フラワーズ (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラワーズ
ローリング・ストーンズコンピレーション・アルバム
リリース 1967年7月3日
録音 1965年12月3日 -
1966年12月13日
ジャンル ロック
時間 37 20
レーベル ABKCO
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 4hvof5.svg link
ローリング・ストーンズ 年表
ビトウィーン・ザ・バトンズ
(1967年)
フラワーズ
(1967年 US)
サタニック・マジェスティーズ
(1967年)
テンプレートを表示

フラワーズ(Flowers)(LONDON PS509)は、ローリング・ストーンズの米国編集アルバム。ひとつのコンセプト云々というわけではなく、どちらかというとベスト的性格をもった編集アルバムで、全12曲中未発表曲は3曲(USに関してのみでは7曲)。その中の1曲「マイ・ガール」は、テンプテーションズカヴァー

US/ロンドン・レーベルが、1967年当時のアメリカのムーヴメントにヒントを得てこのアルバムを企画したとも言われる。

一方、そうした中でタイトル・コンセプトは、モンタレー・ポップ・フェスティバル(1967)の主催のひとりであり、フラワー・ムーヴメントの中でママス & パパスバリー・マクガイアP・F・スローンらの力強い味方となったサウンド・クリエイター、ルー・アドラー(レコードには"Lou-in Adler"とクレジットされている)が担当したともいわれている。

ジャケット・フォトはガイ・ウェヴスター、グラフィックをトム・ウィルクス、そしてデザイン・エクスキュージョンを"The Corporate Head"が担当。

アルバム・ジャケットはメンバー5人の顔を花にたとえてデザインしているが、どうしたわけかブライアンだけに葉がついてないのが、なにか不吉である。

イギリスでもDecca SK4888もしくは輸入盤としてリリースされる予定だったが、実現しなかった。

TOP LP'sでは、8月26日付でミリオンセラーを記録。

収録曲[編集]

  1. ルビー・チューズディ - Ruby Tuesday
  2. マザー・イン・シャドウ - Have You Seen Your Mother, Baby, Standing In The Shadow
  3. 夜をぶっとばせ - Let's Spend The Night Together
  4. レディ・ジェーン - Lady Jane
  5. アウト・オブ・タイム - Out Of Time
  6. マイ・ガール - My Girl
  7. バックストリート・ガール - Backstreet Girl
  8. プリーズ・ゴー・ホーム - Please Go Home
  9. マザーズ・リトル・ヘルパー - Mother's Little Helper
  10. テイク・イット・オア・リーヴ・イット - Take It Or Leave It
  11. ライド・オン・ベイビー - Ride On, Baby
  12. シッティン・オン・ア・フェンス - Sittin' On A Fence