エクソシスト ビギニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクソシスト ビギニング
Exorcist: The Beginning
監督 レニー・ハーリン
脚本 ウィリアム・ウィッシャー
アレクシ・ホーリー
製作 ジェームズ・G・ロビンソン
製作総指揮 ガイ・マケルウェイン
デヴィッド・C・ロビンソン
出演者 ステラン・スカルスガルド
音楽 トレヴァー・ラビン
撮影 ヴィットリオ・ストラーロ
編集 マーク・ゴールドブラット
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年8月20日
日本の旗 2004年10月16日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000[1]
興行収入 $78,000,586[1]
前作 エクソシスト3
テンプレートを表示

エクソシスト ビギニング』(原題: Exorcist: The Beginning)は、2004年アメリカ映画

概要[編集]

映画『エクソシスト』シリーズの第4作であり、25年前のメリン神父の戦いを描いた序章=エピソード0ものとなっている。

当初は、ジョン・フランケンハイマーが監督する予定だった[2]が、亡くなったため、ポール・シュレイダーによって撮られることになった。しかし製作会社が出来の地味さに難色を示し、アクションシーンを追加するために新たに雇われたレニー・ハーリンによって全面的に作り直された。

ちなみにポール・シュレイダー版は『ドミニオン』のタイトルで、短期間のロードショーとDVDで発表された。

またリーアム・ニーソンがメリン神父を演じる予定だったが、スケジュールの都合により降板した[3]

第25回ゴールデンラズベリー賞の最低監督賞と最低リメイク及び続編賞にノミネートされた。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦末期、世界中を放浪し、アフリカに流れ着いたメリンは古美術収集家の男と知り合い、考古学発掘隊に加わることになった。発掘現場でフランシス神父やサラ・ノヴァック、そしてアフリカ人の少年のジョセフと出会い、親交を深めた。だがその頃から、ジョセフの周囲で奇妙な連続猟奇殺人事件が発生し始めた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ブランカスター・メリン神父 ステラン・スカルスガルド 津嘉山正種
フランシス神父 ジェームズ・ダーシー 鉄野正豊
ドクター・サラ・ノヴァック イザベラ・スコルプコ 岡寛恵
ジョセフ レミー・スウィーニー 田野恵
チューマ アンドリュー・フレンチ 稲葉実
グランヴィル少佐 ジュリアン・ワダム 松本大
ジオネッティ神父 デイビッド・ブラッドリー 大木民夫
ジェフリーズ アラン・フォード 石森達幸
陸曹長 ラルフ・ブラウン
ケッセル中尉 アントニー・カメルリング
その他声の出演
朴璐美 大滝寛 遠藤純一
魚建 保村真 小伏伸之

スタッフ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]