マーク・アーモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・アーモンド
マーク・アーモンド、2007年
マーク・アーモンド、2007年
基本情報
出生名 ピーター・マーク・シンクレア・アーモンド
出生 1957年7月9日(56歳)
出身地 イギリスの旗 イギリスマージーサイドサウスポート
ジャンル シャンソン
テクノポップ
ロック
職業 シンガーソングライター
活動期間 1980年?
レーベル サム・ビザール・レコードSome Bizzare
ヴァージン
サイア・レコードSire
エコー・レーベルEcho
Blue Star
サンクチュアリ
ヴァーティゴ
共同作業者 ソフト・セル、マーク・アンド・ザ・マンバス
公式サイト 公式サイト[1]

マーク・アーモンド(Marc Almond、生名:Peter Mark Sinclair Almond, ピーター・マーク・シンクレア・アーモンド、1957年7月9日 - )は、イギリスのミュージシャン。音楽デュオソフト・セルヴォーカルとして有名となった。ゲイであることを公言している。

少年時代・青年時代[編集]

マーク・アーモンドは1957年7月9日に、イギリスリバプールブラックプールの間にある、ランカシャー海岸に面したサウスポートで、サンドラ・マリー・アーモンド(旧姓Dieson)とピーター・ジョン・シンクレア・アーモンドの子供として生まれた。14歳の時に遭遇した自動車事故のため、左耳の聴力をほぼ失う障害が残った。彼がグラマー・スクールの生徒だった頃から、父がアルコール中毒となり、マークは音楽に慰めを見いだすようになった。彼はスコット・ウォーカーマーク・ボランブライアン・イーノデヴィッド・ボウイのファンであった。

音楽の影響[編集]

少年時代のマークは彼の両親のレコードコレクション、特に母の「Let's Dance」(クリス・モンテス)、The Twist(チャビー・チェッカー)、そして父のコレクションである、デイブ・ブルベックとエルサ・キットのなどを聞いていた。

音楽キャリアと後半生[編集]

マーク・アーモンドは長く、変化に富んだほぼ30年もの音楽キャリアを持つ。この間、特にソフト・セルマーク・アンド・ザ・マンバス以後において、彼は非常に広範囲のアーティストとコラボレーションを行っている。列挙すると下記の通り:アンソニーアンド・ザ・ジョンソンジュールズ・ホランド, スージー・スーニック・ケイヴP.J.プロビーニコケリー・アリ(スニーカー・ピンプスのボーカル)、ニールX(アルバム ファンタジックスターと、オープン・オール・ナイトにて)、マリー・フランスアグネス・バーネルリディア・ランチジーン・ピットニー 、フィータス (aka J. G. Thirlwell), ジミー・ソマーヴィル(コミュナーズ、ブロンスキ・ビート), サイキックTV, コイル, サリー・ティムス(メコン), キング・ロックジョン・ケイル, デヴィッド・ヨハンソン(ニューヨークドールズ, ローゼンシュトルツ(独))

マークが著名となったのは1980初頭のソフト・セルの一員としてで、このデュオはドラマティックかつエロチック・スキャンダラスなエレクトロニック・ビートのスタンスでヒット曲を発表してきた。"汚れ無き愛(Tainted Love)"(全英1位) 、"ベッドの上が僕の国(Bed sitter)"(全英3位)、"トーチ"(全英2位)、"さよならと言って別れて(Say Hello Wave Goodbye)"(全英3位)、"ソール・インサイド"(全英16位)、"ホワット"(全英3位) そして、クラブヒットの"メモラビリア"である。 ソフト・セルは1984年、最後の4thアルバム"The Last Night in Sodom"のリリース後解散したが、2001年に再結成し、"Cruelty without Beauty"を2002年に発表している。これには、シングル"ザ・ナイト"(全英39位)が含まれる。

