電気的な特性をオシロスコープで解析し、その波形をA-1にプログラムするなどしていた。(アンプの特性をエフェクトに書きこむことで当時のレコーディングではアンプを用いないレコーディングなどに用いていたらしい。)

アップル・コンピューターのマッキントッシュ(Macintosh)を愛用し、イエスのアルバム「トーク」では彼の所有する4台のマッキントッシュを使い、当時としてはまだ珍しいハードディスク・レコーディングが行われた。

エピソード[編集]

イエスの「ロンリー・ハート」が大ヒットした1984年、イエスのワールド・ツアーが計画されていたが、彼の怪我によりツアーが大幅に延期されて、ヒット曲を持参してのツアーの時期を逸してしまった。その怪我とは、プールで泳いでいたところ、大柄な人物が飛び込みをしてきて激突。その結果、彼は脾臓を摘出する手術を受けている。

また、その時期に日本での公演も予定されていたが、南アフリカ共和国の国籍である彼に対して、アパルトヘイト問題で日本の外務省が入国拒否をしたために、日本での公演は実現しなかった。(1988年になって来日が実現)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]