ディープ・パープル・イン・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イン・ロック
ディープ・パープルスタジオ・アルバム
リリース 1970年6月
1995年()
録音 1969年10月~1970年4月
IBCスタジオ
デ・レイン・リー・スタジオ
アビー・ロード・スタジオ
ジャンル ハード・ロック
時間 41分46秒
78分28秒()
レーベル イギリスの旗ハーヴェスト(オリジナル盤)
EMI()→パーロフォンWMG(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗ワーナー・ブラザーズ
日本の旗ワーナー/東芝音工(オリジナル盤)
ワーナーミュージック・ジャパン(リイシュー盤および())
プロデュース ディープ・パープル
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(イギリス[1]
  • 68位(日本[2]
  • 143位(アメリカ[3]
ディープ・パープル 年表
ディープ・パープル・アンド・ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ
(1969)
イン・ロック
(1970)
ファイアボール
(1971)
テンプレートを表示

ディープ・パープル・イン・ロック( Deep Purple in Rock ) とはイギリスロックバンドディープ・パープル1970年に発表したアルバム

収録曲[編集]

  1. スピード・キング - Speed King  4分18秒/5分51秒(CD)[4]
  2. ブラッド・サッカー - Bloodsucker 4分12秒
  3. チャイルド・イン・タイム - Child In Time 10分15秒
  4. フライト・オヴ・ザ・ラット - Flight Of The Rat 7分52秒
  5. イン・トゥ・ザ・ファイア - Into The Fire 3分29秒
  6. リヴィング・レック - Living Wreck 4分30秒
  7. ハード・ラヴィン・マン - Hard Lovin' Man 7分10秒

メンバー[編集]

発売までの経緯[編集]

シングル「ハッシュ」がアメリカで大ヒットし前途洋々にみえたディープ・パープルだったが、本国イギリスでは無名に近い存在であり、前作のアルバム『ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ』は大きくマスメディアに取り上げられ評判は上々だったものの、彼らをハードロック・バンドとして認知している者は少なかった。時を同じくして同国からデビューしたレッド・ツェッペリンが本国およびアメリカにて大きな成功を収めており着々とその地位を築きつつあった。

「レッド・ツェッペリンの成功で方向性が見えてきた。強力なリフとビートによるハードロックだ」…後にギタリストのリッチー・ブラックモアがインタビューで語るとおり今までのキーボーディストのジョン・ロードが主に持っていた音楽的な主導権をリッチー・ブラックモアに委譲しハードロック色の強いアルバムの構想が出来上がっていった。

レコーディング1969年10月から1970年4月の長期に渡りロンドンにあるアビー・ロード・スタジオデ・レイン・リー・スタジオ及びIBCスタジオにて行われた。

エンジニアはマーティン・バーチ、アンディ・ナイト、フィリップ・マクドナルド。

機材はイアン・ハンスフォード、ミック・アンガスが担当した。録音は8チャンネル・マルチトラックレコーダーを使用しプロデュースはディープ・パープル自身が行った。

アニヴァーサリー・エディション[編集]

発売25周年記念盤。オリジナルの版権を所持しているEMIから1995年にリリースされた(日本では1996年11月30日にワーナーミュージック・ジャパンよりリリースされた。CD番号はWPCR-888)。24ページのブックレット(英文)付きで、初回生産分はケースにメンバー5人のサインがプリントされている。さらに日本リリース盤では30ページの日本語による解説書が付属しており、本作の解説やメンバー・チェンジの経緯、歌詞の対訳などが掲載されている。

