トミー・セイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トミー・セイヤー
Tommy Thayer
}
基本情報
出生 1960年11月7日(53歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オレゴン州ポートランド
ジャンル ロック
ハードロック
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1981年 -
共同作業者 KISS
Black 'n Blue
公式サイト TOMMYTHAYER.com
著名使用楽器
ギブソン・レスポール

トミー・セイヤー英語: Tommy Thayer1960年11月7日 - )は、アメリカ合衆国ロックバンドKISSの5代目ギタリスト。アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド出身。

概要[編集]

オレゴン州ビーバートン郊外でビートルズや60年代ポップスを聴きながら育つ。70年代ロックに強い影響を受けて13歳でギターを始め、高校卒業後数々のローカルバンドでプレイしていた。

1981年11月にジェイミー・セント・ジェイムズと共にBlack 'n Blueを結成。

1982年にはバンドごとロサンゼルスに引っ越し、LAクラブシーンで活動する。

1983年、ゲフィンレコードと契約し、メジャーデビューを果たす。

1984年8月Black 'n Blueエアロスミスのバック・イン・ザ・サドル・ツアーで前座を務め、同年11月には来日。

1985年末、キッスのアサイラム・ツアーの前座を務め、ジーン・シモンズと親しくなる(ジーンは後にBlack 'n Blueのアルバム2枚のプロデューサーを務めた)。

1989年Black 'n Blueがゲフィンに契約を切られ崩壊した後、ジェイミー・セント・ジェイムズと共に、フルメイクのキッス・トリビュートバンドCold Ginを結成。LAを中心に活動し、日本公演(Monster、川崎クラブチッタ、鹿鳴館など)も行った。

80年代後半からバイトでキッスの雑用係をするようになり、90年代はそれが本職となる。ジーンのパーソナルアシスタントとして、キッスの歴史書である『KISSTORY』の編集にも携わる。

1995年から1996年にかけて行われたキッス・コンベンションを企画実現(それが元でMTVアンプラグドのキッスオリジナルメンバー揃い踏み、さらにはキッスリユニオンへと繋がった)。

1996年から始まったキッスのリユニオン以降のツアーではツアー・マネージャーを務めた。また、過去に自ら作ったギターフレーズを忘れかけていたキッスのオリジナルギタリスト、エース・フレーリーにギターフレーズをレクチャーした。キッスのリユニオンに伴う様々な映像を記録編集して『セカンド・カミング(Second Coming)』を作り上げる。

2002年、キッスのエース・フレーリー脱退後、後任としてキッスの第9期メンバーとなった。メイクは前任者エースと同じスペースマン模様を施している。

2006年6月4日カリフォルニア州で結婚セレモニーが行われたことが同年6月5日付のオフィシャルサイトで報じられた[1]

2009年、KISSのメンバーとして初めて、スタジオアルバム『ソニックブーム』の製作に正式に参加する。

2012年、KISSの20枚目のスタジオアルバム『モンスター~地獄の獣神』において、多くの曲をポール・スタンレージーン・シモンズと共作し、製作に大きく貢献する。ポールとジーンからは「トミーとエリック(ドラマーのエリック・シンガー)が、俺たちをバンドとして蘇らせてくれたのだ」と絶賛された。

特徴[編集]

元キッスファン、ツアー・マネージャーを経てキッスメンバーになった経歴のため、ファン側から見た意見をメンバーに伝える役目もしている。寡黙で真面目な性格でもあり、ポール・スタンレーが「キッスとしてどうするべきか迷った時は、トミーに意見を訊く事にしている」と述べる程信頼されている。

キッス雑用係(ジーンのパーソナルアシスタント)時代は、ジーンのコーヒーを入れること、バンドのために移動先のホテルを予約、ポールの家の壁塗り、ジーンの家の雨どいの掃除など、公私に関わらず何でもこなしていた。

私生活[編集]

ゴルフが趣味。父親は元准将の英雄である。

2006年、アンバー・ピークと結婚した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]