ハイウェイ・スター (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイウェイ・スター
ディープ・パープル楽曲
収録アルバム マシン・ヘッド
リリース 1972年3月
録音 1971年 - 1972年
ジャンル ハードロック
スラッシュメタル
スピードメタル
時間 6分08秒
レーベル イギリスの旗パープル
アメリカ合衆国の旗ワーナー
作詞者 イアン・ギラン
作曲者 リッチー・ブラックモア
ロジャー・グローヴァー
ジョン・ロード
イアン・ペイス
プロデュース ディープ・パープル、サイモン・ロビンソン
マシン・ヘッド 収録順
ハイウェイ・スター
(1)
メイビー・アイム・ア・レオ
(2)

ハイウェイ・スター(英題:Highway Star)とは、イギリスのロックバンドディープ・パープルの楽曲。

歴史[編集]

1971年、ディープ・パープルがポーツマスへ向かうバスの中で生まれたとされる。1972年にリリースされたアルバムLP『マシン・ヘッド』の収録中、伝説の放火事件(詳細は『マシン・ヘッド#アクシデント』参照)により、安ホテルへと移動せざるをえない状況となったメンバーが、ローリング・ストーンズモービル・ユニットを借りて録音したという逸話も残っている。

スモーク・オン・ザ・ウォーター」「紫の炎」「ブラック・ナイト」と並ぶ、ディープ・パープルの代表曲となり、ライヴではオープニング・ナンバーに、第三期はアンコールによく披露され、その模様もベスト・アルバムに収められていることがある。

評価[編集]

バンドの代表格であるリッチー・ブラックモアジョン・ロードクラシック音楽の影響を非常に強く受けており、それまでにもロックとクラシックの融合を試みた経緯がある。そこで彼らはこの楽曲にもクラシックフレーズ導入を決意し、中盤部分でJ・S・バッハのコード進行が反映されている。結果として成功し、ディープ・パープル第三期の曲「burn」でも、バッハのコード進行が引用されている。

ブラックモアのギターフレーズは、ギタリストとして必要最低限のギターテクニックが多く含まれているとされ、この楽曲にもそれは当てはまることから、ヘヴィメタル分野での教則本では、この楽曲が掲載されることが非常に多い。それでなくても速弾きのインパクトが絶大であったため、ギターを手にした者ならば、その多くがこの楽曲の速弾きをコピーしたとされる(特に日本ではパープルの人気が非常に高く、それが顕著であったといわれる)[要出典]

コンサートでは、キーボードとギターの各ソロはほぼ即興で行われることもあってか、その時のメンバーの状態によって演奏の質も長さも若干変化する。

カバー[編集]

フェイス・ノー・モアメタル・チャーチアルター・ブリッジドリーム・シアターチキンフットKUWATA BAND山口百恵など、数々のミュージシャンに取り上げられている。また、シンプソンズなどのアニメゲームソフト中にも、この曲のカバーが部分的に収録されるなどしている。また、日本語直訳ロックの王様が「高速道路の星」という曲名でカバーしている。

栗コーダーカルテットによるカバー(『ウクレレ栗コーダー』収録)は、バラエティー番組のBGMにも時折用いられている。

その他[編集]