ホークウインド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホークウインドHawkwind)はイギリスサイケデリック・ロックバンド。時代によってグラム・ロック、ハード・ロック、スペース・ロック、プログレッシブ・ロックなど、音楽スタイルの変遷が見られたグループである。デイヴ・ブロック(ギター)を中心に結成され、1970年にデビュー。レミー・キルミスターが、モーターヘッド結成前に在籍していたバンドとしても有名。

略歴[編集]

イギリスのノッティング・ヒルで活動していたバンド、ホークウインド・ズーが前身。バンド名をホークウインドに短縮し、1969年に『ユナイテッド・アーティスツ』と契約して、1970年に『HAWKWIND』でデビュー。その後、ヌード・ダンサーのステイシアがライヴにおけるサポート・メンバーとして加わった。

1972年レミーベース)が加入、シングル「SILVER MACHINE」(シルバー・マシン)が全英3位のヒットとなった。シルバー・マシンは日本でも小ヒットした。『HALL OF THE MOUNTAIN GRILL』(1974年)からはサイモン・ハウスヴァイオリン)が加入。続く『WARRIOR ON THE EDGE OF TIME』(1975年)は、SF作家マイケル・ムアコックからの影響で、より壮大な世界観を築いた。同時期に、レミー作曲の「MOTORHEAD」(後にモーターヘッドのデビュー作でセルフカバーされる)がシングルのB面曲として発表された。しかし、その後レミーはバンドを解雇される。

バンドは『カリスマ』に移籍して活動を続けるが、1978年、一時的に活動休止。デイヴ・ブロックはホークローズ(Hawklords)名義で『25 YEARS ON』を発表。サイモン・ハウスはデヴィッド・ボウイのバック・バンドに加入した。1979年、デイヴ・ブロックを中心に活動再開。一方、ニック・ターナー(サックス)はバンドを離れ、1978年にソロ活動を開始。

1980年発表の『LEVITATION』には、ジンジャー・ベイカードラム、元クリーム)が参加した。ホーク・ウインドのファンの一部は英国で「クラスティー」と呼ばれ、アメリカのグレイトフル・デッドのファンと同様、ヒッピー的な価値観や生活様式で知られている。クラスティーの好みのバンドはホーク・ウインドのほかに、マジック・マッシュルーム・バンドやオズリック・テンタクルズ、ニュー・モデル・アーミーなどがいる。 2011年に初来日がアナウンスされたが、東日本大震災の影響によりキャンセルとなった。

その後も、メンバー・チェンジやレーベルの移籍を繰り返しながら、現在に至るまで活動を続けている。

ディスコグラフィー[編集]

  • Hawkwind(1970年)
  • In Search Of Space(1971年)
  • Doremi Fasol Latido(1972年)
  • Space Ritual(1973年)
  • Hall Of The Mountain Grill(1974年)
  • Warrior On The Edge Of Time(1975年)
  • Astounding Sounds, Amazing Music(1976年)
  • Quark, Strangeness And Charm(1977年)
  • 25 Years On(1978年) - Hawklords名義
  • P.X.R.5(1979年)
  • Live Seventy-Nine(1980年)
  • Levitation(1980年)
  • Sonic Attack(1981年)
  • Church Of Hawkwind(1982年)
  • Choose Your Masques(1982年)
  • Zones(1983年)
  • Stonehenge:This Is Hawkwind Do Not Panic(1984年)
  • The Chronicle Of The Black Sword(1985年)
  • Live Chronicles(1986年)
  • Out & Intake(1987年)
  • The Xenon Codex(1988年)
  • Space Bandits(1990年)
  • Palace Springs(1991年)
  • Electric Tepee(1992年)
  • It Is The Business Of The Future To Be Dangerous(1993年)
  • The Business Trip Live(1994年)
  • Alien 4(1995年)
  • Love In Space(1996年)
  • The 1999 Party:Live At The Chicago Auditorium March 1974(1997年)
  • Distant Horizons(1997年)
  • In Your Area(1999年)
  • Spacebrock(2000年)
  • Yule Ritual(2001年)
  • Live At Canterbury Fayre(2002年)
  • Take Me To Your Leader(2005年)
  • Take Me To Your Future(2006年)

関連項目[編集]