剣闘士の入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

剣闘士の入場 (チェコ語: Vjezd gladiátorů, : Einzug der Gladiatoren, : "'Entrance of the Gladiators'") はチェコの作曲家ユリウス・フチークが1897年にブラスバンドのために作曲した行進曲

概要[編集]

曲中では半音階が多用されており、元々フチークは半音階的大行進曲といった題名を想定していたが、彼がローマ帝国に興味を持ったことから、現在の題名となった。

1910年にカナダの作曲家ルイ=フィリップ・ローレンドー (Louis-Phillipe Laurendeau) がこの曲を小規模な編成に編曲した譜面が Thunder and Blazes (雷鳴と電光、といった意) という題名で北米向けに販売された。以降現在に至るまで、代表的なサーカスマーチとして人気を誇っている[1]サーカスではピエロの入場にこの曲が使われることもあり、そのためもあって曲名や作曲者はともかく、曲だけは広く知られている。ローレンドー版は移動式遊園地のオルガン (フェアグランド・オルガン) 用にも編曲されており、またさまざま演奏会に数多く取り上げられている (例えば2007年のBBCプロムスの最後など[2])。

曲は3つの部分から成る。最初の部分はトランペットのメロディと伴奏、二番目の部分は低音の金管楽器 (主にチューバ) が半音階で転がり進んでいく。三番目の部分はトリオでゆっくりとした旋律的な部分であり、金管低音と木管楽器のコントラストが強調されている。トリオでも二番目の部分と同じような半音階的な音形がある。曲は全体が二分の二拍子で、速さには標準的なマーチ・テンポが指示されている。しかしサーカスマーチとしては、もっと速く演奏されるのが普通である。

1974年にはイギリスの歌謡曲「ショー・マスト・ゴー・オン (The Show Must Go On) のイントロ部分とメロディーに使われている。

主題の一部はサックス奏者ブーツ・ランドルフヤケティ・サックス (Yakety Sax) で使われている。この曲はベニー・ヒル・ショーをはじめとするコメディ番組でよく使われている。またピエロをモチーフにしたアメリカ合衆国プロレスラードインク・ザ・クラウンの入場曲として当曲の一部が使われている。

参考文献[編集]

  1. ^ Latten, James E.; Chevallard, Carl (September 2004). “Review: Teaching Music Through Performing Marches. Music Educators Journal (MENC_ The National Association for Music Education) 91 (1): 62–63. doi:10.2307/3400112. http://links.jstor.org/sici?sici=0027-4321(200409)91%3A1%3C62%3ATMTPM%3E2.0.CO%3B2 2008年9月21日閲覧。. 
  2. ^ Edward Seckerson (2007年9月11日). “Last Night of the Proms, Royal Albert Hall, London”. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/reviews/last-night-of-the-proms-royal-albert-hall-london-464143.html 2008年9月21日閲覧。 

外部リンク[編集]