ブラック・クロウズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラック・クロウズ
The Black Crowes
Black crowes-Newport.jpg
ブラック・クロウズのライブ(2008年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州アトランタ
ジャンル ハードロック
ブルースロック
サザン・ロック
活動期間 1989年 - 2002年
2005年 - 2015年
レーベル Silver Arrow(インディーズ
アメリカン
コロムビア
V2レコード
SMJI
公式サイト blackcrowes.com
メンバー クリス・ロビンソン(ヴォーカル)
リッチ・ロビンソン(ギター)
ルーサー・ディッキンソン(ギター)
スヴェン・パイピーン(ベース)
アダム・マクドーガル(キーボード)
スティーヴ・ゴーマン(ドラムス)
旧メンバー ジェフ・シーズ(ギター)
マーク・フォード(ギター)
オウドリー・フリード(ギター)
ポール・ステイシー(ギター)
ジョニー・コルト(ベース)
アンディ・ヘス(ベース)
グレッグ・リザーブ(ベース)
エディ・ハーシュ(キーボード)
ロブ・クロアーズ(キーボード)
ビル・ドブロウ(ドラムス)

ブラック・クロウズ(The Black Crowes)は、アメリカロックバンド。クリス・ロビンソン(ヴォーカル)とリッチ・ロビンソン(ギター)の兄弟を中心に結成され、ハードロックブルースロックサザン・ロックを吸収した音楽性で人気を得た。

メンバー[編集]

最終メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

来歴[編集]

ジョージア州アトランタで、ロビンソン兄弟を中心にミスター・クロウズ・ガーデンが結成される。そこにジェフ・シーズ(ギター)、ジョニー・コルト(ベース)、スティーヴ・ゴーマン(ドラムス)が加わり、1989年にブラック・クロウズと改名して、デフ・アメリカン(現アメリカン・レコーディングス)と契約。1990年にデビュー・アルバム『シェイク・ユア・マネー・メイカー』を発表。オーティス・レディングカバー「ハード・トゥ・ハンドル」が全米26位となり、アルバム自体も全米4位を記録。1991年にはモンスターズ・オブ・ロックに出演した。

シーズに代わってBurning Treeのマーク・フォードが加入し、また、エディ・ハーシュ(キーボード)が加わって6人編成となったブラック・クロウズは、1992年、セカンド・アルバム『サザン・ハーモニー』発表。全米1位に輝いた。その後、同じラインナップで『アモリカ』(1994年)、『スリー・スネークス・アンド・ワン・チャーム』(1996年)を発表。一時の勢いは失ったが、いずれも全米チャートのトップ20にランクイン。

その後、フォードとコルトが脱退。ゴーマンの旧友であるスヴェン・パイピーン(ベース)を迎え、ギタリストはリッチ1人の状態で、コロムビア・レコードに移籍し『バイ・ユア・サイド』(1999年)を制作。そして、オウドリー・フリード(ギター)を加えてツアーを行い、1999年10月にはジミー・ペイジと共演し、レッド・ツェッペリンの曲を中心に、エルモア・ジェイムズなどのカバーも取り上げた。その時の模様は、2枚組ライヴ盤『ライヴ・アット・ザ・グリーク』に収録されている。2000年にはペイジと共に来日する予定だったが、ペイジの体調の問題でキャンセルとなった。

パイピーンの解雇・フリードの正式加入・V2レコードへの移籍を経て、リッチがベースも兼任する形で『ライオン』(2001年)を制作。アンディ・ヘスをサポート・ベーシストに迎えて活動を続け、また、映画『アイ・アム・サム』のサウンドトラックに、ビートルズのカバー「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」を提供。しかし、2002年には活動を停止してしまう。クリスはクリス・ロビンソン&ザ・ニュー・アース・マッドを結成し、リッチはソロ・アルバム『Paper』(2004年)を発表。

ブラック・クロウズのライブ(2005年)

