キッス・キラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キッス・キラーズ
キッススタジオ・アルバム
リリース 1982年5月
録音 1974年 - 1982年
ジャンル ハード・ロック
時間 46分35秒
レーベル カサブランカ
プロデュース マイケル・ジェームス・ジャクソン(新曲)
専門評論家によるレビュー
キッス 年表
〜エルダー〜 魔界大決戦
(1981)
Killers
(1982)
暗黒の神話
(1982)
テンプレートを表示


キッス・キラーズ(Killers)は、 1982年に発表されたキッスのコンピレーション・アルバム。
全12曲のうち4曲が新曲、残りの8曲は既発曲の再録という変則ベスト盤。

概要[編集]

1980年発表の『仮面の正体』のセールス不振から、その年はキャリアで初めてアメリカ以外のツアーを中心とした活動に終始。1981年の『〜エルダー〜 魔界大決戦』はさらに悲惨で、キッスはツアーすらも行えず、TV出演等によるプロモーション等で辛うじて活動を維持している状態にあり、1982年当時、キッスの人気は(少なくともアメリカ国内において)どん底で低迷しており、カサブランカ・レコードの配給元であるフォノグラム・レコードの要請で、急遽4曲の新曲がレコーディングされ、当初から企画されていたベスト・アルバムに収録されることが決まった。アメリカ国内では、ライヴ・アルバム、ベストヒット・アルバムは十分に出回っていると判断したフォノグラムは、本作をアメリカ以外でリリースすることに決めた。
公式にはアメリカ以外の国、地域でリリースされたが、すぐに輸入盤としてアメリカ国内でも流通し、人気を博した。

新曲の制作のために多数の外部コンポーザー、セッションミュージシャンが招聘された。 1978年のポール・スタンレーのソロ・アルバムに作曲で参加したマイケル・ジャップは、スタンレー、ブライアン・アダムスとともに"Down on Your Knees"を作曲。 アダム・ミッチェルは、プロデューサー・マイケル・ジェームス・ジャクソンによって連れてこられた。

1981年時点で実質的にキッスを脱退していたエース・フレーリーは、アルバム・カヴァーには登場したものの、本作の制作には全く参加していない。 (公式には、エースは1982年の終わりまでメンバーであり、グループの次作である『暗黒の神話』のジャケットにも登場している)
本作ではエースの代役として、1977年の『アライヴ2』のスタジオ録音部分に参加したボブ・キューリックが活躍している。『アライヴ2』ではエースのプレースタイルを真似るように指示されていたキューリックだが、キラーズでは彼本来のテクニックを存分に披露している。

本作はノルウェーで6位、オーストラリアで21位、日本で27位、スウェーデンで41位、イギリスで42位と、アルバム自体はまずまずのチャート・アクションを記録したが、シングルはいずれもチャートインしなかった。

日本版LPのみ"Shandi"が収録されていた。

収録曲[編集]

  1. "I'm a Legend Tonight" 作詞・作曲 ポール・スタンレー, アダム・ミッチェル – 3:59
  2. "Down on Your Knees" 作詞・作曲 ポール・スタンレー, マイケル・ジャップ, ブライアン・アダムス – 3:31
  3. "Cold Gin" 作詞・作曲 エース・フレーリー – 4:20
  4. "Love Gun" 作詞・作曲 ポール・スタンレー – 3:17
  5. "Shout It Out Loud (7" mix)" 作詞・作曲 ポール・スタンレー, ジーン・シモンズ , ボブ・エズリン– 2:40
  6. "Sure Know Something" 作詞・作曲 ポール・スタンレー, ヴィニ・ポンシア – 3:59
  7. "Nowhere to Run" 作詞・作曲 ポール・スタンレー – 4:32
  8. "Partners in Crime" 作詞・作曲 ポール・スタンレー, アダム・ミッチェル – 3:45
  9. "Detroit Rock City" 作詞・作曲 ポール・スタンレー, ボブ・エズリン – 3:53
  10. "God of Thunder" 作詞・作曲 ポール・スタンレー – 4:11
  11. "I Was Made for Lovin' You" 作詞・作曲 ポール・スタンレー, ヴィニ・ポンシア, デズモンド・チャイルド – 4:18
  12. "Rock and Roll All Nite (Live)" 作詞・作曲 ポール・スタンレー, ジーン・シモンズ – 3:58