そして3人が残った

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
そして3人が残った
ジェネシススタジオ・アルバム
リリース 1978年4月
録音 オランダ 北ブラバント州ヒルファーレンベーク リライト・スタジオ
ジャンル プログレッシブ・ロックソフトロック
時間 53分37秒
レーベル カリスマ・レコード
プロデュース デヴィッド・ヘンチェル、ジェネシス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(ドイツ[1]
  • 3位(イギリス[2]
  • 7位(ノルウェー[3]
  • 8位(オランダ[4]
  • 10位(ニュージーランド[5]
  • 14位(アメリカ[6]
  • 17位(オーストリア[7]
  • 22位(スウェーデン[8]
  • 75位(日本[9]
ジェネシス 年表
眩惑のスーパー・ライヴ
(1977年)
そして3人が残った
(1978年)
デューク
(1980年)
テンプレートを表示

そして3人が残った』(原題:...And Then There Were Three...)は、イギリスプログレッシブ・ロックバンドジェネシス1978年に発表した9作目のスタジオ・アルバム。タイトル通り、ジェネシスは本作より3人編成となった。

背景[編集]

スティーヴ・ハケット脱退後、バンドは新しい正式メンバーを加えずベーシストのマイク・ラザフォードがギターも兼任することになった。ライヴにおいては、当初はラザフォードがギターを弾きアルフォンソ・ジョンソンをサポート・ベーシストに迎える案もあったが[10]、最終的にはダリル・ステューマー英語版がサポート・メンバーとして参加し、曲によってギターとベースをラザフォードと交代で演奏した。

ジャケット・デザインは、『眩惑のブロードウェイ』(1974年)以降のスタジオ・アルバムに携わってきたヒプノシスが引き続き担当した。ヒプノシスのメンバーであったストーム・ソーガソンのインタビューによれば、たいまつ、自動車、タバコの光の跡によるストーリーを表現しようとした内容だが、ソーガソン自身は失敗作と語っている[11]

反響[編集]

全英アルバムチャートでは32週にわたってチャート・インし、最高3位に達した[2]。本作からの第1弾シングル「フォロー・ユー・フォロー・ミー」はジェネシスのシングルとしては初めて全英シングルチャートでトップ10入りを果たし、最高7位に達した[12]。続いてシングル・カットされた「メニー・トゥー・メニー」は全英43位に達した[12]

アメリカのBillboard 200では14位に達して初のトップ20入りを果たし、「フォロー・ユー・フォロー・ミー」はBillboard Hot 100で23位に達して、初の全米トップ40シングルとなった[6]

収録曲[編集]

  1. ダウン・アンド・アウト - Down and Out (Phil Collins, Mike Rutherford, Tony Banks) - 5:27
  2. アンダートウ - Undertow (T. Banks) - 4:47
  3. バラッド・オブ・ビッグ - Ballad of Big (P. Collins, M. Rutherford, T. Banks) - 4:50
  4. スノーバウンド - Snowbound (M. Rutherford) - 4:31
  5. バーニング・ロープ - Burning Rope (T. Banks) - 7:10
  6. ディープ・イン・ザ・マザーロード - Deep in the Motherlode (M. Rutherford) - 5:15
  7. メニー・トゥー・メニー - Many Too Many (T. Banks) - 3:31
  8. シーンズ・フロム・ア・ナイツ・ドリーム - Scenes from a Night's Dream (P. Collins, T. Banks) - 3:29
  9. セイ・イッツ・オールライト・ジョー - Say It's Alright Joe (M. Rutherford) - 4:21
  10. ザ・レディ・ライズ - The Lady Lies (T. Banks) - 6:08
  11. フォロー・ユー・フォロー・ミー - Follow You Follow Me (P. Collins, M. Rutherford, T. Banks) - 4:03

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ charts.de - 2014年6月25日閲覧
  2. ^ a b GENESIS | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
  3. ^ norwegiancharts.com - Genesis - …And Then There Were Three…
  4. ^ dutchcharts.nl - Genesis - …And Then There Were Three…
  5. ^ charts.org.nz - Genesis - …And Then There Were Three…
  6. ^ a b Genesis - Awards : AllMusic
  7. ^ Genesis - …And Then There Were Three… - austriancharts.at
  8. ^ swedishcharts.com - Genesis - …And Then There Were Three…
  9. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.160
  10. ^ 日本盤紙ジャケットSACD(TOGP-15013)ライナーノーツ(片山伸)
  11. ^ Interview with Storm Thorgerson - Seconds #46 (1998) | StevenCerio.com - 2013年7月1日閲覧
  12. ^ a b GENESIS | Artist | Official Charts