2005年3月、ロビンソン兄弟とフォード、ハーシュ、パイピーンが集まってブラック・クロウズを再結成。ドラムスはビル・ドブロウが務めたが、ほどなくオリジナル・ドラマーのゴーマンが復帰。その頃のライヴ音源が、ライヴ・アルバム『フリーク・ン・ロール...イントゥ・ザ・フォッグ~ライヴ・アット・フィルモア』として発表された。2006年にはフォードとハーシュも脱退するが、ポール・ステイシー(ギター)とロブ・クロアーズ(キーボード)を加えて活動を継続。なお、ステイシーは、ザ・ニュー・アース・マッドでクリスと活動を共にした他に、オアシスの『スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ』(2000年)以降のアルバムにサポート・メンバーとして加わってきたマルチプレイヤーである[1]。2007年8月に開始されたツアーでは、クロアーズに代わってアダム・マクドーガル(キーボード)が参加。2007年末、ステイシーに代わりルーサー・ディッキンソン(ギター)が加入。

2008年、バンド自身のレーベル「Silver Arrow」からアルバム『ウォーペイント』発表。『サザン・ハーモニー』以来久しぶりに、全米チャートのトップ10入りを果たす。

2009年、アルバム『ビフォア・ザ・フロスト』とダウンロード版アルバム『アンティル・ザ・フリーズ』を発表。 

2010年8月3日、これまで発表してきた楽曲のアコースティック・バージョンを収録したデビュー20周年記念アルバム『Croweology』発表。

同12月、無期限の活動休止に入る[2]も、3年後の2013年3月24日より行われた全英ツアーで活動を再開し、[3]、引き続き、久々の全米ツアーを敢行[4]。バンド活動と並行して、ロビンソン兄弟のソロでの新曲も連続的にネット配信された[5]が、バンドの管理権を巡るトラブルでロビンソン兄弟間の関係が再び悪化したため、2015年1月15日に再び解散したことを、リッチ本人が自身のフェイスブックのページで宣言した[6]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム

  • シェイク・ユア・マネー・メイカー英語版 - Shake Your Money Maker(1990年)
  • サザン・ハーモニー - The Southern Harmony And Musical Companion(1992年)
  • アモリカ - Amorica(1994年)
  • スリー・スネークス・アンド・ア・チャーム - Three Snakes & One Charm(1996年)
  • バイ・ユア・サイド - By Your Side(1999年)
  • Greatest Hits 1990-1999: Tribute Work in Progress (2000年) ベスト盤
  • ライオン - Lions(2001年)
  • ウォーペイント - Warpaint(2008年)
  • ビフォア・ザ・フロスト - Before the Frost...(2009年)
  • アンティル・ザ・フリーズ - ...Until The Freeze(2009年)
  • Croweology (2010年)

ライヴ・アルバム

  • Live At The Greek(2000年) - ジミー・ペイジとの共演盤
  • Live(2002年)
  • Freak 'n' Roll...Into The Fog(2006年)
  • ウォー・ペイント・ライヴ〜ライヴ・イン・L.A.アット・ザ・ウィルターン - Warpaint: Live(2009年)

注釈[編集]

  1. ^ クリスは、2002年10月22日のインタビューで、ノエル・ギャラガーを介してステイシーと知り合ったことを語っている。
  2. ^ http://www.cdjournal.com/main/news/the-black-crowes/30625 ブラック・クロウズが無期限の活動休止に、アコースティック・セルフ・カヴァー集の発売も発表 - CDJournal
  3. ^ ブラック・クロウズが約3年ぶりに活動再開│Daily News│Billboard JAPAN
  4. ^ ブラック・クロウズが活動再開、英米ツアーを発表 - amass
  5. ^ ブラック・クロウズのクリス率いるクリス・ロビンソン・ブラザーフッド、「Badlands Here We Come」と「Train Robbers」が試聴可 - amass
  6. ^ ブラック・クロウズのリッチ・ロビンソンがバンドの解散を発表 (2015/01/17) | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

関連項目[編集]

  • オールマン・ブラザーズ・バンド - ロビンソン兄弟が尊敬するバンドの一つ。『シェイク・ユア・マネー・メイカー』に、元メンバーのチャック・リーヴェル(キーボード)がゲスト参加。
  • ステレオフォニックス - ブラック・クロウズと親交が深いバンド。何度か共演歴がある他、スティーヴ・ゴーマンが一時サポート・ドラマーとして助っ人参加したこともある。
  • ブレンダン・オブライエン - 初期のアルバムでエンジニアリングを担当したプロデューサー。

外部リンク[編集]