シェイカー (楽器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シェイカー(Shaker)とは、物を振ってリズムを刻む楽器のこと。主にラテン音楽で使用されるが、現代音楽でも繁用されている。

構造・材質[編集]

密封できる、中空の物に、砂や、小石を入れた物であれば、全てシェイカーと言える。外側の材質としては、ヒョウタンや、ヤシの実、蔓を編んだカゴ、金属を用いる。安価な製品であれば、プラスチック製の物もある。

奏法[編集]

リズムよく振るのが基本的な奏法であるが、この際「サッ、サッ」と言う後を引く様な形ではなく「チッ、チッ」と言う短く歯切れの良い音を出すようにするとよい。また、トレモロ奏法もある。

特殊な演奏方法として、シェイカー自体を膜鳴楽器のバチとして使用することがある。

種類[編集]

  • マラカス(マラカと言うヤシ科の植物の実に砂を入れたものが原型)
  • カシシ(ブラジルの民族楽器で、カゴの中に小石を入れたもの。これ自体を叩いて音を出す事も出来る。)
  • ガンザサンバなどで使うブラジル製のもの。別名が多数有るが、金属製の円柱の中に砂等を入れたもの。ギロと一体になった物もある。)
  • ショカーリョ(リオのカーニバルなど大規模なサンバパレードで使うタイプ。両手で持って振るもの)
  • レインスティック(雨の擬音が出るようになったもの)

参考文献[編集]

  • 網代啓介、岡田知之著 『新版 打楽器事典』 音楽之友社、1994年 ISBN 4276001617