アーモンドのソロ活動での最大ヒットは、1989年、往年のスター歌手ジーン・ピットニーとの共演でのカバー曲"Something's Gotten Hold of My Heart"(全英1位)である。また、1991年にはデイヴィッド・マクウィリアムスの"The Days of Pearly Spence",が全英4位、1985年にはジミー・ソマーヴィルとブロンスキ・ビートと共にドナ・サマーの'I Feel Loveをカバーして全英3位のヒットを記録している。 彼のオリジナル・ソロ作品では、"Stories of Johnny(#23 in 1985), "Tears Run Rings" (#28 in 1988) そして、"Adored and Explored" (#25 in 1995)が上位のヒット作である。

アーモンドの作品は非常に広範な音楽をカバーするもので、エレクトロニックやダンスミュージッからフランスのシャンソン、伝統的なピアノバラードから、ロシアのロマンス歌にまで及ぶ。彼にとっての少年時代のヒーローはデビッド・ボウイに代表されるノーザンソウルとディスコであり、他に影響されたものとしてはスコット・ウォーカーとジャックブレルが上げられる。実際、1989年にアーモンドはジャックブレルのカバー曲をアルバム化したジャックスをリリースしている。

その他[編集]

アーモンドの書く歌詞は非常に創造性に富む表現力を持つが、同時に退廃的であったり、背徳的であるものも多い。 また、「音」として歌詞の英語をとらえた場合、いわゆる韻を踏んだ歌詞作りにこだわっていると考えられる。実例としてアルバムEnchantedSea Still Singsの歌詞を引用すると、

I remember the sea I remembER
How I thought she would sing forevER
Though her voice it became a whispER
But the sea still sings in her heart

To the furthest shores of AlaskA
From the bow of a floundering tankER
Her shores in eternal wintER
But the sea still sings in her heart

She waits for the moment So still and alONE
On her shoreline a necklace of feather and bONE
......中略......

Taking back all her stolen trEASURE
Giving back all our waste with a plEASURE
Hand in hand with a furious weathER
How the sea still sings in her heart

No longer distraught and no longer alONE
She took all our shorelines and made them her owN
Drowned all the people asleep in their homes
The sea still sings
...... 中略

The mermaids were singing a warnING
The mermen were teasing and tauntING
The sirens a song that was hauntING
Tearing each ship from its MOORING
And the sea shed her black coat of MOURNING

最終母音をそろえるというのは他のアーティストでもそれほど珍しくないが、アーモンドの作詞は最終音節程度までそろえていることが目立つ。この様な歌詞が彼の「普通」であり、こういう細工が見られない歌詞の方が例外的である。この韻の踏み方は美しい楽曲と相まって非常に高い音楽性を構成している。また、こうした「言葉そろえ」については、彼の作るアルバム・シングルの題名でも先頭子音をそろえたり、最後の音節をそろえたりしたものが随所に見られる。

例:

  • Vermin in Ermine
  • Torment and Toreros
  • Twelve Years of Tears
  • Tenderness Is a Weakness
  • My Hand Over My Heart
  • Adored and Explored

作品リスト[編集]

アルバム[編集]

ソフト・セルとして[編集]

マーク・アンド・マンバスとして[編集]

ラウル・アンド・ルーインドとして[編集]

  • 1984 Bite Black and Blues Live (Fan club only release)

ウィリング・シナーズとの共作[編集]

  • 1984 Vermin in Ermine #36 UK
  • 1985 Stories of Johnny #22 UK
  • 1987 Mother Fist & Her Five Daughters #41 UK

マイケル・キャッシュモアとの共作[編集]

  • 2008 Gabriel and The Lunatic Lover

ソロ作品[編集]

