ジョン・ウェットン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ウェットン
John Wetton
2005年9月10日}
2005年9月10日
基本情報
出生名 John Kenneth Wetton
出生 1949年6月12日(65歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ダービー州ウィリントン
ジャンル プログレッシブ・ロック
職業 歌手
ベーシスト
担当楽器 ベース
共同作業者 モーガル・スラッシュ
キング・クリムゾン
ロキシー・ミュージック
エイジア ほか
公式サイト JOHNWETTON.com
著名使用楽器
フェンダー・プレシジョンベース
ゾン・レガシー

ジョン・ウェットンJohn Kenneth Wetton, 1949年6月12日 - )は、イギリス出身のミュージシャン歌手ベーシスト)。プログレッシブ・ロックの世界のみならず、様々なジャンルにて活躍してきた。

モーガル・スラッシュファミリーキング・クリムゾンロキシー・ミュージックユーライア・ヒープブライアン・フェリー・バンドU.K.ウィッシュボーン・アッシュエイジアウェットン・マンザネラなどの幅広いジャンルのバンドに在籍し、強烈に歪んだ存在感の強いベースとイギリス的な憂いあふれるダンディな歌声、甘いマスクと男くさい渋さを併せ持つルックスで全盛期はカリスマ的な人気を築いた。実はマルチプレイヤーでもあり、ギターやキーボードだけでなくフィドルまで演奏したことがある。特にプログレッシブ・ロックでの活躍は有名であり、とりわけキング・クリムゾンとU.K.における活躍が有名である。キング・クリムゾン時代は『太陽と戦慄』(1973年)や『レッド』(1974年)などの作品を残した。また、ユーライア・ヒープに在籍したときも、『幻想への回帰 (原題 : RETURN TO FANTASY)』、『ハイ・アンド・マイティ (原題 : HIGH AND MIGHTY)』の2枚のスタジオアルバムにおいて、ベースだけでなくボーカルも担当し、才能を遺憾なく発揮した。

1980年代前半、プログレッシブ・ロック界の著名なプレイヤーで結成されたスーパーグループ、エイジアでは全キャリア中最も成功を収める。デビュー・アルバム『詠時感〜時へのロマン』(1982年)は全米1位を記録した。エイジアでは一時解雇されるが復帰。1991年に脱退するまでは中心人物として活動した。脱退後は主にソロ・アーティストとして活動する一方、プログレッシブ・ロック系のアーティストのトリビュートアルバムに参加したり、スティーヴ・ハケットを中心とした大物ぞろいのバンドでツアーをしたりした(この縁でイアン・マクドナルドともツアーをした)。

2006年に再結成されたエイジア(結成当初のオリジナルメンバーで構成)に参加。精力的にツアーを行っていたが、2007年夏に行われた定期検診で心臓の冠動脈に異常が見つかり、同年8月10日にバイパス手術を受けた。回復は順調で、2008年からツアーは再開された。また、オリジナルメンバーでのアルバム制作(PHOENIX)も実施され、2008年4月発売。エイジアでの作曲面のパートナーであるジェフ・ダウンズとはICONというユニットを別に組んでいる。2011年にはU.K.を再結成してライヴ活動をしている。

U.K.、エイジアなどでの来日公演時には、ボーカル担当としてMCをする機会も多く、英語での挨拶、演奏曲やメンバー紹介もすることも多い。U.K.のライヴ・アルバムに収録されている「君たち最高だよ!」の日本語が本人も気に入っているので、その後、日本で彼が公演する時には必ず「君たち最高だよ!」と言うことにしている。また日本のバンドとも関わりがあり、VOW WOWやRXといったバンドともセッション経験がある。

ソロ・ディスコグラフィ[編集]

アルバム

  • Caught in the Crossfire, 1980, E'G/Polydor Records
  • King's Road, 1972-1980, 1987, E'G/Virgin Records
  • One World (with Phil Manzanera), 1987, Geffen Records
  • Battle Lines, 1994, Eclipse Records
  • Chasing the Dragon (Live), 1995, Eclipse Records
  • Akustika (Live), 1996, Blueprint Records
  • Arkangel, 1997, Eagle Records
  • Chasing the Deer (film soundtrack), 1998, Blueprint Records
  • Hazy Money Live in New York, 1998, Blueprint Records
  • Live in Tokyo, 1998, Blueprint Records
  • Monkey Business (with Richard Palmer-James), 1998, Blueprint Records
  • Sub Rosa Live in Japan, 1998, Blueprint Records
  • Nomansland Live in Poland, 1999, Giant Electric Pea Records
  • Welcome to Heaven, 2000, Avalon Records
  • Sinister, 2001, Giant Electric Pea Records
  • Live in Argentina, 2002, Blueprint Records
  • Live in Stockholm 1998, 2003, Blueprint Records
  • Rock of Faith, 2003, Giant Electric Pea Records
  • Live in Osaka, 2003, Blueprint Records
  • From the Underworld, 2003, Classic Rock Legends
  • One Way or Another (with Ken Hensley), 2003, Classic Rock Legends
  • Amata, 2004, Metal Mind Records
  • Icon (with Geoff Downes), 2005, Frontiers Records/UMe Digital (US)
  • Acoustic TV Broadcast (with Geoff Downes), 2006, Frontiers Records
  • Icon II: Rubicon (with Geoff Downes), 2006, Frontiers Records (US)

EPs

  • Heat of the Moment '05 (with Geoff Downes), 2005, Frontiers Records

関連項目[編集]

外部リンク[編集]