ベガーズ・バンケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベガーズ・バンケット
ローリング・ストーンズスタジオ・アルバム
リリース 1968年12月6日
録音 1968年3月17日 - 7月25日
ジャンル ロック
時間 39:47
レーベル Decca/ABKCO (UK)
ABKCO (US)
プロデュース ジミー・ミラー
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 5of5.svg link
ローリング・ストーンズ 年表
サタニック・マジェスティーズ
(1967年)
ベガーズ・バンケット
(1968年)
スルー・ザ・パスト・ダークリー
(1969年)
テンプレートを表示

ベガーズ・バンケット(Beggars Banquet)は、ローリング・ストーンズスタジオ・アルバム

概要[編集]

長期に及んだ1967年の『サタニック・マジェスティーズ』セッションに続いて、ミック・ジャガーはバンドがその方向性を決定づけるプロデューサーが必要であると考え、1968年初めにスペンサー・デイヴィス・グループトラフィックのプロデューサーであったジミー・ミラーの招聘を決定した。結果は成功し、1973年までタッグを組んだ。

バンドは7月のリリースを目標にして3月にレコーディングを開始した。5月にリリースされた最初のシングル「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」は大ヒット、誰もが「悪魔を憐れむ歌」や「ストリート・ファイティング・マン」といったバンドの新しい方向性に興奮した一方、ブライアン・ジョーンズはそれには加わらずレコーディングへの参加は非常に少なかった。「ストリート・ファイティング・マン」でシタール、「ノー・エクスペクテーションズ」ではスライド・ギターを演奏したが、ギターの大半はキース・リチャーズによるものであった。ブライアンはスタジオに現れても何をするでもない様子で佇み、その様子はジャン=リュック・ゴダールによる『ワン・プラス・ワン』に描かれている。バンドの他のメンバーは、ブライアンの解雇と新メンバーの採用を考え始めるようになった。

6月までにイギリスでのレコーディングは終了し、最終オーバーダビングが7月にロサンゼルスで行われた。アートワークは当初トイレの落書きの写真であったが、デッカ・レコードはその提案を直ちに拒絶した。

アメリカのディストリビューターであるロンドン・レコードもデッカの決定を支持し、バンドの不満は高まった。ストーンズはその報復としてデッカとロンドンの態度が軟化するまでアルバムを提供しなかった。しかしながら11月までにストーンズは12月に招待状を真似た単純なジャケットでリリースすることを渋々認め、屈服することとなった。金色で縁取られた薄クリーム色のジャケットには「Rolling Stones Begger's Banquet」と真ん中に、左下隅に「R.S.V.P.」('Réponse s'il vous plait, ご返事願います、の略)と黒字で記入された。ビートルズが二週間前に『ホワイト・アルバム』をリリースしていたことで、幾人かの評論家はストーンズが再びビートルズを今度は単純なジャケットで真似たとして非難した。1986年のリマスターで最初拒絶されたジャケット写真が採用されることとなり、現在発売される本作ジャケットはトイレの写真が採用されている。

しかし、音楽に関してはほとんどの批評家がその曲と彼らのルーツへの回帰を高く評価、『サタニック・マジェスティーズ』で下がったバンドの評価を回復することに寄与した。イギリスでは3位、アメリカでは5位とプラチナ・アルバムを獲得し、ストーンズは彼らが進むべき方向性を確認した。

1968年12月10日・11日にバンドは本作のプロモーションとして、『ローリング・ストーンズ・ロックンロール・サーカス』と名付けられたTVショウを、ジョン・レノンエリック・クラプトンザ・フーなど多数のゲストを招いて収録した。撮影終了後にその出来に納得しなかったミックの意向で放映は取りやめとなったが、1996年にビデオとサウンドトラックがアブコ・レコードよりリリースされた。

2002年8月にアブコ・レコードよりリマスターされた上で、SACDとのハイブリッドCDとしてデジパック仕様で再発された。また、ある時期までのマスターは現行マスターに比べてピッチが若干遅く、キーが不明瞭になっている曲がいくつか存在した。

『ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・ベスト・アルバム500」に於いて57位、VH1によるグレーティスト・アルバムに於いては67位となった。

収録曲[編集]

特筆無い限り、ジャガーリチャード作詞作曲。

  1. 悪魔を憐れむ歌 - Sympathy for the Devil 6:18
  2. ノー・エクスペクテーションズ - No Expectations 3:56
  3. ディア・ドクター - Dear Doctor 3:21
  4. パラシュート・ウーマン - Parachute Woman 2:20
  5. ジグソー・パズル - Jigsaw Puzzle 6:05
  6. ストリート・ファイティング・マン - Street Fighting Man 3:15
  7. 放蕩むすこ - Prodigal Son (Rev. Robert Wilkins) 2:51
  8. ストレイ・キャット・ブルース - Stray Cat Blues 4:37
  9. ファクトリー・ガール - Factory Girl 2:08
  10. 地の塩 - Salt of the Earth 4:47