嵐の使者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
嵐の使者
ディープ・パープルスタジオ・アルバム
リリース 1974年11月
録音 1974年8月
ジャンル ハードロック
時間 36 31
レーベル イギリスの旗パープル・レコード(オリジナル盤)
EMI(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗日本の旗ワーナー・ブラザーズ
プロデュース ディープ・パープルマーティン・バーチ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 6位(イギリス[1]
  • 20位(アメリカ[2]
  • 22位(日本[3]
ディープ・パープル 年表
紫の炎
(1974年)
嵐の使者
(1974年)
カム・テイスト・ザ・バンド
(1975年)
テンプレートを表示

嵐の使者( あらしのししゃ、原題:Stormbringer ) はイギリスロックバンドディープ・パープル1974年に発表したアルバム

収録曲[編集]

  1. 嵐の使者 - Stormbringer 4分03秒
  2. 愛は何よりも強く - Love Don't Mean a Thing 4分23秒
  3. 聖人 - Holy Man 4分28秒
  4. ホールド・オン - Hold On 5分05秒
  5. 嵐の女 - Lady Double Dealer 3分19秒
  6. ユー・キャント・ドゥー・イット・ライト - You Can't Do It Right(With The One You Love) 3分24秒
  7. ハイ・ボール・シューター - High Ball Shooter 4分26秒
  8. ジブシー - The Gypsy 4分04秒
  9. 幸運な兵士 - Soldier of Fortune 3分14秒

メンバー[編集]

解説[編集]

いわゆる第3期最後のスタジオ・アルバムであり、この作品を最後にギタリストのリッチー・ブラックモアはメンバーを脱退した。前作のアルバム『紫の炎』から新たに加入したデイヴィッド・カヴァデールおよびグレン・ヒューズの音楽性に対する意向が徐々に増し、リッチー・ブラックモアが理想とする音楽との乖離が強まったため、様々な問題を抱えながらの製作となった。

レコーディングは1974年8月、ドイツのミュージックランド・スタジオで行われた。プロデュースはディープ・パープル自身とマーティン・バーチミックスダウンは同じくマーティン・バーチとイアン・ペイスの手で行われその後、ロサンゼルスレコード・プラント・スタジオで最終的な仕上げを行った。

本作は1974年12月に世界発売され、日本では「嵐の女」がシングルカットされた。本国イギリスでは最高6位、アメリカでは20位まで上昇しゴールドディスクを獲得した。

評価[編集]

本作発表後の一般的な評価はあまり芳しいものではなかった。ギタリストのリッチー・ブラックモアは「最低のアルバムだ」とインタビューなどで語っている。しかし、従来からのハードで直線的な曲よりも多彩な音楽性を加味した曲が増え、新しい試みも感じられる。前作『紫の炎』で見せた新たな方向性をさらに押し広げた作品に仕上がっている。

脚注[編集]

  1. ^ ChartArchive - Deep Purple
  2. ^ Deep Purple - Awards : AllMusic
  3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.205