〜エルダー〜 魔界大決戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
〜エルダー〜 魔界大決戦
KISSスタジオ・アルバム
リリース アメリカ合衆国の旗1981年11月16日
録音 1981年3月 - 9月
ジャンル ハードロック
時間 42分46秒
レーベル カサブランカ
プロデュース ボブ・エズリン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 7位(ノルウェー[1]
  • 10位(ドイツ[2]
  • 12位(オーストリア[3]
  • 19位(スウェーデン[4]
  • 21位(日本[5]
  • 39位(オランダ[6]
  • 51位(イギリス[7]
  • 75位(アメリカ[8]
KISS 年表
仮面の正体
1980年
〜エルダー〜 魔界大決戦
(1981年)
キッス・キラーズ
1982年
テンプレートを表示

エルダー魔界大決戦(Music From "The Elder")は、キッスが1981年にリリースしたコンセプト・アルバム

ジーン・シモンズ原案の“THE ELDER”という映画が計画され、そのために曲を作っていたのだが映画が製作中止になり、マネージャーとジーン・シモンズはそれまで作っていた曲を生かそうと、メンバーの反対を押し切り、ストーリー仕立てのコンセプトアルバムとして発表することにした。 1976年の傑作『地獄の軍団(Destroyer)』を手掛けたボブ・エズリンを再度プロデューサーに迎え、バンドの違う一面を見せようとした作品ではあるが、ポップな前作までの路線とはあまりに音楽的傾向が違ったため、音楽誌に叩かれ、セールス、評価とも芳しくない「失敗作」としてグループの歴史に残ることとなった。

しかし、バンド、とくにジーンにとっては制作当時「意欲作」「自信作」だったのであり、プロモーション・インタヴューで「エルダーに収められている曲は、キッスの今まででも最高の曲ばかりなんだ」と発言し、「もし、これが理解されて好評であればエルダー2のリリースもある」と語っていた。実際曲ストックはあったようで、ベスト・アルバム「キッス・キラーズ」中の新曲"Nowhere to Run"、「リヴェンジ」収録のインストゥルメンタル曲"Carr Jam 1981"は元々は"Heaven"というタイトルのエルダー用の曲であった。 後年、ライブへのリクエストが行われることもあるが、このアルバムに関してあまりにも良い記憶がないためか、メンバーが応えることはない。

概要[編集]

公式には、脱退したオリジナル・ドラマー、ピーター・クリスの後任であるエリック・カー加入第1弾としてリリースされた。

キッス史上初めてアルバム・カバーにメンバーの写真を載せず(日本盤では、メンバーのスナップを組み込んだカヴァー・シートがオマケでかけられた)、楽曲とコンセプトで勝負する姿勢を見せたものの、結果的に目論見は裏目に出、キッスの黒歴史的作品となった。

本作発表に伴う本格的なライヴ・ツアーは組まれず、バンドは数回のTV番組への出演等のみでプロモーションを行った。アルバムは11月16日のリリース後、75位までしか上がらず翌年2月にはヒットチャートから完全に姿を消した。

アルバムのコンセプトは、闇のフォースに覆われる地球に宇宙評議会エルダーから守護神モーフィアスが派遣され、闇に対抗すべく光の戦士として白羽の矢を立てられた少年が、最初は戸惑いながらも自らのフォースに気づきエルダーの戦士として自覚していくまでの、アメコミ好きなジーンによる勧善懲悪的ヒーロー物語。

収録曲[編集]

日本版[編集]

