地獄の狂獣 キッス・ライヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地獄の狂獣 キッス・ライヴ
キッスライブ・アルバム
リリース 1975年9月10日
ジャンル ハードロック
レーベル カサブランカ
プロデュース エディ・クレイマー
キッス 年表
地獄への接吻
(1975)
地獄の狂獣 キッス・ライヴ
(1975)
地獄の軍団
(1976)
テンプレートを表示

地獄の狂獣 キッス・ライヴ』(ALIVE!)は、1975年キッスが発売した初のライブ・アルバム。 プロデュース、及びエンジニアリングは、ジミ・ヘンドリックスレッド・ツェッペリンを手掛けたエディ・クレイマーが担当。彼らの初期3枚のスタジオ・アルバム「キッス・ファースト 地獄からの使者(KISS)」「地獄のさけび(Hotter Than Hell)」「地獄への接吻(Dressed to Kill)」からピックアップされた16曲のライブ・バージョンで構成されている。

当時、一部におけるライブ・バンドとしての評価の高さにもかかわらず、彼らのレコードセールスは思ったように伸びず、グループは起死回生の機会を窺がっていた。3rdアルバム「地獄への接吻」発売に伴う「Dress To Kill ツアー」の最中、同アルバムからシングル・カットされた「ロックンロール・オールナイト」がデトロイトで大ヒットとなり、彼らは急遽ツアー予定を変更してデトロイトでライブ・レコーディングを行うことを決定。本作には、1975年5月16日にデトロイトのコボ・ホールで行われたライブを中心に、クリーブランド、ニュージャージーなどでの演奏も含まれる。オーヴァーダビングとミックス作業は、ニューヨークのエレクトリック・レディ・スタジオで、1975年7月下旬から8月上旬にかけて行われた。

本作は、1975年12月にKISS初のRIAA公認ゴールドディスクを獲得。1976年1月にはプラチナディスクを獲得した。これにより、グループは従来のライブバンドとしての評価に加え、全米規模での人気グループとしての地位を確立。所属していたカサブランカ・レコードも、深刻な財政難から救われた。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、159位にランクイン[1]

収録曲[編集]

  1. デュース - Deuce [3:55] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
    オリジナルはデビュー・アルバム「地獄からの使者」に収録。1976年発表の「デトロイト・ロック・シティ」と並び、たびたびコンサートのオープニングに使用され、現在もセットリストに登場する彼らの代名詞ともいえるナンバー。
  2. ストラッター - Strutter [3:22] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ、ポール・スタンレー
    「地獄からの使者」から。現在もコンサートの定番となっている曲。
  3. ガット・トゥ・チューズ - Got To Choose [3:40] 作詞/作曲:ポール・スタンレー
    2ndアルバム「地獄のさけび」のオープニング・ナンバー。
  4. ホッター・ザン・ヘル - Hotter Than Hell [3:29] 作詞/作曲:ポール・スタンレー
    「地獄のさけび」のタイトル曲。
  5. ファイヤーハウス - Firehouse [3:50] 作詞/作曲:ポール・スタンレー
    「地獄からの使者」から。終盤でけたたましくサイレンを鳴らす演出は、この後永い間、彼らのステージのクライマックスとなる。
  6. ナッシン・トゥ・ルーズ - Nothin' To Lose [3:33] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
    「地獄からの使者」から。ジーン・シモンズとピーター・クリスの掛け合いが楽しい軽快なロックンロールナンバー。
  7. 激しい愛を - C'Mon And Love Me [3:04] 作詞/作曲:ポール・スタンレー
    3rdアルバム「地獄への接吻」から。
  8. パラサイト - Parasite [3:35] 作詞/作曲:エース・フレーリー
    「地獄のさけび」から。
  9. 彼女 - She [6:56] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ、ステファン・コロネル
    「地獄への接吻」から。後半には、1stアルバム収録の「レット・ミー・ノウ」のエンディングのギター・リフをつなげ、そのままフレーリーのギターソロに突入する。
  10. ウォッチン・ユー - Watchin' You [3:48] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
    「地獄のさけび」から。1993年に発表された「アライヴⅢ」にも、当時のメンバー(シモンズ、スタンレー、ブルース・キューリックエリック・シンガー)での演奏が収録された。
  11. 10万年の彼方 - 100,000 Years [12:10] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ、ポール・スタンレー
    「地獄からの使者」から。初期のステージでは、シモンズの血を吐くパフォーマンスに続いて演奏されることが多かった。ピーター・クリスのドラム・ソロ、それに続いてポール・スタンレーのコール&レスポンスと、本作の後半のクライマックスとなっている。
  12. ブラック・ダイヤモンド - Black Diamond [5:48] 作詞/作曲:ポール・スタンレー
    「地獄からの使者」から。ドラムスのピーター・クリスのリード・ヴォーカルをフィーチャーした曲。クリス脱退後も、ステージでは後任のドラマー(エリック・カー、エリック・シンガー)が歌った。
  13. ロック・ボトム - Rock Bottom [3:45] 作詞/作曲:エース・フレーリー、ポール・スタンレー
    「地獄への接吻」から。イントロのツイン・ギターのアルペジオ部分をフレーリーが作曲。
  14. コールド・ジン - Cold Gin [7:00] 作詞/作曲:エース・フレーリー
    「地獄からの使者」から。フレーリーの作品で、現在も彼らのセットリストに欠かせない曲。ヴォーカルはシモンズ。
  15. ロックンロール・オールナイト - Rock And Roll All Nite [4:17] ジーン・シモンズ、ポール・スタンレー
    彼らの全米でのブレイクのきっかけとなり、現在に至るまでコンサートのラスト・ナンバーに多く使用されることになる不滅のロックンロール・アンセム。本作のヒットを受け、1975年10月に本作収録のライヴ・バーションがシングル・カットされた。
  16. レット・ミー・ゴー・ロックンロール - Let Me Go, Rock 'N Roll [5:45] ジーン・シモンズ、ポール・スタンレー
    「地獄のさけび」から。初の日本公演でも演奏された、エンディングを伸ばしたロング・バージョンでライブのラストを盛り上げた。

脚注[編集]

  1. ^ [1]