アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
彼氏になりたい
ローリング・ストーンズシングル
B面 ストーンド
リリース 1963年11月1日
規格 7インチ・シングル
録音 1963年10月7日
ジャンル ロック
レーベル デッカ
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
チャート最高順位
  • 12位(イギリス)
ローリング・ストーンズ シングル 年表
カム・オン
(1963年)
彼氏になりたい
(1963年)
ノット・フェイド・アウェイ
(1964年)
テンプレートを表示

アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン」("I Wanna Be Your Man"、邦題:「彼氏になりたい」) は、ローリング・ストーンズのシングル曲である。

解説[編集]

ローリング・ストーンズのマネージャーのアンドリュー・オールダムは、元々ビートルズのマネージャーブライアン・エプスタインの下でビートルズの宣伝係をしていた。アマチュア時代のストーンズのステージ見ていたビートルズ[1]から、彼らをスカウトするように薦められ、オールダムはマネージャー就くことになった。オールダムは、ストーンズの2作目のシングルをどうするべきか悩んでいる時に、ジョン・レノンポール・マッカートニーに偶然出くわした。当時、ストーンズにはオリジナル曲がなく、もっぱらお気に入りのブルースの曲などをカヴァーしていた。なんとか売り出し中のストーンズにヒット曲(しかもストーンズらしい曲)を持たせたいと考えたオールダムは、ジョンとポールにストーンズへの楽曲提供を頼んだ。3人はスタジオ51でリハーサル中のストーンズのもとへ行き、ジョンとポールの2人は「君たち向きかもしれない」と言って、まだ未完成の曲をざっと弾いて聴かせる(この時左利きのポールは、右利きのビル・ワイマンのベースをそのままひっくり返して弾いてビルは驚いたと証言している)。するとストーンズのメンバーは「これは俺たちのスタイルだ」と気に入り、ジョンとポールは部屋の隅へ行き、曲を仕上げた。この様子を見ていたミック・ジャガーキース・リチャーズは、ビートルズの作曲能力に大変な感銘を受け、後にジャガー/リチャーズとしてオリジナル曲を作るきっかけになった。

ミックは「ポールとジョンの曲つくりは見事だった。かなり売れ線の曲だったし、2人が一番良い曲のひとつを俺たちに快くくれたことに驚いていた」と当時のことを語り、キースはビートルズの曲をやるなんて鼻高々だと喜んでいたと、ビルが回想している。しかしジョンは、後に「通行人に配るチラシみたいなものだったのさ。ビートルズではリンゴが歌って、ストーンズは自分たちの曲を演った(やった)んだ。ぼくらが連中をどう見ていたかが、これでわかる。良いものを連中にやる気はなかったさ」[2]と発言している。

ミックとブライアン・ジョーンズがツイン・ヴォーカルで唄っている。ストーンズのヴァージョンはオリジナル・アルバム未収録で、コンピレーション・アルバム『シングル・コレクション (ザ・ロンドン・イヤーズ)』(1989年発売)に収録された。

ビートルズによるセルフ・カヴァー[編集]

彼氏になりたい
ビートルズ楽曲
収録アルバム ウィズ・ザ・ビートルズ
リリース 1963年11月22日
録音 1963年9月11日12日30日10月3日23日
ジャンル ロック
時間 200 (monaural version)
1分59秒 (stereo version)[3]
1分47秒 ("The Beatles Anthlogy 1" version)
2分9秒 ("The Beatles Live At The BBC" version)
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ウィズ・ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. イット・ウォント・ビー・ロング
  2. オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ
  3. オール・マイ・ラヴィング
  4. ドント・バザー・ミー
  5. リトル・チャイルド
  6. ティル・ゼア・ウォズ・ユー
  7. プリーズ・ミスター・ポストマン
B面
  1. ロール・オーヴァー・ベートーヴェン
  2. ホールド・ミー・タイト
  3. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー
  4. 彼氏になりたい
  5. デヴィル・イン・ハー・ハート
  6. ナット・ア・セカンド・タイム
  7. マネー

本作は1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムウィズ・ザ・ビートルズ』のB面4曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。リード・ヴォーカルはリンゴ・スター。彼のお気に入りの曲で、ライヴにおいて彼の十八番になった。1966年日本公演でリンゴが唯一ヴォーカルをとっている曲として演奏された。

本作は上記の通り、ローリング・ストーンズのセカンド・シングルとしてジョンとポールが提供した曲である。ローリング・ストーンズのテイクとはほぼ同時期にレコーディングされたが、リリースはローリング・ストーンズの方が先である。

曲中で聞こえるハモンドオルガンを弾いているのは、プロデューサージョージ・マーティン。リンゴはドラムスをたたきながら歌って録音した。

ミキシング[編集]

英国盤はステレオとモノラルでフェード・アウトに若干の違いがある。ステレオがモノラルよりもフェード・アウトが長い。米国盤モノラル『ミート・ザ・ビートルズ』収録分は、ステレオ・ヴァージョンをモノラル化したものである。

脚注[編集]

  1. ^ リッチモンドのクロウ・ダディ・クラブでの事、この日からビートルズとストーンズの友情関係が続くことになる。後にジョージ・ハリスンがデッカ・レコードにストーンズを推薦し、ストーンズはデッカからデビューした。
  2. ^ 出典:「ジョン・レノン PLAYBOY インタビュー」1981年 集英社 98頁
  3. ^ モノラル盤の方が曲間の無音部分を長めに収録してあるため、ステレオの方がフェード・アウトが長めにもかかわらず、演奏時間はモノラルの方が1秒長い。演奏時間の出典は『ザ・ビートルズ・ボックス』および『ザ・ビートルズ・モノ・ボックス』のCDインデックスに基づく。

収録盤[編集]