イアン・ウォーレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イアン・ウォーレス
基本情報
出生名 Ian Russell Wallace
出生 1946年9月29日
出身地 イングランドの旗 イングランド グレーター・マンチェスターベリー
死没 2007年2月22日(満60歳没)
ジャンル ロックプログレッシブ・ロックジャズブルースロック
職業 ドラマーボーカリスト
担当楽器 ドラムスパーカッションボーカル
活動期間 1968年 - 2007年
共同作業者 キング・クリムゾン
アレクシス・コーナー
他多数

{{{Influences}}}

イアン・ウォーレスIan Wallace, 1946年9月29日 - 2007年2月22日)は、イギリス出身のミュージシャンキング・クリムゾンの3代目ドラマーとして知られる。

経歴[編集]

少年期から70年まで[編集]

グレーター・マンチェスターベリーの出身。そのプロキャリアの出発は、1964年、地元の若者達のバンド「ウォーリアーズ」へ加入したところまで遡る。このバンドには、後にイエスを結成するジョン・アンダーソンも、兄とともに在籍していた。ドラマーとしての腕を買われバンドに誘われたウォーレスだったが、当初その母が反対していた為、ウォーリアーズの面々が実家に説得に行ったという[1]。イギリスで一枚シングルを出した後、バンドはドイツに拠点を移し、ライブ活動を行ったが、1968年に解散。解散後のウォーレスは、ビッグサウンドというバンドを経てのちセッション・ミュージシャンとなり、リトル・リチャードサンディー・ショウ他多くのアーティストのツアーのバックでドラマーを務める。60年代末、ボンゾ・ドッグ・バンド解散直前のツアーに参加したことを契機に、メンバーのヴィヴィアン・スタンシャルの企画シングルにキース・ムーンらと参加。その縁から、元ボンゾ・ドッグ・バンドのニール・イネスのバンド・「ワールド」に、パーマネントなメンバーとして迎え入れられた。

キング・クリムゾン時代[編集]

1970年プログレッシヴ・ロック・バンドのキング・クリムゾンがゴードン・ハスケルの脱退に伴ってボーカリストのオーディションを行っていると聞きつけると、これに応募。ボーカリストとしては不合格となるが、ドラマーとしての技量をロバート・フリップに見込まれ、3代目のドラマーとしてクリムゾンに加入することになった(当時キース・エマーソン邸宅に、先代ドラマーのアンディ・マカロックと共に居候していた関係から、オーディションに参加した)。

かくして、フリップ、ウォーレス、ボズ・バレルメル・コリンズピート・シンフィールドというラインアップによって、クリムゾンの4thアルバム『アイランズ』が録音され、1971年12月に発表された。ヴァラエティーに富んだこのアルバムの各曲において、ウォーレスは柔軟なスティックさばきを見せ、また「レイディーズ・オヴ・ザ・ロード」ではコーラスにも参加している。これに続いて英、独、米三ヶ国を回るツアーが開始され、このうち米国でのステージの模様が、ライヴ・アルバム『アースバウンド』に収録されている。

脱退の背景[編集]

しかし、神秘主義や霊的な世界観にインスピレーションを求め続けるフリップに対し、他の3人のミュージシャン(ウォーレス、バレル、コリンズ)は米国でソウルブルースの影響をより強く受け、音楽の方向性を巡って溝を深めていく。そもそもフリップは、同ツアーのリハーサル時点から他の3人との意見の相違から一旦解散を宣言していたが、契約を盾に取った所属事務所に押し切られる形で、4月までのツアー日程を承諾した経緯があった。3人はツアーの最中もフリップとの関係修復とバンド存続を希望したが受理されず、同時期にツアーを行っていたブリティッシュ・ブルース・ロックの巨頭・アレクシス・コーナーに接近していった。ウォーレスは各地でコーナーのステージに臨時参加を続け、フリップを悩ませたという。1972年、遂にクリムゾンは空中分解し、3人は揃ってコーナーと合流した上で「スネイプ」を結成。翌年には1stアルバム『アクシデンタリー・ボーン・イン・ニュー・オーリンズ』を発表した。

ボブ・ディランらとの活動[編集]

ウォーレスはスネイプで二枚のアルバムを残した後、アルヴィン・リーのカンパニーに参加するも、1975年に脱退。その後はセッションドラマーとしての性格を再び強め、同年にはピーター・フランプトンのバックに参加。1978年にはボブ・ディランのバンドに招かれ、日本ツアーにも同行した。その演奏は1979年発表のライヴアルバム『武道館』の中で聴くことができる。ディラン作品としては同年のスタジオアルバム『ストリート・リーガル』にも参加し、その重厚なドラム・スタイルでバンドサウンドを特徴付けたが、バンドのベーシスト・ロブ・ストーナーのように、これを「まるで警官のようなビート」と評し、好まなかった者もいた(ストーナーは1976年発表のライヴアルバム『激しい雨』で音作りの中核を担った人物で、ラフで疾走感のあるサウンドを志向していた)。

その後も、ライ・クーダードン・ヘンリージョー・ウォルシュボニー・レイットキース・エマーソンロイ・オービソントラヴェリング・ウィルベリーズジャクソン・ブラウンエリック・クラプトンクロスビー・スティルス&ナッシュブライアン・イーノティム・バックリーリンジー・バッキンガムスティーヴィー・ニックスウォーレン・ジヴォンスティーヴ・マリオットアル・クーパープロコル・ハルム1993年のツアーに参加)、などといった多彩なミュージシャンとのセッション活動を行い、多くのレコーディングに参加している。

短期間ではあったが、ロサンゼルスで元イエスのピーター・バンクスや元バッジャーのジャッキー・ロマックスらとともに、「ザ・ティーバッグス」を結成して活動したこともあった。

晩年[編集]

2003年、再び元キング・クリムゾンのドラマーであるマイケル・ジャイルズの後を受ける形で、「21stセンチュリー・スキッツォイド・バンド」に加入。また生涯唯一のソロアルバム『ハピネス・ウィズ・ミニマル・サイド・エフェクツ』を発表した。2005年には「クリムゾン・ジャズ・トリオ」を結成し、『キング・クリムゾン・ソング・ブック vol.1』(2005年)、『同 vol.2』(2009年)を、それぞれリリースしている。

こうして新たな活動が軌道に乗り始めた矢先の2006年8月、ウォーレスは食道癌の診断を受け、闘病生活に入る。同じ病気に苦しむ人々を励ます意味もあり、闘病の様子をブログに綴るなどして過ごしていた。手術も成功が伝えられたが、明くる2007年2月容態が悪化、妻に看取られつつ死去した。60歳歿。

死後は未亡人によってガン研究の基金が設立されている。

脚注[編集]

  1. ^ シド・スミス著書に掲載のインタビューより。

参考文献[編集]