エピタフ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エピタフ
キング・クリムゾン楽曲
リリース 1969年10月12日
録音 1969
ジャンル プログレッシヴ・ロック
時間 8分47秒
レーベル アトランティック・レコード
作曲者 ロバート・フリップ
イアン・マクドナルド
グレッグ・レイク
マイケル・ジャイルズ
プロデュース キング・クリムゾン
収録曲
  1. "21世紀の精神異常者"
  2. "風に語りて"
  3. "エピタフ"
  4. "ムーンチャイルド"
  5. "クリムゾン・キングの宮殿"

エピタフ(Epitaph)はキング・クリムゾンの楽曲である。シングルカットされた訳ではないが、歌詞の幻想的な世界観、美しいメロディやメンバーの高い演奏力がファンに非常に人気の高い楽曲。

キング・クリムゾンの代表的デビュー・アルバム「クリムゾン・キングの宮殿」に収録され、ヴォーカル、メロトロン、ドラムスを多用し、浮遊感のあるサウンドにし、21世紀のスキッツォイド・マンを引き立てた楽曲。イアン・マクドナルドのメロディメイカー振りが遺憾無く発揮され、マクドナルドの才能をフリップも認めている。

エピタフ」を和訳すると、墓碑銘や碑文となる。

パンクレ-ベル「エピタフ・レコード」はこの曲から名付けられた。

エマーソン・レイク・アンド・パーマーは、この曲を「タルカス」の「戦場」ライブヴァージョンに組み込んだ。

日本の歌手にもこの曲のファンが多く、ザ・ピーナッツフォーリーブス西城秀樹らがカバーしている。

パーソナル[編集]