スティール・ホイールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティール・ホイールズ
ローリング・ストーンズスタジオ・アルバム
リリース 1989年8月29日
録音 1989年3月29日 - 5月5日,
1989年5月15日 - 6月29日
ジャンル ロック
時間 53 35
レーベル Rolling Stones
イギリスの旗CBS UK(オリジナル盤)
VirginPolydor(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗Columbia(オリジナル盤)
Virgin→Interscope(リイシュー盤)
日本の旗CBS/SONY→Sony Records(オリジナル盤)
EMIJ/Virgin→Universal Int'l(リイシュー盤)
プロデュース クリス・キムゼイ
グリマー・ツインズ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(オーストリア[1]、ノルウェー[2]
  • 2位(イギリス[3]、オランダ[4]、スイス[5]、スウェーデン[6]
  • 3位(アメリカ[7]、ニュージーランド[8]
  • 5位(日本[9]
  • 7位(オーストラリア[10]
ローリング・ストーンズ 年表
ダーティ・ワーク
(1986年)
スティール・ホイールズ
(1989年)
フラッシュポイント
(1991年)
テンプレートを表示

スティール・ホイールズ(Steel Wheels)は、1989年にリリースされた、ローリング・ストーンズのアルバム。前作の『ダーティ・ワーク』以来、険悪な仲にあったミック・ジャガーキース・リチャーズの関係が修復され、8年ぶりのワールド・ツアーが行われることとなったアルバム。また、ビル・ワイマンが参加した最後のアルバムでもある。レコーディングは、カリブ海の英領モントセラトのエア・スタジオで行われた。

本作から、リリースのフォーマットがLPからCDに本格的に移行したと言える。通常ケース入りのCDに加え、メタルケース入りのCDや、数多くのシングルCD、リミックスCDが発売された。

1989年7月に、本作の発表記者会見がニューヨークのグランド・セントラル駅で行われ、同時に大規模なワールド・ツアーの開催が発表された。

1994年に、本作はヴァージン・レコードによってリマスターの上再発売され、2009年にはユニバーサル・ミュージック・グループによって更なるリマスターで再々発売された。

曲目[編集]

特筆無い限りジャガーリチャーズ作詞作曲。

  1. サッド・サッド・サッド - Sad Sad Sad 3:35
  2. ミックスト・エモーションズ - Mixed Emotions 4:39
  3. テリファイング - Terrifying 4:53
  4. ホールド・オン・トゥ・ユア・ハット - Hold on to Your Hat 3:32
  5. ハーツ・フォー・セール - Hearts for Sale 4:40
  6. ブラインデッド・バイ・ラヴ - Blinded by Love 4:37
  7. ロック・アンド・ア・ハード・プレイス - Rock and a Hard Place 5:25
  8. キャント・ビー・シーン - Can't Be Seen 4:10
  9. オールモスト・ヒア・ユー・サイ - Almost Hear You Sigh (Mick Jagger/Keith Richards/Steve Jordan) 4:37
  10. コンチネンタル・ドリフト - Continental Drift 5:14
  11. ブレイク・ザ・スペル - Break the Spell 3:07
  12. スリッピング・アウェイ - Slipping Away 4:30

ワールド・ツアー[編集]

本作リリース後、「THE ROLLING STONES Steel Wheels North American Tour 1989」と題されたワールド・ツアーが、1989年8月12日にコネチカット州のトーズ・プレイスという小クラブでのウォームアップ・ギグ後、ペンシルベニア州フィラデルフィアベテランズ・スタジアム公演を皮切りに北米で60公演行われた。初の来日公演は「Steel Wheels Japan Tour 1990」と題され、1990年2月14日から27日まで東京ドームで10公演行われた。その後のヨーロッパ公演は「Urban Jangle Tour」と題され、45公演行われた。

なお、このツアーは、ブライアン・ジョーンズとイアン・スチュワートに捧げられている。

脚注[編集]