血まみれの安息日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
血まみれの安息日
ブラック・サバススタジオ・アルバム
リリース 1973年12月1日(イギリス)
1974年1月(アメリカ)
録音 1973年
ジャンル ヘヴィメタル
時間 42分35秒
レーベル イギリスの旗ワールド・ワイド・アーティスツ/ヴァーティゴ(オリジナル)
キャッスル→サンクチュアリ(リイシュー)
アメリカ合衆国の旗ワーナー・ブラザーズ
プロデュース ブラック・サバス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(イギリス[1]
  • 11位(アメリカ[2]
  • 49位(ドイツ[3]
  • 57位(日本[4]
ブラック・サバス 年表
ブラック・サバス4
(1972年)
血まみれの安息日
(1973年)
サボタージュ
(1975年)
テンプレートを表示

血まみれの安息日(Sabbath Bloody Sabbath)は、イギリスロックバンドブラック・サバススタジオ・アルバム

彼らの持ち味であるスローでザクザクとした曲調をさらに押し広げただけでなく、今までになく創造的でプログレッシヴなアルバムを作り出すため、シンセサイザーオーケストラによる編曲を導入した。

前作「ブラック・サバス4」の制作後、バンドは1曲も作れないほどのスランプに陥る。新たなアイディアを得るための試行錯誤の末、ギタリストのトニー・アイオミは、タイトル・トラックのギター・リフを偶然に発見、「ブラック・サバスを救ったリフ」と呼ばれている。

「血まみれの安息日」とそれ以前の作品との大きな違いは、ソングライティングの形式にある。このアルバムは、タイトルトラック「血まみれの安息日」のヘヴィなリフとともに幕を開け、ストリングスが加えられている「スパイラル・アーキテクト」とともに終焉する。

「サブラ・カダブラ」には、イエスのキーボードプレイヤーだったリック・ウェイクマンをゲストに迎えている。そのほかの曲では、ブラック・サバスのメンバーがキーボードをプレイしている。

カバー[編集]

  • スラッシュメタルバンドのアンスラックスは、EP盤「アイム・ザ・マン」に「血まみれの安息日」のカバーバージョンを収録している。
  • メタリカは、カバー集「ガレージ・インク」(1998年)のなかに「サブラ・カダブラ」のカバーを収録している。中間部では「ナショナル・アクロバット」の一部を演奏している。
  • スウェーデンのバンドカーディガンズは、彼らのデビューアルバム「エマーデイル」(1994年)で「血まみれの安息日」をカバーしている。
  • 「血まみれの安息日」は、ブラック・サバスのトリビュート・アルバム「ネイティヴィティ・イン・ブラック」の中でブルース・ディッキンソンとゴッドスピードによってもカバーされている。また、スウェーデンのヴァイキングメタルバンドであるアモン・アマースもこの曲をカバーしている。
  • ドイツのバンドSopor Aeternus and the Ensemble of Shadowsは、「ナショナル・アクロバット」のカバーバージョン(「Tabor C'alan O'itana」と呼ばれる)をボックスセット「Like a Corpse standing in Desperation」に収めている。
  • (hed)P.E.は、ブラック・サバスのトリビュートアルバム「ネイティヴィティ・イン・ブラックⅡ」のなかで「サブラ・カダブラ」をカバーしている。
  • オーストリアブラックメタルバンドベルフェゴールはアルバム「ザ・ラスト・サパー」(1995年)に収録するために「血まみれの安息日」のカバーを製作したが、1999年にこのアルバムが再発されるまでは実際には収録されなかった。

収録曲[編集]

  1. 血まみれの安息日 "Sabbath Bloody Sabbath" - 5:45
  2. ナショナル・アクロバット "A National Acrobat" - 6:15
  3. フラッフ "Fluff" - 4:12
  4. サブラ・カダブラ "Sabbra Cadabra" - 5:59
  5. 生への自殺 "Killing Yourself to Live" - 5:42
  6. お前は誰だ! "Who Are You?" - 4:10
  7. ルッキング・フォー・トゥデイ "Looking for Today" - 5:03
  8. スパイラル・アーキテクト "Spiral Architect" - 5:29

クレジット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ChartArchive - Black Sabbath
  2. ^ Black Sabbath - Awards : AllMusic
  3. ^ charts.de
  4. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.259