マイケル・シェンカー・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・シェンカー・グループ
Michael Schenker Group
中央がマイケル。後方の人物はヴォーカルのゲイリー・バーデン
中央がマイケル。後方の人物はヴォーカルのゲイリー・バーデン
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ
ジャンル HR/HM
活動期間 1981年~現在
共同作業者 UFO
スコーピオンズ
メンバー
マイケル・シェンカー
旧メンバー
ゲイリー・バーデン
ドン・エイリー
サイモン・フィリップス
グラハム・ボネット
コージー・パウエル
ロビン・マッコーリー
シェーン・ガラース
バリー・スパークス
他多数

マイケル・シェンカー・グループMichael Schenker GroupM.S.G.)は、ロックバンドである。ドイツ(旧 西ドイツ)出身のギタリスト、マイケル・シェンカー(元UFO・元スコーピオンズ)が率いる。

略歴[編集]

1970年代末から今日に至るまで断続的に活動を続けるが、幾多のメンバー・チェンジを繰り返し現在に至る。1987年からしばらくはロビン・マッコーリーをボーカリストに有し、マッコーリー・シェンカー・グループ (MSG)名義での活動も行った。

Michael Schenkerのドイツ語読みはミヒャエル・シェンカーだが、Michael Schenker Groupはドイツ語でも英語的にマイケル・シェンカー・グループと読まれる。ドイツにおいて、本人は、「マイケル・シェンカー・グループのミヒャエル・シェンカー」(Michael Schenker von Michael Schenker Group)を自称している。

特徴[編集]

キャッチーなメロディと、マイケル・シェンカーのテクニカルで華麗なギタープレイがセールス・ポイント。それまでのハード・ロックの流れを上手く受け継ぎ、分かりやすい曲調とシンプルなビート、そして時に織り込まれるメロウなメロディを特徴とした。

時期的にNWOBHMのブームにも乗り、グラハム・ボネットコージー・パウエル在籍時が人気の絶頂であったが、アメリカ市場では大きな成功には至らなかった。

現在も日本では根強い人気があり、ライブツアーは活況を呈している。また2008年には、往時のメンバーを集めて録音された新譜『In The Midst Of Beauty』が発表された。

アルバム[編集]

  • 1980年「神(帰ってきたフライング・アロウ)」THE MICHAEL SCHENKER GROUP
  • 1981年「神話」M.S.G.
  • 1982年「飛翔伝説〜M.S.G.武道館ライヴ」ONE NIGHT AT BUDOKAN
  • 1982年「黙示録」ASSAULT ATTACK
  • 1983年「限りなき戦い」BUILT TO DESTROY
  • 1984年「ロック・ウィル・ネヴァー・ダイ」ROCK WILL NEVER DIE
  • 1987年「パーフェクト・タイミング」PERFECT TIMING(McCAURY SCHENKER GROUP名義)
  • 1989年「セイヴ・ユアセルフ」SAVE YOURSELF(McCAURY SCHENKER GROUP名義)
  • 1992年「マイケル・シェンカー・グループ」M.S.G.(McCAURY SCHENKER GROUP名義)
  • 1991年「アコースティックM.S.G.!」NIGHTMARE - THE ACOUSTIC M.S.G.(McCAURY SCHENKER GROUP名義)
  • 1993年「神々の饗宴〜M.S.G.ライヴ!!〜」"UNPLUGGED" LIVE
  • 1996年「リトゥン・イン・ザ・サンド」WRITTEN IN THE SAND
  • 1997年「ストーリー・ライブ」THE MICHAEL SCHENKER STORY LIVE
  • 1999年「ジ・アンフォーギヴン」THE UNFORGIVEN
  • 2000年「ライヴ〜ジ・アンフォーギヴン・ワールド・ツアー」LIVE - THE UNFORGIVEN WORLD TOUR
  • 2001年「ビー・アウェア・オブ・スコーピオンズ」BE AWARE OF SCORPIONS
  • 2003年「アラクノフォビアク」ARACHNOPHOBIAC
  • 2005年「ヘヴィー・ヒッターズ」HEAVY HITTERS
  • 2006年「テイルズ・オヴ・ロックンロール〜25thアニヴァーサリー・アルバム」TALES OF ROCK'N'ROLL - TWENTY-FIVE YEARS CELEBRATION
  • 2008年「イン・ザ・ミッドスト・オブ・ビューティー」IN THE MIDST OF BEAUTY

関連項目[編集]