ストーム・ソーガソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストーム・ソーガソン
Storm Thorgerson
生誕 1944年2月28日
イングランドの旗 イングランドミドルセックス州ポッターズバー
死没 2013年4月18日
職業 アートデザイナー、グラフィックデザイナー
テンプレートを表示

ストーム・ソーガソン(Storm Elvin Thorgerson, 1944年2月28日 - 2013年4月18日[1])は、イングランド出身のアートデザイナー、グラフィックデザイナー

略歴[編集]

1944年2月28日イングランドミドルセックス州ポッターズ・バー(現ハートフォードシャー州ハーツメア)生まれ。日本語ではストーム・トーガソンと表記されることもある。

ケンブリッジの小・中・高校に通う。レスター大学で哲学を学び、王立芸術大学では、 美術修士号を授与される。

1968年、アート集団「ヒプノシス」を結成し、その中心メンバーとして活動した。

ソーガソンは、ピンク・フロイドシド・バレットと高校の同級生で、互いにアート志向が強かった。ドラッグ・パーティーでともにトリップするなど、かなり前衛的な感覚の持ち主でもあった。また、同バンドのロジャー・ウォーターズとも友人で、一緒にラグビーをする仲だった。

そうした経緯もあり、ピンク・フロイドのアート・ワークを中心に、レッド・ツェッペリンジェネシスなどの新進気鋭のアーティストに作品を提供した。

1983年、「ヒプノシス」解散後は、フリーランスのアート・デザイナーとして活動する。90年代初頭には、アート集団「StormStudios」を発足させ、多くのアーティストのカヴァー・デザインを手掛けた。

2013年4月、患っていた癌が原因で、逝去。

ヒプノシスでの活動を通し、ロックアーティスト達のカヴァーデザインを手掛けることで、それまで宣伝の傾向が強かったアルバム・カヴァーを、芸術の域にまで高めた功績は大きい。

アルバム・カヴァー / アートワーク作品一覧[編集]

ピンク・フロイド

※以下ABC順

10cc
ジ・アンサー
アンスラックス
オーディオスレイヴ
ビッフィ・クライロ
キャサリン・ホイール
クランベリーズ
The Cult
Deepest Blue
ブルース・ディッキンソン
ディスコ・ビスケッツ
  • 『Planet Anthem』(2010)
ドリーム・シアター
イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズ
Ellis, Beggs, & Howard
  • 『Homelands』(1989)
Ethnix
  • 『Home Is Where The Head Is』(2002)
ヨーロッパ
デイヴ・ギルモア
goodbyemotel
  • 『If』(2014)
ハロウィン
マーズ・ヴォルタ
スティーヴ・ミラー・バンド
ミューズ
オフスプリング
アラン・パーソンズ
ペンデュラム
フィッシュ
The Pineapple Thief
The Plea
  • 『The Dreamers Stadium』(2012)
Powderfinger
Nico Constantine
  • 『Program The Dead』(2005)
レインボー
Rival Sons
シュポングル
Slow Earth
  • 『Latitude and 023』(2013)
スティクス
Thornley
サンダー
Umphrey's McGee
Villainy
Ween
ザ・ウォンバッツ
リック・ライト
Younger Brother
Yourcodenameis:milo

DVDカヴァーデザイン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ピンク・フロイド、アルバム・カヴァーを手がけた友人の死を追悼 BARKS 2013年4月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]