チャック・リーヴェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャック・リーヴェル
}
基本情報
出生名 Charles Alfred Leavell
出生 1952年4月28日(62歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アラバマ州バーミングハム
ジャンル ロック
職業 キーボーディスト
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1969年 -
共同作業者 オールマン・ブラザーズ・バンド
シー・レヴェル
ローリング・ストーンズ
公式サイト http://www.chuckleavell.com/

チャック・リーヴェル(Chuck Leavell、1952年4月28日 - )は、アメリカ合衆国ピアニストキーボーディスト

来歴[編集]

アラバマ州バーミングハム出身。1969年ジョージア州に移り、本格的にプロとして活動開始。

1972年オールマン・ブラザーズ・バンドに加入。グレッグ・オールマンのソロ・アルバム『レイド・バック』(1973年)にも参加した。1976年にオールマン・ブラザーズ・バンドが解散すると、シー・レヴェルを結成。

1982年ローリング・ストーンズのツアーに参加。アルバム『アンダーカヴァー』(1983年)以降のレコーディング・セッションにも参加した。以後、2000年代に至るまでローリング・ストーンズのサポート・メンバーとして活動し、ミック・ジャガーキース・リチャーズロン・ウッドのソロ活動もサポートした。

ローリング・ストーンズ以外では、1990年代にはブラック・クロウズエリック・クラプトン等と共演した他、1991年にはジョージ・ハリスンの日本公演にも帯同。1998年には初のソロ・アルバムを発表。2000年代にはリチャード・アシュクロフトのレコーディングにも度々参加。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • What's in That Bag?(1998年)
  • Forever Blue: Solo Piano(2001年)
  • Southscape(2005年)
  • Live In Germany-Green Leaves and Blue Notes Tour(2008年)

オールマン・ブラザーズ・バンド[編集]

  • ブラザーズ&シスターズ - Brothers And Sisters(1973年)
  • ウィン、ルーズ・オア・ドロウ - Win, Lose or Draw(1975年)
  • 熱風 - Wipe The Windows, Check The Oil, Dollar Gas(1976年)

外部リンク[編集]