シックス・デイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シックス・デイ
The 6th Day
監督 ロジャー・スポティスウッド
脚本 コーマック・ウィバリー
マリアンヌ・ウィバリー
製作 マイク・メダヴォイ
アーノルド・シュワルツェネッガー
ジョン・デイヴィソン
製作総指揮 デヴィッド・コーツワース
ダニエル・ペトリー・ジュニア
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
音楽 トレヴァー・ラビン
撮影 ピエール・ミニョー
編集 マーク・コンテ
ドミニク・フォーティン
マイケル・アルカン
製作会社 フェニックス・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年11月17日
日本の旗 2000年12月16日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $82,000,000[1]
興行収入 $34,604,280[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
17.0億円[2] 日本の旗
$96,085,477[1] 世界の旗
テンプレートを表示

シックス・デイ』(The Sixth Day)は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の2000年アメリカ映画

あらすじ[編集]

2010年クローン技術の発達によって様々な動物がクローンで生み出され、人間の生活を豊かなものにしていた。ただし、創世記で神が人間を創った日に由来する法律「6d法」により、人間のクローンを作ることは禁じられていた。

ある日、ヘリコプターパイロットのアダムは、自分の誕生日の夜に仕事を終えて自宅に戻った。その時、彼は信じられない光景を目撃した。 なんと、もう一人の自分が家族と誕生日を祝っていた。

戸惑っているところに見知らぬ二人組が現れ、家にいるのが自分のクローンだと教えられる。いったい誰が何の目的で自分のクローンを作ったのか。自分の家庭と生活を取り戻すため、アダムは奔走する。

スタッフ[編集]

  • 監督 - ロジャー・スポティスウッド
  • 製作総指揮 - デヴィッド・コーツワース、ダニエル・ペトリー・ジュニア
  • 製作 - マイク・メダヴォイ、アーノルド・シュワルツェネッガー、ジョン・デイヴィソン
  • 脚本 - コーマック・ウィバリー、マリアンヌ・ウィバリー
  • 音楽 - トレヴァー・ラビン
  • 撮影 - ピエール・ミニョー

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日本テレビ
アダム・ギブソン アーノルド・シュワルツェネッガー 玄田哲章
マイケル・ドラッカー トニー・ゴールドウィン 牛山茂 鈴置洋孝
グリフィン・ウィアー博士 ロバート・デュヴァル 佐々木敏 大木民夫
ハンク・モーガン マイケル・ラパポート 後藤哲夫 清水明彦
マーシャル マイケル・ルーカー 宝亀克寿 立木文彦
タリア サラ・ウィンター 唐沢潤
ナタリー・ギブソン ウェンディ・クルーソン 藤生聖子 野沢由香里
ワイリー ロドニー・ローランド 成田剣 矢尾一樹
ビンセント テリー・クルーズ 天田益男 大友龍三郎
クララ・ギブソン テイラー・アン・リード 杉原美和 川田妙子
キャサリン・ウィアー ワンダ・キャノン 渡辺多美子 鈴木弘子
ホログラムガール ジェニファー・ガレイス 雨蘭咲木子
下院議長 ケン・ポーグ 石波義人 三木敏彦
トリップ コリン・カニンガム 谷昌樹
リペット宣伝マン ドン・マクマナス 根本泰彦 後藤敦
シム・ドールのシンディ(声) アンドレア・リブマン 季園知依 金田朋子
ヘンダーソン 大黒和広 広瀬正志
バーチャル精神科医 ウォルター・フォン・ヒューン 山崎秀樹
警官 クリストファー・ローフォード 清水敏孝
テレビキャスター2 岡本章子
ジョニー・フェニックス スティーブ・ベーシック 水野光太
女性アナウンサー 吉川亜紀子
  • ソフト版
日本語版制作スタッフ:演出:松川陸、翻訳:芝谷真由美、調整:兼子芳博、担当:市来満、制作:ニュージャパンフィルム
  • 日本テレビ版
その他の声の出演:山口太郎佐藤あかり石井隆夫永田博丈林佳代子巻島康一村治学渡辺美佐堀江真理子加藤沙織吉田孝杉本ゆう高越昭紀
日本語版制作スタッフ:演出:中野洋志、翻訳、栗原とみ子、調整:蝦名恭範、効果:リレーション、制作:ACクリエイト

脚注[編集]

  1. ^ a b c The 6th Day (2000)” (英語). Box Office Mojo. Amazpn.com. 2010年4月6日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2001年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]