  1. スピード・キング - Speed King  5分49秒
  2. ブラッド・サッカー - Bloodsucker 4分10秒
  3. チャイルド・イン・タイム - Child In Time 10分14秒
  4. フライト・オヴ・ザ・ラット - Flight Of The Rat 7分51秒
  5. イン・トゥ・ザ・ファイア - Into The Fire 3分28秒
  6. リヴィング・レック - Living Wreck 4分27秒
  7. ハード・ラヴィン・マン - Hard Lovin' Man 6分38秒
  8. ブラック・ナイト(オリジナル・シングル・ヴァージョン) - Black Night (Original Single Version) 3分28秒
  9. スタジオ・チャット(1) - Studio chat(1) 33秒
  10. スピード・キング(ピアノ・ヴァージョン) - Speed King (Piano Version) 4分14秒
  11. スタジオ・チャット(2) - Studio chat(2) 25秒
  12. クライ・フリー(ロジャー・グローヴァー・リミックス) Cry Free (Roger Glover Remix) 3分20秒
  13. スタジオ・チャット(3) - Studio chat(3) 5秒
  14. ジャム・スチュー(アンリリースド・インストゥルメンタル) - Jam Stew (Unreleased Instrumental) 2分30秒
  15. スタジオ・チャット(4) - Studio chat(4) 40秒
  16. フライト・オヴ・ザ・ラット(ロジャー・グローヴァー・リミックス) - Flight of the Rat (Roger Glover Remix) 7分53秒
  17. スタジオ・チャット(5) - Studio chat(5) 31秒
  18. スピード・キング(ロジャー・グローヴァー・リミックス) - Speed King (Roger Glover Remix) 5分52秒
  19. スタジオ・チャット(6) - Studio chat(6) 23秒
  20. ブラック・ナイト(アンエディテッド・ロジャー・グローヴァー・リミックス) - Black Night (Unedited Roger Glover Remix) 4分47秒
  • 1.~8.=ピーター・ミューによるリマスタリング(アビーロード・スタジオ)
  • 9.~20.=ロジャー・グローヴァーによるオリジナルの8トラック・テープからのミックス。

作品の特徴[編集]

ディープ・パープルが本来持っている即興演奏の上手さと強力なリフによるハードロックが良く結実し粗削りではあるが強いインパクトをリスナーに与えている。全曲がハードな出来栄えでこのアルバムの大きな特色となっている。

「イン・ロックは思いのほかハードに仕上がった。アルバムコンセプトには反ドラッグや高度な音楽的主張も織り込まれている」、「今までの内向的な姿勢から初めて外向的にシフトしたアルバムだった。あの時、このアルバムを出していなければ我々は失敗に終わっていただろう。周りを驚かせるような強力な要素が必要だった」…後にドラマーのイアン・ペイスはインタビューでこのように語っている。

イアン・ギランは「チャイルド・イン・タイム」がイッツ・ア・ビューティフル・デイデビュー・アルバムに収録されている曲「Bombay Calling」を基礎に作られたと述べた[5]。ロジャー・グローバーも「ブラック・ナイト」がリッキー・ネルソンの歌った曲「サマータイム」を参考にして作られたと語っている[6]

反響と影響[編集]

パロディ化したジャケットのモデルになったラシュモア山の彫刻

このアルバムの反響は大きく精力的なツアー活動と共にハードロック・バンド「ディープ・パープル」としての存在感を確かなものにしていった。同時にプロモーション用として発売されたシングル盤「ブラック・ナイト」の大ヒットがさらに追い討ちをかけた。本作は本国イギリスのヒットチャートにおいて最高4位を記録し長く上位にとどまった。しかしアメリカではプロモーションやツアー活動のタイミングの悪さも重なり最高143位に終わっている。

ジャケット[編集]

このアルバムのジャケットに描かれている絵はアメリカ合衆国サウスダコタ州キーストーンに位置しているラシュモア山彫刻パロディ化したものである。実際の像は4人の歴代大統領が彫られているがジャケットにはメンバー全員、つまり5人が描かれている。ちなみに描かれている人物は左からイアン・ギラン、リッチー・ブラックモア、ジョン・ロード、ロジャー・グローヴァー、イアン・ペイスである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ChartArchive - Deep Purple
  2. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.205
  3. ^ Deep Purple - Awards : AllMusic
  4. ^ 冒頭部にバンドの即興演奏~オルガンのソロが存在する。アニヴァーサリー・エディション盤の解説によると、このイントロはIBCスタジオで1969年11月3~6日にレコーディングされたもので、" Woffle"と言うタイトルまで付けられていた。LPではEMI盤に収録されていたが、アメリカ及び日本ではワーナーの意向でカットされた。
  5. ^ Narendra Kusnur (2002年5月3日). “Ian Gillan, Mumbai, India. 3rd May 2002”. Mid-Day Newspaper. 2010年7月14日閲覧。
  6. ^ The Making of Black Night”. Rumba Magazine (1993年). 2010年7月14日閲覧。