鬱 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピンク・フロイドスタジオ・アルバム
リリース 1987年9月8日
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 51分19秒
レーベル イギリスの旗EMI
アメリカ合衆国の旗コロムビア
プロデュース デヴィッド・ギルモア & ボブ・エズリン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ゴールド等認定
  • 400万枚(米国・RIAA
ピンク・フロイド 年表
ファイナル・カット
1983年

1987年
光〜PERFECT LIVE!
1988年
テンプレートを表示

』(うつ)(A Momentary Lapse of Reason) は、1987年に発表されたピンク・フロイドアルバムロジャー・ウォーターズ脱退とバンド再始動をめぐる裁判を経て発売された。新生フロイドの第一弾アルバムとして、大きな注目を集めた作品である。邦題表記は2009年スペシャルプライス盤から『モメンタリー・ラプス・オブ・リーズン』に変更された。原題の意味は「一時的な理性喪失」。

活動再開までの道[編集]

前作『ファイナル・カット』発表後の1985年、ウォーターズが正式にピンク・フロイドを脱退。デヴィッド・ギルモアニック・メイスンはバンドの存続を表明。新作のレコーディングに入ることを発表した。

しかし、自分自身こそがピンク・フロイドであると考えていたウォーターズはそのことを認めず、「ピンク・フロイド」という名称を使用しないよう訴え、裁判を起こした。結局は、フロイド側がウォーターズ側に対して使用料を支払うこと、『ザ・ウォール』の権利をウォーターズ側が独占的に保有することなどを条件として和解し、ギルモア主導の形でピンク・フロイドが始動することになった。

アルバム概要[編集]

ピンク・フロイド名義ではあるが、多くのサポート・ミュージシャンが参加して制作された。主な顔ぶれは、トニー・レヴィンベース)、カーマイン・アピス(ドラム)、ジム・ケルトナー(ドラム)などである。それまでの大作主義やコンセプト思考は捨て、いずれもコンパクトな楽曲が並んでいる。音楽的には1970年代のようなプログレッシブ・ロックへのアプローチを主体とするが、同時代的なサウンドとの折衷もみられる。また、プロデューサーとして名を連ねているボブ・エズリンと『ザ・ウォール』(1979年)以来のタッグを組んでおり、新生フロイドのサウンド・メイキングに貢献している。

作詞を担当していたウォーターズがいなくなり、バンドのリーダーとなったギルモアが詞も書くことになったが、それまで詞をあまり書いてこなかったので大いに苦労したという。作詞に関してはロジャーに似たシニカルで批判的な詩作を行うアンソニー・ムーア(元スラップ・ハッピー)の協力を仰ぐことで解決した。

この時点ではデヴィッド・ギルモアとニック・メイスンの2人がバンドの正式なメンバーだった。リチャード・ライトはサポート・ミュージシャン名義でツアーに参加している。当時は否定したものの、後にギルモアは当時メイスンとライトはレコーディングではほとんど演奏しておらず、自分と参加したミュージシャンの演奏によるものだと認めている。

アルバム・ジャケット[編集]

このアルバムからストーム・ソーガソンヒプノシス)がピンク・フロイドのジャケット・デザインに復帰。ジャケットの「ベッドの川」は、CGではなく実際に700以上のベッドをイギリスのデボン州ソーントン・サンドの海岸に並べたものである。

ソーガソンによると、ようやく大量のベッドを並び終えたと思ったら雨が降り出し、慌ててベッドを回収して、もう一度並べ直すはめになったという。このときのことを振り返り「悪夢だったよ」と話している。

評価[編集]

ギルモア主導のフロイドに対して、ロジャー・ウォーターズはこのアルバムを「非常に精巧に作られたピンク・フロイド贋作」と切り捨てた。ローリング・ストーン誌など、否定的に捉えるメディアも多かった。

しかし、アルバムは全英・全米3位という大ヒットを記録した。アルバム発表後のワールド・ツアーも成功を収め(後にライブ盤とビデオも発売)、好評だったことから追加公演が決定し、1989年までロング・ツアーを行った。また、1988年には3度目の来日公演を果たしている。現在のところ、ピンク・フロイドとしては最後の日本公演となっている。

収録曲[編集]

  1. 生命の動向  Signs Of Life
  2. 幻の翼  Learning To Fly
  3. 戦争の犬たち  The Dogs Of War
  4. 理性喪失  One Slip
  5. 現実との差異  On The Turning Away
  6. 空虚なスクリーン/輪転  Yet Another Movie/Round And Around
  7. ニュー・マシーン PART 1  A New Machine (Part 1)
  8. 末梢神経の凍結  Terminal Frost
  9. ニュー・マシーン PART 2  A New Machine (Part 2)
  10. 時のない世界  Sorrow