アル・ディ・メオラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アル・ディ・メオラ
アル・ディ・メオラ(2006年)}
アル・ディ・メオラ(2006年)
基本情報
出生 1954年7月22日(60歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州 ジャージーシティ
ジャンル ジャズ・フュージョン
ラテン・ジャズ
コンテンポラリー・ジャズ
職業 ギタリスト
作曲家
バンドリーダー
担当楽器 ギター
活動期間 1974年 - 現在
レーベル CBS
テラーク
共同作業者 リターン・トゥ・フォーエヴァー
公式サイト http://www.aldimeola.com/

{{{Influences}}}アル・ディ・メオラ(Al Di Meola、1954年7月22日-)はアメリカジャズフュージョンギタリストである。

バイオグラフィ[編集]

ニュージャージー州ジャージーシティ生まれ。ベンチャーズビートルズに刺激を受け、ギターを始める。1971年マサチューセッツ州ボストンにあるバークリー音楽大学に入学。1974年チック・コリア率いる「リターン・トゥ・フォーエヴァー」(RETURN TO FOREVER)に参加し、1976年の解散まで在籍。ギタープレイヤーマガジン誌の読者投票で四回も「最も優れたジャズギタリスト」に選ばれている。

彼は多作なソロの経歴に加えて、ベーシストであるスタンリー・クラーク、バイオリニストであるジャン=リュック・ポンティ、ギタリストであるジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシア等との豪華なコラボレーションをおこなってきた。

ディ・メオラは初期作品の頃から卓越した演奏技術、速弾き、複雑なギターソロ作曲により注目を集めていたが、その頃からすでに地中海文化やフラメンコなどにみられるアコースティックなジャンルを探求し始めていた。その好例がアルバムElegant Gypsy(1976年)に収録された"Mediterranean Sundance"と"Lady of Rome, Sister of Brazil"といった曲である。初期のアルバムは他のロックギタリストにもジャズギタリストにも同様に大きな影響を与えた。ディ・メオラはCasinoSplendido Hotel といったアルバムにおいてジャズフュージョンのジャンル内からラテン音楽の方向性を探究し続けた。アルバムCasinoの"Señor Mouse"と"Fantasia Suite for Two Guitars"や、ライブ・アルバムであるFriday Night in San Francisco のようなアコースティックナンバーにおいてはさらに繊細なタッチを披露した。

1983年のアルバムScenarioで、彼は(マイアミ・バイスのテーマ曲で知られる)ヤン・ハマーとのコラボレーションでジャズのエレクトリック的な可能性を模索し始めた。この模索の延長線上として、アコースティック的なアルバムであるCielo E Terraでさらに音楽的地平を拡げた。さらに彼はSoaring Through a Dream のようなアルバムでギターシンセサイザーを採用し始めた。また、1990年代よりワールドミュージックを焦点にしたワールド・シンフォニアをスタート。アコーディオン奏者にディノ・サルーシを迎え、オーケストラ・タンゴに近いアルバムを録音していた。2000年代以降、アコーディオン奏者はファウスト・ベカロッシに代わっている。

彼はバージニア州バーチメア音楽ホールといった小さなホールで演奏したりしてツアーを続けてきた。最近のコンサートは彼の新しいマテリアル(「歪んだアコースティック」音や初期のソロ作品の曲よりもずっと自由度の高い音が出せるギターシンセサイザー音のごった煮風の融合)のサンプルが含まれている。彼はしばしば自分の最も魅力的な作品の一つを力強く演奏してコンサートを締めくくる(例えばアルバムElegant Gypsyの"Race With Devil On Spanish Highway"という曲)。彼はこのようにして優れた演奏技術を披露するとともに自分でも知らず知らすのうちに考え付いた不思議でメロディアスな旋律を激しい曲の流れと融合しているのである。

プレイスタイル[編集]

ディ・メオラはエレキギターアコースティックギターの両方を駆使し、様々な演奏スタイルを探究し続けてきた。ミュート奏法(ブリッジミュート)によるスタッカートのきいた、メカニカルで緊張感に満ちた高速のフレージングはジョン・マクラフリンラリー・コリエルの影響を感じさせる。高速のパートでも彼はスウィープ奏法やエコノミーピッキングを使わず、ハンマリング・オンさえほとんど使わず、オルタネイト・ピッキングで弾きとおす傾向があり、これによってタイトなリズムと緊迫感が生まれる。いっぽう、エレキギターによる抒情的なソロのパートではロングトーンを多用し、トレモロ奏法サンタナ的なフィードバック奏法やロックギター的なチョーキングなどもしばしば用いる。メロディーにはマイナースケール、スパニッシュ・モードなどを多用したラテン風味のジャズフュージョン的なプレイが最も特徴的である。

ディスコグラフィー[編集]

ソロ作品[編集]

  1. Land of the Midnight Sun (1976年)
  2. Elegant Gypsy (1977年)
  3. Casino (1978年)
  4. Splendido Hotel (1980年)
  5. Electric Rendezvous (1982年)
  6. Tour De Force - Live (1982年)
  7. Scenario (1983年)
  8. Cielo e Terra (1985年)
  9. Soaring Through a Dream (1985年)
  10. Tirami Su (1987年)
  11. World Sinfonia (1990年)
  12. Kiss My Axe (1991年)
  13. Orange and Blue (1994年)
  14. World Sinfonia II - Heart of the Immigrants (1993年)
  15. Al Di Meola Plays Piazzolla (1996年)
  16. The Infinite Desire (1998年)
  17. Winter Nights (1999年)
  18. Flesh on Flesh (2002年)
  19. Al Di Meola Revisited (2003年)
  20. Al Di Meola and Andrea Parodi (2006年)
  21. Consequence of Chaos (2006年)
  22. Diabolic Inventions and Seduction for Solo Guitar (2006年)
  23. Live in London 1991: World Sinfonia (2007年)
  24. La Melodia Live in Milano: World Sinfonia (2008年)
  25. Live in Seattle & Elsewhere : World Sinfonia (2009年)
  26. Pursuit of Radical Rhapsody (2011年)

コラボレーション[編集]

  1. Friday Night in San Francisco (1981年、ジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシアと共作)
  2. Passion, Grace & Fire (1983年、ジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシアと共作)
  3. Rite of Strings (1996年、スタンリー・クラークジャン=リュック・ポンティ と共作)
  4. The Guitar Trio (1996年、ジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシアと共作)
  5. Cosmopolitan Life (2005年、レオニード・アグーチンと共作)
  6. Vocal Rendezvous (2006年、Al Di Meola & Friends)
  7. He & Carmen (2010年、with Ester Horgas)

外部リンク[編集]