刺青の男 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
刺青の男
ローリング・ストーンズスタジオ・アルバム
リリース 1981年8月24日
録音 1972年11月 - 1981年6月
ジャンル ロック
時間 44分23秒
レーベル Rolling Stones
イギリスの旗EMI(オリジナル盤)
CBS UKVirginPolydor(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗Atlantic(オリジナル盤)
Columbia→Virgin→Interscope(リイシュー盤)
日本の旗東芝EMI(オリジナル盤)
CBS/SONY→Sony RecordsEMIJ/Virgin→Universal Int'l(リイシュー盤)
プロデュース グリマー・ツインズ
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 4.5 out of 5 stars link
  • Rolling Stone 5 out of 5 stars link
ローリング・ストーンズ 年表
サッキング・イン・ザ・70s
1981年
刺青の男
1981年
スティル・ライフ
1982年
テンプレートを表示

刺青の男』(いれずみのおとこ)(Tattoo You)は、1981年にリリースされた、ローリング・ストーンズのアルバム。

解説[編集]

本作のために書き下ろされた新曲は「ネイバース」と「ヘヴン」の2曲のみ(1981年4月から6月にかけて録音された)で、残りは10年前からのアウトテイク、またはベーシックトラックから再構成された。しかし、ロックンロール・サイドとバラード・サイドの統一感が取れた内容は、前作『エモーショナル・レスキュー』を越えたと絶賛され大ヒット、ストーンズの傑作の一つと見なされる。

「トップス」「友を待つ」の両曲は、1972年後半の『山羊の頭のスープ』セッション(両曲のギターは、ロン・ウッドではなくミック・テイラーが演奏しており、テイラーはその後アルバムのロイヤルティのシェアを受け取った)からのものであった。なお、「ネイバーズ」と「友を待つ」には、ジャズの巨匠ソニー・ロリンズも参加[1]。「奴隷」「ウォリード・アバウト・ユー」は、1975年の『ブラック・アンド・ブルー』セッション(ビリー・プレストンがキーボード、ギターはウェイン・パーキンス)からである。前述の曲は、すべて1979年の『エモーショナル・レスキュー』セッション及び1981年の本作セッションでオーバーダビング及びミキシングと編集が行われた。「スタート・ミー・アップ」(元は『ブラック・アンド・ブルー』で録音されたレゲエ・ナンバーの「ネヴァー・ストップ」)「ハング・ファイヤー」「リトルT&A」「黒いリムジン」「泣いても無駄」は、すべて『エモーショナル・レスキュー』のデッド・ストックである。「スタート・ミー・アップ」は、録音当時ボツとなったが、それはキース・リチャーズが前に聴いた別の曲からのリフに変えたと考えたためである(その曲は、後に『ブリッジズ・トゥ・バビロン』に収録された「エニィバディ・シーン・マイ・ベイビー」と判明した)。

さらに「友を待つ」は、実際には『スティッキー・フィンガーズ』セッションの初期に録音されたが、アラン・クレイン及びアブコ・レコードへのロイヤリティ支払いを回避するため、『山羊の頭のスープ』セッションで録音されたことにしたという主張がある。

「ヘヴン」は、ストーンズの曲の中でも変わったラインナップで演奏された。ドラムスがチャーリー・ワッツビル・ワイマンシンセサイザーとベース、ミック・ジャガーとビル・ワイマンがギターを演奏し、キースとロンは参加しなかった。本曲は、ワイマンがギターを演奏した唯一のストーンズ・ナンバーである。

シングル「スタート・ミー・アップ」は、先行シングルとしてちょうど、1週前の1981年8月にリリースされ、大きな反響を得た。その反響は、『刺青の男』をチャートのトップに持ち上げるのに十分な物であった。「スタート・ミー・アップ」はストーンズの代表曲の一つとなり、ライヴでも定番の曲となった。『刺青の男』はイギリスで2位、カナダで7週連続1位、アメリカでは9週間連続1位、オーストラリアで11週連続1位到達し、全米で約400万枚も売り上げた。「友を待つ」[2]「ハング・ファイヤー」も、同様にアメリカでトップ20ヒットとなった。

アルバム・タイトルは、当初『刺青 Tattoo.』と言う単純な物であった。ミックは、現在もなぜ「'You'」がつけられたかの手がかりさえ持っていないとする。

1994年に本作はヴァージン・レコードによってリマスターの上再発売され、2009年にはユニヴァーサル・ミュージック・グループによって更なるリマスターで再々発売された。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、167位にランクイン[3]

収録曲[編集]

特筆無い限りジャガーリチャーズ作詞作曲。

  1. スタート・ミー・アップ - Start Me Up 3:32
  2. ハング・ファイヤー - Hang Fire 2:21
  3. 奴隷 - Slave 6:33
    • 3.はヴァージン盤リマスターより、従来より長い尺のものと差し替えられている。
  4. リトルT&A - Little T&A 3:23
  5. 黒いリムジン - Black Limousine (Mick Jagger/Keith Richards/ Ron Wood) 3:31
  6. ネイバーズ - Neighbours 3:31
  7. ウォリード・アバウト・ユー - Worried About You 5:17
  8. トップス - Tops 3:45
  9. ヘブン - Heaven 4:22
  10. 泣いても無駄 - No Use in Crying (Mick Jagger/Keith Richards/Ron Wood) 3:25
  11. 友を待つ - Waiting on a Friend 4:34

ワールド・ツアー[編集]

本作リリース後、北米ツアーが1981年9月25日のフィラデルフィアジョン・F・ケネディ・スタジアム公演から始まる。ツアー前のウォームアップ・ギグはマサチューセッツ州ウースターの小クラブ、サー・モーガン・ケイヴで「ブルー・マンディ・アンド・ザ・コックローチズ」の偽名で行われた。北米ツアーは12月19日のバージニア州ハンプトン・ローズのハンプトン・コロシアム公演で終了する。オープニングはデューク・エリントンの「A列車で行こう」、エンディングにはジミ・ヘンドリックスの「星条旗」が流された。本作からは「スタート・ミー・アップ」「ハング・ファイアー」「リトルT&A」「黒いリムジン」「ネイバース」「友を待つ」、前作『エモーショナル・レスキュー』から「レット・ミー・ゴー」「氷のように」が演奏された。また、オールディーズ・カヴァーとしてエディ・コクランの「トゥエンティ・フライト・ロック」、スモーキー・ロビンソンの「ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー」が演奏された。本ツアーの様子は収録され、ハル・アシュビーの監督で『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』として公開された。翌年にはヨーロッパ・ツアーを開始する。スポンサーはTDK。ツアーは5月26日、スコットランドアバディーンのキャピトル・シアター公演から始まり、7月25日のリーズ、ラウンドヘイ・パーク公演で終了した。セットリストは前年の北米ツアーと大きく変わらなかったが、本ツアーではジェリー・リー・ルイスの「シャンティリー・レース」が演奏された。

脚注[編集]

  1. ^ 後にチャーリー・ワッツは、このセッション中にミック・ジャガーから良いサキソフォン・プレーヤーを知らないかと問われて、半ば冗談でロリンズの名前を挙げたところ、数日後にセッションに行ってみたら、スタジオにロリンズがいて驚いたと述懐している。
  2. ^ 「友を待つ」の日本盤シングルは東芝EMI側の勘違いにより、プロモーション用のエディット・ヴァージョンが収められた。
  3. ^ 500 Greatest Albums of All Time: The Rolling Stones, 'Tattoo You' | Rolling Stone