チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道
The Children of Huang Shi
監督 ロジャー・スポティスウッド
脚本 ジェームズ・マクマナス
ジェーン・ホークスレイ
製作 アーサー・コーン
ヴィーラント・シュルツ=カイル
ピーター・ローアー
ジョナサン・シュタインマン
マーティン・ヘイグマン
出演者 ジョナサン・リス=マイヤーズ
ラダ・ミッチェル
チョウ・ユンファ
ミシェル・ヨー
音楽 デヴィッド・ハーシュフェルダー
撮影 ザオ・シャオディン(趙小丁)
編集 ジェフリー・ラム
公開 2008年4月3日
上映時間 125分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
中華人民共和国の旗 中国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語官話
興行収入 $7,785,317[1]
テンプレートを表示

チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道』(-はるかなるきぼうのみち、原題: The Children of Huang Shi、中国語題: 黄石的孩子)は、2008年制作のオーストラリア中国ドイツ合作映画。ロジャー・スポティスウッド監督。

概要[編集]

1930年代の終わり、日中戦争の戦火が南京から黄石(ホァンシー)に迫ったことを知り、中国人孤児60名を連れてシルクロードを横断した英国人記者ジョージ・ホッグ英語版の実話の映画化。

日本では2009年2月にDVDが発売された後、2009年12月の「南京・史実を守る映画祭2009」で上映された。

あらすじ[編集]

1937年、日中戦争が勃発した。上海租界に滞在していたイギリス人ジャーナリストジョージ・ホッグは、日本軍が進撃した南京を取材するため、赤十字の人間と身分を偽って南京に潜入する。そこで大勢の市民を殺害する日本軍の姿を目の当たりにしたホッグは、それをカメラに撮影するが、日本兵に見つかってしまう。

処刑寸前のところをジャックという中国共産党の軍人に助けられたホッグは、ジャックの友人である看護婦のリーの紹介で黄石のとある施設に赴く。そこには60名もの中国人孤児がいた。

ホッグと子供たちはそこで一緒に過ごすうちに徐々に打ち解けていくが、やがて黄石にも日本軍が迫り、ホッグは子供たちを連れてシルクロードの遥か彼方700マイルの距離にある山丹へと逃れることを計画する。後にこの逃避行は「小さな長征」と呼ばれることになる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョージ・ホッグ ジョナサン・リス=マイヤーズ 東地宏樹
リー・ピアソン ラダ・ミッチェル 林真里花
ジャック(陳漢生) チョウ・ユンファ 古澤徹
マダム王(ワン) ミシェル・ヨー 唐沢潤
バーンズ デヴィッド・ウェンハム 田中完

スタッフ[編集]

  • 監督:ロジャー・スポティスウッド
  • 脚本:ジェームズ・マクマナス、ジェーン・ホークスレイ
  • 撮影:ザオ・シャオディン(趙小丁)
  • 編集:ジェフリー・ラム
  • プロダクションデザイン:スティーヴン・ジョーンズ=エヴァンス
  • 美術:ホァン・シンミン(黄新明)
  • 音楽:デヴィッド・ハーシュフェルダー
  • 衣装デザイン:ガオ・ウェンイエン(高文晏)、キム・バレット
  • 製作:アーサー・コーン、ヴィーラント・シュルツ=カイル、ピーター・ローアー、ジョナサン・シュタインマン、マーティン・ヘイグマン

参考文献[編集]

  1. ^ The Children of Huang Shi”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]