エリック・シンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリック・シンガー
Eric Singer
ハリウッドにて(2012年)}
ハリウッドにて(2012年)
基本情報
出生名 Eric Doyle Mensinger
出生 1958年5月12日(56歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州 クリーブランド
ジャンル ハードロックヘヴィメタル
担当楽器 ドラムス
活動期間 1984年~現在
共同作業者 リタ・フォード
ゲイリー・ムーア
ブラック・サバス
バッドランズ
アリス・クーパー
キッス
ESP
公式サイト [1]

{{{Influences}}}

エリック・シンガーEric Singer1958年5月12日-)は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身のドラマーHR/HMの分野で幅広く活躍。非常に多くのミュージシャンと仕事をしているが、特にキッスでの活動で有名。本名Eric Doyle Mensinger。

来歴[編集]

1985年から1987年にかけてブラック・サバスで活動。『セヴンス・スター』と『エターナル・アイドル』の2枚のアルバムに参加した。

1987年にはブラック・サバスで共に仕事をしていたボブ・デイズリーの紹介により、ゲイリー・ムーア・バンドに参加。

1988年レイ・ギラン(ブラック・サバス時代のツアーで共演した)やジェイク・E・リーらとバッドランズを結成するが、アルバム1枚で脱退(1989年ポール・スタンレーキッス)のソロツアー参加のため)。その後アリス・クーパーのサポートを務める。

1991年に、病死したエリック・カーの後任としてキッスに加入。『リヴェンジ』(1992年)とライヴ盤『アライヴ3』(1993年)、『停電 (地獄の再会) 〜 Kiss アンプラグド』(1995年)、『カーニバル・オブ・ソウルズ』(1996年)に参加した。

1996年、キッスがメイクを復活させデビュー当時のラインナップに戻ったのに伴い、キッスを脱退。『リヴェンジ』に続くスタジオ・アルバムとなる予定だった『カーニバル・オブ・ソウルズ』は、一度は発売中止となったが、海賊盤対策のため1997年にようやく発表された。

1998年、キッス時代の盟友ブルース・キューリックや、元モトリー・クルーのジョン・コラビらと共にエリック・シンガー・プロジェクト (ESP)を立ち上げる。同年、ブライアン・メイのツアーに、コージー・パウエルの代役として参加。その後は、ギルビー・クラーク(元ガンズ・アンド・ローゼズ)やアリス・クーパーなどと共演。

2001年、キッスのオリジナルドラマーピーター・クリスの脱退に伴い、ピーターのメイクをして再度キッスに復帰。

2003年ピーター・クリスのキッス復帰に伴い、再度キッスを脱退する。

2004年、キッスからピーター3度目の脱退により、キッスに3度目の加入。それ以降は再びキッスの固定メンバーとなる。

2005年、ブルース・キューリックのバンドであるユニオンのサポート・メンバーとして来日した。

最初のキッス加入時は、バンド自体がノーメイク時代であったために素顔だったが、復帰後はメイクバンドに戻っていたので、メイクを施すようになる。なお、メイクはオリジナル・メンバーのピーター・クリスと同じキャットマン模様である。

また2000年以降、キッスがツアーしていない時期は、キッスメンバーでありながら、それ以前から参加していたアリス・クーパーのバンドやESPなど外部の仕事にも自由に参加している。

外部リンク[編集]