エヴァリー・ブラザース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィル(左)とドン(右)

エヴァリー・ブラザース(エバリー・ブラザース)(The Everly Brothers) は、1950年代後半から1960年代前半に活躍した、ドン・エヴァリーフィル・エヴァリーの兄弟によるカントリーユニット。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第90位[1]。偉大な100人のシンガーの中では、唯一、兄弟でランクインしている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第33位にランクインしている。

概要[編集]

カントリーの伝統である「クロース・ハーモニー」というスタイルでメロディーを奏で、「Bye Bye Love」「Wake Up Little Susie」「All I Have To Do Is Dream」「Bird Dog」「Devoted To You」「Problems」「Take A Message To Mary」「Cathy's Clown」などヒットを飛ばした。

1960年代中旬以降ヒット曲には恵まれなかったが、その美しいハーモニーはビートルズをはじめビーチボーイズサイモン&ガーファンクルに多大な影響を与えた。1986年第一回ロックの殿堂の最初の10アーティストに選ばれた。

メンバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: The Everly Brothers”. 2013年5月26日閲覧。