  1. ファンファーレ - Fanfare [1:22] 作詞/作曲:ポール・スタンレー, ボブ・エズリン
    インストゥルメンタル
  2. 少年 - Just A Boy [2:25] 作詞/作曲:ポール・スタンレー, ボブ・エズリン
    リードヴォーカルはポール。主人公の少年の独白のため、ほとんど全てファルセットで歌われている。
  3. オデッセイ - Odyssey [5:36] 作詞/作曲:トニー・パワーズ
    リードヴォーカルはポール。
  4. 勇者の誕生 - Only You [4:17] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
    リードヴォーカルはポールとジーン。
  5. 薔薇の紋章の下(もと) - Under The Rose [4:51] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ, エリック・カー
    リードヴォーカルはジーン。サビの重厚な男性コーラスは新メンバーエリック・カーのアイデアによる。
  6. 魔界の閃光 - Dark Light [4:18] 作詞/作曲:エース・フレーリー, ジーン・シモンズ, アントン・フィグ, ルー・リード
    エースのこのアルバムで唯一のリードヴォーカル曲である。
  7. 英雄なき世界 - A World Without Heroes [2:40] 作詞/作曲:ポール・スタンレー, ジーン・シモンズ, ボブ・エズリン, ルー・リード
    シングルカット(日本以外)され、PVも作られた。リードヴォーカルはジーン。リードギターをポールが弾いている。MTVアンプラグドで演奏された。後にかつてのジーンの恋人でもあったシェールによるカバーでも知られる。
  8. 炎の誓い - The Oath [4:31] 作詞/作曲:ポール・スタンレー, ボブ・エズリン, トニー・パワーズ 。
    リードヴォーカルはポール。次回作「暗黒の神話」の布石のようなアルバム中最もハードな曲だが、多くの部分をポールがファルセットで歌っている。欧米でのシングル"I"のB面。日本ではA面シングル・カット第二弾として発売された。
  9. 罪深きブラックウェル - MR. BLACKWELL [4:52] 作詞/作曲:ポール・スタンレー, ジーン・シモンズ, ボブ・エズリン, ルー・リード
    リードヴォーカルはジーン。AC/DC調のミドル・テンポのハードロックで、ジーンの悪魔的キャラを生かしたアルバム中の悪役のテーマ・ソング。
  10. 激烈! 大脱走 - Escape From The Island [2:52] 作詞/作曲:エース・フレーリー, ボブ・エズリン, エリック・カー
    インストゥルメンタル。当時の日本盤LPには未収録で、代わりにアルバムからの日本のみの二枚目シングル「炎の誓い」のB面に収録。
  11. エルダーの戦士 - I [5:03] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ, ボブ・エズリン
    リードヴォーカルはポールとジーン。世界共通シングルカット曲で、「自分を信じる」というポジティヴなメッセージを歌い上げるサビのコーラスと「ロックンロール音頭」ともいえる曲調のためか、日本では当時ラジオの音楽リクエスト番組で人気があった。


アメリカ合衆国版[編集]

  1. The Oath
  2. Fanfare
  3. Just A Boy
  4. Dark Light
  5. Only You
  6. Under The Rose
  7. A World Without Heroes
  8. Mr. Blackwell
  9. Escape From The Island
  10. Odyssey
  11. I

インターナショナル版[編集]

  1. Fanfare
  2. Just A Boy
  3. Odyssey
  4. Only You
  5. Under the Rose
  6. Dark Light
  7. A World Without Heroes
  8. The Oath
  9. Mr. Blackwell
  10. Escape from the Island
  11. I

パーソネル[編集]

  • ポール・スタンレー - Rhythm guitar, Lead vocals
  • ジーン・シモンズ - Bass guitar, Lead vocals
  • エース・フレーリー - Lead guitar; Lead vocals
  • エリック・カー - Drums, Percussion, Backing vocals
  • ボブ・エズリン(プロデューサー) - Keyboards, Bass guitar on "The Oath", "Dark Light" and "Escape from the Island"
  • アラン・シュワルツバーグ - Drums on "I"

イメージチェンジ[編集]

彼らのコスチュームは、それまでも時期により少しずつ修正が加えられてきたが、本アルバムの発表とともにかなり大幅なモデルチェンジを実施している。

  • ジーン:デビュー以来頭のてっぺんにあったトレードマークのちょんまげ部分を切り落とし、髪を首周りまでの長さにカットしてなでつけるようになった。怪獣ブーツに代表されるごついブーツを止め、スリムなデザインのブーツに変更。
  • ポール:トレードマークのソバージュヘアーを紫色の布でまとめ、今までは全開だった胸があまり見えない衣装に変更。
  • エース:背中まであった髪をバッサリと切った。年々巨大化してきた肩の甲冑部分をなくし、稲妻のデザインをあしらったラメ入りのボディスーツ(全身スパッツ)に変更。靴も厚底ではない、プロレスのシューズのような編み上げブーツに。

エリック・カーはまだ加入して日が浅いため、さほど大きな変更はない。

脚注[編集]

  1. ^ norwegiancharts.com - KISS - Music From The Elder
  2. ^ charts.de
  3. ^ KISS - Music From The Elder - austriancharts.at
  4. ^ swedishcharts.com - KISS - Music From The Elder
  5. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.122
  6. ^ dutchcharts.nl - KISS - Music From The Elder
  7. ^ KISS | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
  8. ^ Music from "The Elder" - Kiss : Awards : AllMusic