  • 1986 Violent Silence (mini album)
  • 1986 A Woman's Story (mini album)
  • 1987 Singles 1984 - 1987
  • 1988 The Stars We Are(邦題:スターズ)
  • 1989 Jacques
  • 1990 Enchanted (邦題:魔法にかけられた王子)
  • 1991 Tenement Symphony
  • 1992 A Virgin's Tale - Volume I (1985-1987 era B-sides & remixes)
  • 1992 A Virgin's Tale - Volume II (1985-1987 era B-sides & remixes)
  • 1993 Twelve Years of Tears (Live at the Royal Albert Hall)
  • 1993 Absinthe: The French album
  • 1995 Treasure Box (rarities compilation)
  • 1996 Fantastic Star
  • 1998 Marc Almond & La Magia Live in Concert
  • 1999 Open All Night
  • 2000 Liverpool Philharmonic Hall (Fan club only release)
  • 2001 Stranger Things
  • 2001 Live at the Union Chapel (Fan club only release)
  • 2002 Little Rough Rhinestones Volume 1 (Fan club only release)
  • 2003 The Willing Sinner Live in Berlin
  • 2003 Marc Almond in Session Volume 1 (BBC)
  • 2003 Heart on Snow
  • 2003 Marc Almond in Session Volume 2 (BBC)
  • 2005 Vanity, Poverty, Revence Punx Soundcheck ft. Marc Almond
  • 2006 Little Rough Rhinestones Volume 2 (Fan club only release)
  • 2007 Stardom Road (covers album, released 4 June 2007)

シングル[編集]

Year Title Notes U.K. Singles Peak IRE Singles Peak[1]
1982 "Sleaze" as Marc and the Mambas, fan club only release - -
1983 "Black Heart" b/w "Your Aura" as Marc and the Mambas 49 -
"Torment" b/w "You'll Never See Me on a Sunday" as Marc and the Mambas 90 -
1984 "The Boy Who Came Back" b/w "Joey Demento" 52 -
"You Have" b/w "Split Lip" 57 -
"Tenderness Is a Weakness" b/w "Love for Sale" 88 -
1985 "I Feel Love" Bronski Beat with Marc Almond 3 3
"Skin" with Guy Chambers as The Burmoe Brothers - -
"Stories of Johnny" 23 17
"Love Letter" 68 -
1986 "The House Is Haunted (By the Echo of Your Last Goodbye)" 55 -
"A Woman's Story" 41 -
"Ruby Red" 47 -
1987 "Melancholy Rose" 71 -
"Mother Fist" 93 -
"This House Is a House of Trouble" with Sally Timms (Mekon) and The Drifting Cowgirls - -
1988 "Tears Run Rings" also charted at #67 on the U.S. Billboard Hot 100[2] 26 -
"Bitter Sweet" 40 -
"Something's Gotten Hold of My Heart" feat. Gene Pitney 1 1
1989 "Only the Moment" 45 26
1990 "A Lover Spurned" 29 -
"The Desperate Hours" 45 -
"Waifs and Strays" 88 -
1991 "Say Hello Wave Goodbye '91" with Soft Cell 38 -
"Tainted Love '91" with Soft Cell 5 4
"Jacky" 17 14
1992 "My Hand Over My Heart" 33 -
"The Days of Pearly Spencer" 4 8
1993 "What Make a Man a Man" 60 -
1995 "Adored and Explored" 25 -
"The Idol" 44 -
"Child Star" 41 -
1996 "Out There" / "Brilliant Creatures" 76 -
"Yesterday Has Gone" with P.J. Proby and the My Life Story Orchestra 58 -
1998 "Black Kiss" 97 -
1999 "Tragedy (Take a Look and See)" 144 -
"My Love" / "Threat of Love" with Siouxsie - -
2001 "Please Stay" with Mekon 91 -
"Glorious" - -
"Total Eclipse" Rosenstolz, Marc Almond & Nina Hagen - -
"Soul on Soul" System F & Marc Almond - -
2003 "Gone But Not Forgotten" - -
2004 "Vanity Poverty Revenge/Neo Burlesque" Punx Soundcheck featuring Marc Almond - -
"Sheherezade" limited edition, vinyl only - -
"Face Control EP" Replicant & Marc Almond - -
2005 "Delirious" limited edition - -
"Prime Evil" limited dance release - -
"Perfect Honey" limited dance release - -
"Baby's on Fire" T-Total featuring Marc Almond - -
2007 "I Close My Eyes and Count to Ten" with Sarah Cracknell, download only 43 -

その他のコントリビューション[編集]

書籍[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Irish Charts - All there is to know”. irishcharts.ie. 2008年8月20日閲覧。
  2. ^ Billboard.com - Artist Chart History - Marc Almond”. Billboard. 2011年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]