アズ・ティアーズ・ゴー・バイ (涙あふれて)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アズ・ティアーズ・ゴー・バイ
ローリング・ストーンズ楽曲
収録アルバム ディッセンバーズ・チルドレン
リリース 1966年2月4日UK
1965年11月US
規格 レコード
録音 1965年10月26日
ジャンル ロック
バラード
時間 2分47秒
レーベル デッカ・レコードアブコ・レコードUK
アブコ・レコード(US
作詞者 ジャガーリチャーズアンドリュー・ルーグ・オールダム
作曲者 ジャガー/リチャーズ/オールダム
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
その他収録アルバム
カバー
ディッセンバーズ・チルドレン 収録順
アイム・フリー
(8)
アズ・ティアーズ・ゴー・バイ
(9)
ガッタ・ゲット・アウェイ
(10)

「アズ・ティアーズ・ゴー・バイ (涙あふれて)」(As Tears Go By)は、ミック・ジャガーキース・リチャーズ並びにアンドリュー・ルーグ・オールダムの作詞作曲による、ローリング・ストーンズ楽曲。後述するように、マリアンヌ・フェイスフルの代表的楽曲としても知られる。

解説[編集]

元々、1964年マリアンヌ・フェイスフルのデビュー曲として提供するために作られた楽曲であり、当初のタイトルは「As Time Goes By」といったが、ハンフリー・ボガート主演の1942年映画カサブランカ』で使われた同タイトルの映画主題歌などもあったため、その後歌詞などを改変し、現行のタイトルに落ち着いている。なお、ローリング・ストーンズによる演奏は、厳密にはセルフカバーと言うべきである。作詞作曲者にジャガー、リチャーズに加え、マネージャーのアンドリュー・ルーグ・オールダムが加わっている。

ローリング・ストーンズがレコーディングするに当たっては、メンバーの演奏はキース・リチャーズのアコースティック・ギターのみで、その他に弦楽四重奏が加えられている(アレンジャーはマイク・リーンダー。ちなみに彼は後に、ビートルズの『シーズ・リーヴィング・ホーム』のストリングスアレンジも手がけることになる)が、この事象を以てして、ビートルズの『イエスタデイ』の模倣という批評を受けることになってしまう。

本曲は英米両国に於いてシングルカットされているが、その取り扱いは英米で異なっている。イギリスでは『19回目の神経衰弱』のカップリング曲として1966年2月4日にリリースされたのに対して、アメリカに於いてはシングルA面として(カップリング曲は「ガッタ・ゲット・アウェイ」)1965年12月にリリースされ、翌年1月22日ビルボードHOT 100で最高位6位を記録している。

また、本曲はビートルズがドイツ語で『抱きしめたい』や『シー・ラヴズ・ユー』をレコーディングし、ドイツ向けにリリースした影響からか、イタリア語による歌詞が作られ、イタリア語版によるレコーディングが行われ、実際にイタリア・デッカから『CON LE MIE LACRIME』のタイトルでシングル盤がリリースされている(1966年5月2日リリース。録音は同年3月。カップリング曲は『ハート・オブ・ストーン』)。バックの演奏はハープシコードなどの入った別テイクである。イタリア語訳をしたのはイギリス在住の詩人・ダンパなる人物。イタリア語版には前述の3人に加えてダンパの名前も作者としてクレジットされた。

ライブではほとんど取り上げられてこなかった曲だが、2008年に公開されたマーティン・スコセッシ監督の映画『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』及び同サウンドトラックに本曲のライブヴァージョンが初めて収められた。

収録アルバム[編集]

主なもののみ列挙する。

マリアンヌ・フェイスフルの作品[編集]

前述の通り、本作はマリアンヌ・フェイスフルのデビュー曲でもある。この曲提供については、アンドリュー・ルーグ・オールダムが、彼女の当時の夫でもあったジョン・ダンバーが知り合いだったことに端を発している。詳細はマリアンヌ本人の項に譲るが、1964年に発表された本作及びその他のヒット曲により、彼女はポップ・アイドルとしての地位を確立した。

しかし、曲を作った一人でもあるローリング・ストーンズのミック・ジャガーと男女関係に陥り、その後ドラッグスキャンダルやミックとの破局を迎えるなどにより身体にも変調を来したことから、彼女の声は大幅に変質してしまった。その変質した声の時期に再び本作をレコーディングし、再度リリースしており、こちらも大きな話題をさらっている。