ピーター・クリストファーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・クリストファーソン
Peter Christopherson
2007年撮影
生誕 1955年2月27日
イングランドの旗 イングランドウェスト・ヨークシャー州リーズ
死没 2010年11月24日(満55歳没)
職業 ビデオ・ディレクター、グラフィック・デザイナーミュージシャン

ピーター・クリストファーソン(Peter Martin Christopherson、1955年2月27日 - 2010年11月24日)は、イングランドアーティスト。ビデオ・ディレクター、グラフィック・デザイナーであり、アート集団ヒプノシスの元メンバー。ミュージシャンでもあり、インダストリアル・ミュージックの先駆者で、スロッビング・グリッスルの元メンバー。

人物[編集]

イングランドリーズ生まれ。数学者のダーマン・クリストファーソン(Derman Christopherson)を父に持つ。愛称はスリージー(Sleazy)。ニューヨーク州立大学バッファロー校にて舞台デザイン、ビデオ制作について学んだ後、1974年にアート集団ヒプノシス(Hipgnosis)のデザイナーとなり、ピンク・フロイドピーター・ガブリエルのアルバム・ジャケット等を手掛ける。

パフォーミング・アート集団、クーム・トランスミッション(Coum Transmission)への参加をきっかけに1975年にインダストリアル・ミュージックのバンド、スロッビング・グリッスル(Throbbing Gristle)を結成する。

バンドでは主にテープ操作を担当した。1981年の解散後は同じくメンバーであったジェネシス・P・オリッジ(Genesis Breyer P-Orridge)と共にビデオ・プロダクションと音楽の融合をこころみ後のポスト・インダストリアル・ムーブメントに影響をあたえたサイキックTVを結成するがセカンド・アルバムの制作後に脱退する。また、ヒプノシス1983年に解散した。

サイキックTVのメンバーでもあったジョン・バランス(John Balance)のコイル(Coil)に参加しバランスの事故死による活動停止まで23年間にわたってマーク・アーモンド、ジム・サールウェル、ギャビン・フライデイ、カレント93、ナース・ウィズ・ウーンドとのコラボレーションやデレク・ジャーマンの映画のサウンドトラックをはじめ多くの作品とライブ・レコーディングを残した。

その後、タイに移住し、ザ・スレシュホールド・ハウスボーイズ・クワイア(The Threshold HouseBoy's Choir)名義で東南アジアの民族音楽的リズムや変調ソフトによるボーカルをとりいれたソロ活動を行っており、2007年4月に来日を果たした後、2008年3月にコイルの活動にも関わったイヴァン・パブロフ(COH)と共にソイソング(SoiSong)を結成する。

ビデオ・ディレクター、写真家としても知られ、ニューヨーク近代美術館にて永久展示されているコイルによるグロリア・ジョーンズが1964年に発表した曲のカヴァー「Tainted Love」をはじめ数々のCM、ミュージック・ビデオを手掛けていた。

2010年11月24日、タイ・バンコクの自宅で睡眠中に死亡した[1]。55歳没。

経歴[編集]

ディスコグラフィー[編集]

ソロ名義

Time Machines II(2014)

ザ・スレシュホールド・ハウスボーイズ・クワイア名義

Form Grows Rampant(2007)

脚註[編集]

  1. ^ Peter Christopherson found dead Music News 2010-11-25

外部リンク[編集]