ネヴァーセイダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネヴァーセイダイ
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1951年
死没 1976年
Nasrullah
Singing Grass
母の父 War Admiral
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
馬主 Robert Sterling Clark
調教師 Joe Lawson
競走成績
生涯成績 12戦3勝
テンプレートを表示

ネヴァーセイダイ (Never Say Die) は、アメリカ出身の競走馬種牡馬イギリスクラシック二冠馬。

経歴[編集]

1953年4月に競走馬としてデビュー。初戦と2戦目でともに7着に敗れた後、3戦目で初勝利を挙げた。その後3戦したが未勝利に終わり、6戦1勝という成績で1953年のシーズンを終えた。

1954年のシーズンは3戦して勝利を挙げることができなかったが、陣営は3戦目のレース出走後、ネヴァーセイダイの体調が急激に向上したと判断し、ダービーステークスへの出走を決定。この時ブックメーカーが提示したオッズは出走馬22頭中10番目に低い33:1であったが、優勝した。オッズ33:1での勝利は、当時としては1908年シニョリネッタ1913年のアボイユールの100:1に次ぐ史上3番目の高配当での勝利であった。また、この時ネヴァーセイダイに騎乗していたレスター・ピゴットは史上最年少でのダービーステークス優勝を達成した。ダービーステークスの2週間後、キングエドワードⅦステークスに出走したが直線で他の出走馬の尻に噛みつく行動に出た挙句、4着に敗れた[1]。7、8月を休養にあてたネヴァーセイダイは9月に入りセントレジャーステークスに出走、ブックメーカーのオッズは出走馬中最も低い100:30であった。レースでは2着馬に12馬身差をつけて優勝。この時ネヴァーセイダイ騎乗したC・スマークが「スマークほど楽にクラシックを勝った騎手はいない」と言われるほどの大勝であった。

ネヴァーセイダイはセントレジャーを最後に競走馬を引退して種牡馬となり、イギリスで供用された。1962年にイギリスのリーディングサイアーとなった。1960年代の日本では産駒のネヴァービートが種牡馬として成功を収めたのをきっかけに「ネヴァーセイダイ系」のブームが起こり、多くの産駒が種牡馬として輸入された。しかし、本馬の産駒が減ってしまった各国においては後継が輩出されず、多くの後継種牡馬が輸入された日本でもその後継が輩出できなかったため、現在では牝系に残ってはいるものの父系としての本馬の系統はほぼ途絶えた状態となっている。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ネヴァーセイダイ血統ナスルーラ系 / Chaucer 5×5=6.25%)

Nasrullah
1940 鹿毛
Nearco
1935 黒鹿毛
Pharos Phalaris
Scapa Flow
Nogara Harvesac
Catnip
Mumtaz Begum
1932 鹿毛
Blenheim Blandford
Malva
Mumtaz Mahal The Tetrarch
Lady Josephine

Singing Grass
1944 栗毛
War Admiral
1934 黒鹿毛
Man o'War Fair Play
Mahubah
Brushup Sweep
Annette K.
Boreale
1938 栗毛
Vatout Prince Chimay
Vashti
Galaday Sir Gallahad III
Sunstep

脚注[編集]

  1. ^ レスター・ピゴットは制御を怠ったとして年内の騎乗停止処分を言い渡された。

参考文献[編集]

  • 原田俊治『世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1970年

外部リンク[編集]