ニッキー・ホプキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nicky Hopkins
基本情報
出生名 Nicholas Christian Hopkins
出生 1944年2月24日
出身地 イングランドの旗 イングランド
死没 1994年9月6日(満50歳没)
ジャンル ロック, サイケデリック・ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 キーボード, オルガン, ピアノ, メロトロン

ニッキー・ホプキンスNicholas Christian Hopkins, 1944年2月24日 - 1994年9月6日)は、イギリスのミュージシャン。ピアノオルガンと言った鍵盤楽器を演奏し、1960年代から70年代にかけてのイギリス、アメリカにおけるポピュラー・ミュージックのセッションに多数参加した。ロック史上における重要なセッション・ミュージシャンの一人として見なされる。

経歴[編集]

ニッキー・ホプキンスはその経歴を1960年代初頭のスクリーミング・ロード・サッチ率いるサヴェージズのピアニストとしてスタートした。続いてシリル・ディヴィス・オール・スターズに参加する。

ホプキンスは若い頃からクローン病で苦しんでいた。病気とそれに伴う外科的治療は彼にとってツアーへの参加を困難な物とした。このことから彼はスタジオ・セッションにその活動の比重を置くこととなる。ただし、体調が比較的良好だった時は他のバンドのツアーにも参加したことがあり、1971年1973年ごろのローリング・ストーンズのツアーにも参加していた。

ホプキンスはセッション・ミュージシャンとしての経歴を1960年代初めのロンドンでスタートさせる。たちどころに当時のミュージック・シーンにおける売れっ子プレーヤーの一人となり、流暢で機敏なブギウギは多くのヒット・ナンバーのピアノ・スタイルに影響を及ぼした。彼はセッション・ピアニストとしてシェル・タルミーミッキー・モストといった独立プロデューサーを通じてキンクスドノヴァン、そして1965年にはザ・フーのデビュー・アルバム『マイ・ジェネレーション』の録音に参加している。彼はビートルズザ・ローリング・ストーンズジョン・レノンジェフ・ベックを含む60年代のトップ・アーティスツのレコーディングに参加した。

ザ・ローリング・ストーンズとのセッションでは『ビトウィーン・ザ・バトンズ』、『サタニック・マジェスティーズ』、『ベガーズ・バンケット』、『レット・イット・ブリード』といった作品でそのピアノ・プレイを披露している。またレット・イット・ブリードのアルバム・セッション時、キース・リチャードの到着を待つ間にミック・ジャガービル・ワイマンチャーリー・ワッツライ・クーダーとともに行ったジャムはローリング・ストーンズ・レコードから『ジャミング・ウィズ・エドワード』のタイトルでリリースされた。タイトルの「エドワード」とはホプキンスの愛称であった。その愛称を曲名にした「Edward, the Mad Shirt Grinder」はクイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィスのアルバム「Shady Grove」に収録されている(1973年のソロ・アルバムにも同曲のあらたな録音が収録されている)。

バンドのメンバーとしての活動は、1967年のジェフ・ベック・グループのアルバム『トゥルース』を録音後のUKツアーの後グループに加入、『ベック・オラ』を録音して、1969年のアメリカ・ツアーの6月グループを去り、サンフランシスコのミュージシャンと接近する。 ジェファーソン・エアプレインのキーボーディストとしてウッドストック・フェスティバルに参加、またスティーヴ・ミラー・バンドのアルバムに参加し、結局クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィスに加わりグループのアルバム制作に関わるなどして「サンフランシスコ・サウンド」の確立に貢献した。

ザ・ローリング・ストーンズとは1971年のイングランド、スコットランドのツアー、1972年の北米ツアー、そして日本公演がキャンセルさせられた1973年のオーストラリア、ニュー・ジーランドのツアー・メンバーとして活動したのち再びサンフランシスコで自分のバンドの活動をメンバーにプレイリー・プリンスとピート・シアーズで開始する。1973年にソロ・アルバム『夢見る人 The Tin Man Was a Dreamer』をリリースした。アルバムにはジョージ・ハリスン(ジョージ・オハラとクレジットされた)、ミック・テイラー、プレーリー・プリンスが参加した。同作ではホプキンスの稀な歌唱を聴くことが出来る。また1975年8月にはグレイトフル・デッドジェリー・ガルシア・バンドに参加して大晦日のカウント・ダウン・ショウまで参加した。

1975年には3枚目のソロ・アルバム「No More Changes」をリリースしているが、未だ再リリースされていない。

セッション・プレーヤーとしてホプキンスは、リハーサルをほとんど行わないことで有名であった。また、彼はセッション・スタジオで漫画本を読む習慣もよく知られていた。

サイエントロジーのメンバーで、1989年10月に国際サイエントロジスト協会(International Association of Scientologists, IAS)自由メダルを受章している。

1992年から1993年には、日本のTVドラマの音楽も手掛ける。『逃亡者』、『パ★テ★オ』、『並木家の人々』(いずれもフジテレビ系)のサウンドトラックは、ホプキンスの名義でCDも発表された。

ホプキンスは1994年9月6日にテネシー州ナッシュビルの聖トマス病院で死去した。50歳没。死因はの手術後に生じた併発症による物であった。死の直前までは彼はレイ・コールマンと共に自叙伝を執筆していた。

主な参加作品[編集]

外部リンク[編集]