レコード・プラント・スタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レコード・プラント・スタジオ (Record Plant Studios) は、ゲイリー・ケルグレン(クリエイティブ・エンジニア、プロデューサー、スタジオ・デザイナー)とクリス・ストーン(レブロン化粧品の国内セールスマン)によって設立、運営されていた録音スタジオである。

概要[編集]

レコード・プラントは、1968年に最初のスタジオをニューヨークのウエスト44番街321 (北緯40度45分33秒 西経73度59分24秒 / 北緯40.759149度 西経73.990045度 / 40.759149; -73.990045) に。翌年2件目のスタジオをロサンゼルス (北緯37度35分58秒 西経122度14分20秒 / 北緯37.599555度 西経122.238848度 / 37.599555; -122.238848) に。そして1972年に3件目をカリフォルニア州サウサリート (北緯37度51分49秒 西経122度29分47秒 / 北緯37.863518度 西経122.496375度 / 37.863518; -122.496375) に構えた。しかし、1980年代にニューヨークとサウサリートのスタジオの経営者が代わったため、最終的に残ったロサンゼルスのスタジオがメイン・スタジオとなった。なお、ロサンゼルスとサウサリートのスタジオは現在別々の経営の元で運営されており、ニューヨークのスタジオはすでに閉鎖となっている。ロサンゼルスのスタジオは「ザ・レコード・プラント」、サウサリートのスタジオは「ザ・プラント」の名でも知られている。

レコード・プラントが大きな成功を収めるに至った大きな要素に、ゲイリー・ケルグレンがフランク・ザッパジミ・ヘンドリックスヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどといった伝説的アーティストと築き上げた太いパイプや仕事振りのほかに、ケルグレンが追い求めた、単に快適なだけでなくアーティストの創造力を掻き立てるようなスタジオ設計があげられる。ケルグレンのスタジオ設計は、従来の録音スタジオの概念に大きな変革をもたらし、現在に見るスタジオの形を作り上げるものであった。レコード・プラントがオープンする以前のスタジオといえば、4面の白い壁に硬い木製床、椅子は折り畳み、照明は蛍光灯がお決まりであったが、ケルグレンの設計したスタジオには優れた音響性能と最先端の設備が整ったうえ、リビングのような快適性があった。そのため、アーティストをして「ここに住みたい」と幾度も言わしめるほどの空間へとスタジオを変えてしまった。ジャグジー設置のアイデアも、これまでのスタジオにはない斬新なものであった。

レコード・プラントで最初にレコーディングされたアルバムは、1968年にリリースされたジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの『エレクトリック・レディランド』であった。その後、何年もにわたって、何百枚ものアルバムがこのスタジオでファースト・カットされた(イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』やフリートウッド・マックの『』、スティーヴィー・ワンダーの『キー・オブ・ライフ』など)。1970年代にはハウス・エンジニアのシェリー・ヤクスやロイ・チカーラが、多くの地元バンドがスタートを切れるようにと、セッション・タイムや機材面でのバックアップ、デモ・テープのエンジニアリングやプロデュースを買って出た。結果的に、レコード・プラントでレコーディングされたアルバムがビルボード・チャートのトップ100の10%近くを占めるに至り、レコード・プラントのマーケティング・プランが成功した例の一つとしてあげることができる。

レコード・プラント・スタジオは、これまでにロックンロールレゲエカントリー・ミュージックパンクブルースフォークソウルザディコヒップ・ホップロカビリーなど、ほぼ全ての音楽ジャンルにおいてアーティストを迎え入れてきた。

経営の交代[編集]

サウサリートのザ・プラント

サウサリートのスタジオは1980年にローリー・アンネ・ネコチェアに売却されているため、ロサンゼルスのスタジオとは異なる経営の元で運営されている。 ボブ・ホダスによって運営されていた[1]。その後、スタジオの名称は「ザ・プラント・スタジオ」(もしくはシンプルに「ザ・プラント」)となった。彼女の死後、1984年にスタジオはネコチェア・トラストからスタンレー・ジェイコックスに売却された[2]。 1985年、ジェイコックスがクエールードとメタンフェタミンを製造し、それらの薬物の売却益をスタジオの投資資金としていたとの供述調書に基づき、政府機関によってスタジオが差し押さえられた[3]。 1985年のジェイコックスの逮捕後、サウサリートのスタジオは政府によって最小限のスタッフで約1年間にわったて運営されていたが、1986年の競売でボブ・スカイの手に渡った[4]。 1988年にボブ・スカイはアルネ・フレイジャーを雇い入れ、その数年後にフレイジャーがスカイからスタジオを買い取った。フレイジャーの事業となったサウサリートのザ・プラント・スタジオだが、2008年3月に営業を停止している。しかし、「ザ・プラント・スタジオ」の名称は、現在も法律上フレイジャーが保有している[5]

ニューヨークのスタジオは1987年にジョージ・マーティンに売却されたが、その後すぐに閉鎖となった。ジョン・レノンは射殺された1980年12月8日に、ここで「ウォーキング・オン・シン・アイス」のレコーディングをしていた。

レコード・プラント・ニューヨークでレコーディングされたアルバムの年別リスト(抜粋)[編集]

レコード・プラント・ロサンゼルスでレコーディングされたアルバムの年別リスト(抜粋)[編集]

サウサリートでレコーディングされた名盤の年別リスト(抜粋)[編集]

メイン・エントランス
フロント・ドアの詳細。楽器を演奏する動物が描かれている。
マリンシップ通りに面したサイド・ドア。

ザ・プラント・スタジオでレコーディング、ミキシングされた名盤のうちに以下のものがある。

脚注[編集]

  1. ^ Harold Dow (1978年). Malpractice Award (Television). San Francisco, California: CBS Evening News.. http://tvnews.vanderbilt.edu/program.pl?ID=255174 
  2. ^ Liberatore, Paul (1985-09-14), “Chaos at Marin Record Studio After Drug Raid”, San Francisco Chronicle 
  3. ^ Jarvis, Birney (1985-09-13), “Recording Studio In Sausalito Seized By Drug Probers”, San Francisco Chronicle: 8 
  4. ^ “Famed Studio Celebrates 25 Years of Music, Et Cetera”, Los Angeles Sentinel: B4, (1997-11-12) 
  5. ^ Liberatore, Paul (2008-04-05), “The Plant Studios changing operator”, Marin Independent Journal, http://www.marinij.com/ci_8819765 

外部リンク[編集]