スタンリー・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Stanley Clarke
Stanley Clarke and George Duke.jpg
Bassist Stanley Clarke & keyboardist George Duke 2006
基本情報
出生名 Stanley Clarke
出生 1951年6月30日(63歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 フィラデルフィア
ジャンル ジャズ, ジャズ・フュージョン, ファンク, ロック
職業 ミュージシャン, ソングライター, コンポーザー
担当楽器 ベース, ダブル・ベース
共同作業者 リターン・トゥ・フォーエヴァー, チック・コリア, ジェフ・ベック, クラーク・デューク・プロジェクト, S.M.V.
著名使用楽器
アレンビック社のベース

スタンリー・クラーク(Stanley Clarke、1951年6月30日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身ベーシスト作曲家音楽家である。

略歴[編集]

1972年に、チック・コリアらとリターン・トゥ・フォーエヴァーを結成、1970年代フュージョン・バンドの代表的存在の一つとして活躍。1972年にChildren of Foreverでアルバムデビュー。1973年よりアレンビック社製のエレクトリックベースをメインの楽器として使うようになる[1]。1974年にエピックよりセルフ・タイトル・アルバムをリリース。ドラムスにトニー・ウィリアムス、ギターにビル・コナーズ、そしてキーボードにヤン・ハマーという簡素ながら、強力なメンバーによって作成されている。1975年にはJourney to Love(旧邦題『慈愛への旅路』)をリリース。ギタリストのジェフ・ベックが"Hello Jeff""Journey to Love"に参加[2]。また、後年コンビを組むこととなるキーボーディストのジョージ・デュークも参加している[3]

1979年、ローリング・ストーンズキース・リチャーズロン・ウッドが結成したサイド・プロジェクト、ニュー・バーバリアンズのメンバーとなり、ローリング・ストーンズがトロントで行ったチャリティ・コンサートでオープニング・アクトを務めた後、ニュー・バーバリアンズとしてのアメリカ・ツアーも行った[4]

ジョージ・デュークとのユニット"Clarke/Duke Project"で、3枚のアルバム(1981、1983、1990)を発表している[3]

1994年よりアル・ディ・メオラジャン=リュック・ポンティと共に結成したアコースティック・トリオでライヴ活動を行い[5]、1995年にはこのトリオによるアルバムThe Rite of Stringsを発表した。

2006年に、ロサンゼルス公演のライブ・アルバムがリリースされている。

2007年にはヘッズ・アップに移り、The Toys of Menを発表、翌2008年にはマーカス・ミラーヴィクター・ウッテンと組み、3人のベーシストのユニット"S.M.V."による企画アルバム、「Thunder」を発表。

2009年には上原ひろみレニー・ホワイトと組んでスタンリー・クラーク・トリオとしてJazz in the Gardenを発表。2010年にはラスラン・シロタロナルド・ブルーナーJr、上原ひろみ(ゲスト)と組んでスタンリー・クラーク・バンドとして活動し、アルバムThe Stanley Clarke Bandをリリースして、同作は第53回グラミー賞で最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞を受賞した[6]

音楽性[編集]

  • ウッド・ベースを演奏する際には、手を激しくネックやボディに叩きつけてパーカッシブな音を出すのが大きな特徴といえる。また、を用いることもある。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • Children of Forever (1972, One Way/Polydor)
  • Stanley Clarke (1974, Nemperor/Epic)
  • Journey to Love (1975, Nemperor/Epic)
  • School Days (1976, Nemperor/Epic)
  • I Wanna Play for You (1977, Nemperor/Epic)
  • Modern Man (1978, Nemperor/Epic)
  • Fuse One (1980, IMS)
  • Rocks, Pebbles and Sand (1980, Epic)
  • Let Me Know You (1982, Columbia)
  • Time Exposure (1984, Epic)
  • Find Out! (1985, Epic)
  • Hideaway (1986, Epic)
  • Project (1988, CBS)
  • If This Bass Could Only Talk (1988, Portrait)
  • Passenger 57 (1992, Epic)
  • East River Drive (1993, Epic)
  • Live at the Greek (1994, Epic)
  • At the Movies (1995, Epic Soundtrax)
  • The Bass-ic Collection (1997, Epic)
  • 1,2,To The Bass (2003, Epic)
  • The Toys of Men (2007, Heads Up)
  • Jazz in the Garden (2009, Heads Up)
  • The Stanley Clarke Band (2010, Heads Up)
  • Up (2014, Mack Avenue)

コラボレーション・アルバム[編集]

リターン・トゥー・フォーエヴァー期[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bass Techniques - Play Like: Stanley Clarke”. guitar-bass.net. Guitar & Bass Magazine (2013年12月4日). 2015年4月15日閲覧。
  2. ^ Journey to Love - Stanley Clarke | AllMusic - Review by Daniel Gioffre
  3. ^ a b Kohlhaase, Bill (1990年7月17日). “2 Musicians With a Meeting of the Minds : Jazz: Stanley Clarke and George Duke share a symbiotic relationship that creates cohesive works and highlights distinctive styles. They'll play at the Coach House.”. Los Angeles Times. 2015年4月15日閲覧。
  4. ^ Giles, Jeff (2014年4月22日). “Keith Richards' and Ron Wood's OTHER band: The History of the New Barbarians”. Ultimate Classic Rock. Diffuser Network. 2015年4月15日閲覧。
  5. ^ Anick, Peter (2006年12月1日). “Re-Rite of Strings: Jean-Luc Ponty's Reunion with the Acoustic Violin”. Fiddler Magazine. 2015年5月5日閲覧。
  6. ^ Grammy awards 2011: list of winners”. The Guardian (2011年2月14日). 2015年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]