コーチ・カーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コーチ・カーター
Coach Carter
監督 トーマス・カーター
脚本 マーク・シュワーン
ジョン・ゲイティンズ
製作 デヴィッド・ゲイル
ブライアン・ロビンス
マイケル・トーリン
製作総指揮 トーマス・カーター
ケイトリン・スキャンロン
シャーラ・サンプター
ヴァン・トフラー
出演者 サミュエル・L・ジャクソン
音楽 トレヴァー・ラビン
撮影 シャロン・メール
編集 ピーター・バーガー
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年1月14日
日本の旗 2005年8月6日
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000
興行収入 $76,669,806[1]
テンプレートを表示

コーチ・カーター』(Coach Carter)は、2005年アメリカ映画。脚本は、同じくバスケットボールを題材としたテレビドラマ『One Tree Hill』を手掛けたマーク・シュワーン

概要[編集]

カリフォルニア州・リッチモンド高校のバスケットボール部コーチのケン・カーターの実話を題材としている[2]。ダンサーのチャニング・テイタムは本作が映画デビュー作であり、主題歌のPVにも出演。スポーツ映画にありがちなCGや編集により上手く見せる演出がほとんどなく、キャストの実際のバスケットボールのプレーを撮影している。

ストーリー[編集]

アメリカのとある犯罪都市・リッチモンド。この街にあるリッチモンド高校は、落ちこぼれ生徒たちの集まりで、大学へ行く者はごくわずかで卒業した生徒の半分が逮捕される現状だった。それは高校のバスケットボールチーム「オイラーズ」も例外ではなく、ほとんど試合に勝ったことがないこのチームに、高校のOBであるケン・カーターが新しいコーチとして赴任してくる。だが、彼はバスケの技術を教えるよりも先に、選手たちとある契約を交わす。それは「学業で決められた成績以上を残すこと」「授業には必ず出席すること」「試合の日には正装すること」といったものだった。これを守らない者は試合に出さないという彼に、もちろん選手は反発。チームを去る者までいたが、彼は規律を守ることが勝利のカギだと、意見を変えることはなかった。そして、彼は残った選手に対し、激しいスパルタ練習を課していく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ケン・カーター サミュエル・L・ジャクソン 手塚秀彰
ダミアン・カーター ロバート・リチャード 浪川大輔
ケニヨン・ストーン ロブ・ブラウン 横尾博之
チモ・クルーズ リック・ゴンザレス 小野塚貴志
ジュニア・バトル ナナ・グベウォニョ 楠大典
ワーム・ウィリス アントウォン・タナー 五十嵐明
ジェイソン・ライル チャニング・テイタム 稲田徹
キーラ アシャンティ 宮島依里

主題歌[編集]

作詞・作曲:Thomas Callaway / Carl Mitchell / Taylor

出典[編集]

  1. ^ Coach Carter”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年12月29日閲覧。
  2. ^ Turner, Miki (2004年1月19日). “The real Coach Carter is a class act”. ESPN.com. http://sports.espn.go.com/espn/page3/story?page=turner/kencarter 2012年4月6日閲覧。 

外部リンク[編集]