スタンリー・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Stanley Clarke
Bassist Stanley Clarke & keyboardist George Duke 2006}
Bassist Stanley Clarke & keyboardist George Duke 2006
基本情報
出生名 Stanley Clarke
出生 1951年6月30日(63歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 フィラデルフィア
ジャンル ジャズ, ジャズ・フュージョン, ファンク, ロック (音楽)
職業 ミュージシャン, ソングライター, コンポーザー
担当楽器 ベース, ダブル・ベース
共同作業者 リターン・トゥ・フォーエヴァー, チック・コリア, ジェフ・ベック, クラーク・デューク・プロジェクト, S.M.V.
著名使用楽器
アレンビック社のベース

スタンリー・クラーク(Stanley Clarke、1951年6月30日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身ベーシスト作曲家音楽家である。

略歴[編集]

1972年に、チック・コリアらとリターン・トゥ・フォーエヴァーを結成、1970年代フュージョン・バンドの代表的存在の一つとして活躍。1972年にChildren of Foreverでアルバムデビュー。1974年にエピックよりセルフ・タイトル・アルバムをリリース。ドラムスにトニー・ウィリアムス、ギターにビル・コナーズ、そしてキーボードにヤン・ハマーという簡素ながら、強力なメンバーによって作成されている。また、スタンリーのひとつの特徴でもある、アレムビック社製のエレキベースを全面に用いだしたのもこの時期からである。1975年にはJourney to Love(邦題『慈愛への旅路』)をリリース。ギタリストのジェフ・ベックが"Hello Jeff""Journey to Love"に参加。また、後年コンビを組むこととなるキーボーディストのジョージ・デュークも参加している。

1979年に、一時的なバンドであるが、ニュー・バーバリアンズのメンバーとして在籍(ローリング・ストーンズキース・リチャーズロン・ウッドが中心となった)。

ジョージ・デュークとのユニット"Clarke/Duke Project"で、3枚のアルバム(1981、1983、1990)を発表している。

2006年に、ロサンゼルス公演のライブ・アルバムがリリースされている。

2007年にはヘッズ・アップに移り、The Toys of Menを発表、翌2008年にはマーカス・ミラーヴィクター・ウッテンと組み、3人のベーシストのユニット"S.M.V."による企画アルバム、「Thunder」を発表。

2009年には上原ひろみレニー・ホワイトと組んでスタンリー・クラーク・トリオとしてJazz in the Gardenを発表。2010年にはラスラン・シロタロナルド・ブルーナーJr、上原ひろみ(ゲスト)と組んでスタンリー・クラーク・バンドとして活動。

音楽性[編集]

  • ウッド・ベースを演奏する際には、手を激しくネックやボディに叩きつけてパーカッシブな音を出すのが大きな特徴といえる。また、を用いることもある。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • Children of Forever (1972, One Way/Polydor)
  • Stanley Clarke (1974, Nemperor/Epic)
  • Journey to Love (1975, Nemperor/Epic)
  • School Days (1976, Nemperor/Epic)
  • I Wanna Play for You (1977, Nemperor/Epic)
  • Modern Man (1978, Nemperor/Epic)
  • Fuse One (1980, IMS)
  • Rocks, Pebbles and Sand (1980, Epic)
  • The Clarke/Duke Project, Vol. 1(with George Duke) (1981, Epic)
  • Let Me Know You (1982, Columbia)
  • The Clarke/Duke Project, Vol. 2(with George Duke) (1983, Epic)
  • Time Exposure (1984, Epic)
  • Find Out! (1985, Epic)
  • Hideaway (1986, Epic)
  • Project (1988, CBS)
  • If This Bass Could Only Talk (1988, Portrait)
  • 3 (1989, Epic)
  • Passenger 57 (1992, Epic)
  • East River Drive (1993, Epic)
  • Live at the Greek (1993, Epic)
  • Live in Montreaux (1994, Jazz Door)
  • Rite of Strings (1995, Gai Saber)
  • At the Movies (1995, Epic Soundtrax)
  • The Bass-ic Collection (1997, Epic)
  • 1,2,To The Bass (2003, Epic)
  • The Toys of Men (2007, Heads Up)

リターン・トゥー・フォーエヴァー期[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]