ベノワ・ディヴィッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベノワ・ディヴィッド
Benoît David
2010年11月28日、ブラジル、サンパウロのイエスのコンサートにて}
2010年11月28日ブラジルサンパウロのイエスのコンサートにて
基本情報
出生 1966年4月19日(48歳)
出身地 カナダの旗 カナダ ケベック州モントリオール
ジャンル プログレッシブ・ロックポップ・ロック
職業 歌手
ミュージシャン
担当楽器 ギターパーカッション
活動期間 1994年 - 2013年
レーベル Unicorn Records
共同作業者 イエス
Close to the Edge
ミステリー

ベノワ・ディヴィッド(Benoît David、1966年4月19日 - )は、カナダ歌手。カナダのバンドであるミステリーMystery)のリード・ボーカリスト。2008年から2012年までの間、イギリスプログレッシブ・ロック・バンドであるイエスのリード・ボーカルも務めていた。2008年、ディヴィッドは、長年イエスのリード・ボーカリストであったジョン・アンダーソンが健康を害してバンドを離れた後を埋めるために、イエスによって抜擢された。イエスに参加する前のディヴィッドは、Close to the Edge というイエスのトリビュートバンドのリード・ボーカリストでもあった[1]

イエス[編集]

2008年オハイオ州コロンバスのイエスのコンサートにて。

2008年、この年に行なわれるイエスのツアーに向け、スティーヴ・ハウクリス・スクワイアアラン・ホワイトらから成る編成のリード・シンガーとして、ディヴィッドの名が発表された[2][3]。(イエスのリーダーである)スクワイアがディヴィッドを知ったのは、YouTube にあった Close to the Edge の演奏によってであった。ディヴィッドは、この年はじめに急性呼吸不全から健康を害してツアーができなくなっていたジョン・アンダーソンの代役を果たした[4]。このツアーは、スクワイアが体調を崩して当初の予定より短縮され、ディヴィッドは Mystery と Close to the Edge の仕事に戻った。

ディヴィッドはその後もイエスの一員にとどまり、2009年から2010年にかけてのツアーに加わった。2009年10月、ディヴィッドが正式にイエスに加入したことが発表された。2011年はじめ、イエスはディヴィッドをリード・ボーカルに据え、新アルバム『フライ・フロム・ヒア (Fly From Here)』を完成させた。

ディヴィッドは、イエスへの参加後も、Close to the Edge の一員として活動し続けたが、ディヴィッドのイエスへの関与が深まったために2009年に行なった一連のライブ以降、このバンドは活動休止状態になった。ディヴィッドと、ギタリストのフィル・シャルメタン(Phil Charmettant)は、Close to the Edge を離れ、代わりのメンバーが加入してバンドは活動を継続した[5]

2012年2月、スクワイアへのインタビューによってディヴィットの正式な脱退が明らかになった(かねてから患っていた呼吸不全のため)[6]

ミステリー[編集]

ディヴィッドは、1999年以来、ミシェル・サン=ペール(Michel St-Père)が率いるミステリーMystery)というバンドのリード・シンガーであり、ミステリーの2007年のアルバム『Beneath the Veil of Winter's Face』、2010年のアルバム『One Among the Living』にも参加している。前者では、全ての楽曲をサン=ペールが書いていたが、後者では、はじめてディヴィッドが2曲で作詞の共作者となっている(作曲はいずれもサン=ペール)[7]。2012年、アルバム『The World is a Game』を発表(ボーカルトラックは2011年に収録)。

イエス在籍中およびイエスを脱退後の療養中もミステリーにボーカルとして在籍していたが、2014年3月にはミステリーからの脱退が公式に発表されている。ミステリーの後任のボーカリストは Jean Pageau である。

ディスコグラフィ[編集]

イエス[編集]

ミステリー[編集]

  • Beneath the Veil of Winter's Face, Unicorn Records, 2007
  • One Among the Living, Unicorn Records, 2010
  • ザ・ワールド・イズ・ア・ゲーム (The World is a Game, Unicorn Records), 2012

出典・脚注[編集]

  1. ^ Close to the Edge”. myspace.com. 2011年8月22日閲覧。 バンド名はイエスのアルバム『危機』の原題と同じ。
  2. ^ Rockitt, Rob (2008年9月12日). “Yes To Tour With Replacement Singer”. Hard Rock Hideout. 2009年10月10日閲覧。
  3. ^ Gallo, Phil (2008年9月11日). “Yes Taps 'Understudy' For Fall Tour”. The Set List. Variety. 2008年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月10日閲覧。
  4. ^ Yes cancel 40th anniversary tour”. NME.COM (2008年6月4日). 2011年8月22日閲覧。
  5. ^ Band Members”. Close to the Edge (2008年9月17日). 2009年10月10日閲覧。
  6. ^ [1]
  7. ^ Album: One Among the Living”. Yescography. 2011年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]