アメリカン・アイドル (シーズン6)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカン・アイドル (シーズン6)の優勝者ジョーダン・スパークス

2007年アメリカン・アイドル(シーズン6)は1月16日から5月23日までアメリカ・FOXで放送された。日本でも4週遅れで放送された。司会は前回に引き続きライアン・シークレスト、審査員はポーラ・アブドゥルサイモン・コーウェルランディ・ジャクソンが担当。日本版の応援サポーターにはAKB48が勤めた。

オーディション[編集]

オーディションは全米7ヶ所で次の日程で行われた。

今回の参加資格は2006年8月6日現在、16歳から28歳で、史上最多の70万人以上が参加した。そのため、1週目(1月16日・17日)は午後8時から2時間ずつ計4時間にわたって放送されることが決まった。

歌唱力によってポーラ、サイモン、ランディのうち2名から"Yes"の返事をもらうとハリウッド行きとなる。

セミファイナル[編集]

ハリウッドでの2次予選は3ラウンド制で行われ、次の24名がセミファイナルに進出した。

女子 男子
アレーナ・アレクサンダー ルディ・カルディナス
アントネラ・バーバ ジャレッド・コッター
メリンダ・ドゥーリトル サンダンス・ヘッド
ステファニー・エドワーズ ポール・キム
ジーナ・グロックセン ブレイク・ルイス
レスリー・ハント サンジャヤ・マラカー
ラキーシャ・ジョーンズ ニコラス・ペドロ
エイミー・クレブス クリス・リチャードソン
ヘイリー・スカルナト ブランドン・ロジャース
サブリナ・スローン クリス・スライ
ジョーダン・スパークス フィル・ステイシー
ニコール・トランクイロ A・J・タバルド

ファイナル[編集]

ファイナルは3月13日から12週にわたり、毎週1人ずつ脱落し、5月22日と23日にコダック・シアターでのシーズン・フィナーレで、ジョーダン・スパークスが優勝した。また、4月24・25日の2日間はチャリティーとしてめぐれない子供たちのためを目的としてスペシャルショーIdol Gives Backとしてウォルト・ディズニー・コンサートホールから生中継され、アース・ウィンド・アンド・ファイアーキャリー・アンダーウッドセリーヌ・ディオンジャック・ブラックケリー・クラークソンアニー・レノックスジョシュ・グローバンら多くのアーティストがチャリティーに賛同した。

各週の課題[編集]

セミファイナルとファイナルの結果[編集]

表示例
女子 男子 トップ12 トップ24
ステージ: セミファイナル ファイナル
週: 2/22 3/1 3/8 3/14 3/21 3/28 4/4 4/11 4/18 4/25 5/2 5/9 5/16 5/23
順位 参加者 結果
1 ジョーダン・スパークス 優勝
2 ブレイク・ルイス 準優勝
3 メリンダ・ドゥーリトル 脱落
4 ラキーシャ・ジョーンズ 脱落
5-6 クリス・リチャードソン 脱落
フィル・ステイシー 脱落
7 サンジャヤ・マラカー 脱落
8 ヘイリー・スカルナト 脱落
9 ジーナ・グロックセン 脱落
10 クリス・スライ 脱落
11 ステファニー・エドワーズ 脱落
12 ブランドン・ロジャース 脱落
13-16 サンダンス・ヘッド 脱落
サブリナ・スローン 脱落
アントネラ・バーバ 脱落
ジャレッド・コッター 脱落
17-20 レスリー・ハント 脱落
A・J・タバルド 脱落
アレーナ・アレクサンダー 脱落
ニコラス・ペドロ 脱落
21-24 ルディ・カルディナス 脱落
ニコール・トランクイロ 脱落
エイミー・クレブス 脱落
ポール・キム 脱落


外部リンク[編集]