リック・ダンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リック・ダンコ
}
基本情報
出生名 リチャード・クレア・ダンコ
Richard Clare Danko
出生 1942年12月29日
出身地 カナダオンタリオ州
グリーンズ・コーナーズ
死没 1999年12月10日(満56歳没)
アメリカ合衆国ニューヨーク州マーブルタウン
ジャンル ロックンロール,R&B,
ロック, ブルース,
カントリー・ミュージック,
フォーク・ミュージック
職業 歌手ベーシスト
担当楽器 ,ベースギター,
コントラバス, バイオリン,
ギター, マンドリン,
アコーディオン, トロンボーン
活動期間 1960年1999年
レーベル キャピトル・レコード
アリスタ・レコード
ライコディスク
ウッドストック
ブリーズ・ヒル
共同作業者 ザ・バンド
ザ・リック・ダンコ・バンド
エリック・アンデルセン
Jonas Fjeld
リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンド
リヴォン・ヘルムthe Hawks
ロニー・ホーキンズ
ボブ・ディラン

{{{Influences}}}

リック・ダンコRick Danko1942年12月29日 - 1999年12月10日)は、カナダオンタリオ州グリーンズコーナー出身のアーティストザ・バンド (the band) のメンバーとして知られる。本名は、リチャード・クレア・ダンコ。ザ・バンド時代はヴォーカル、ベース、ギター、フィドルなどを担当した。

履歴[編集]

カナダオンタリオ州南西部の田舎町シムコーの農家に生まれる。幼い時から親族の宴会で演奏されていたカントリーミュージックに親しみ、楽器を弾いたりハンク・ウイリアムスの曲を歌うなど音楽的才能に恵まれていた。さらにサム・クックなどのソウルミュージックや地元の農家で婚礼に演奏されたポルカなどをも好み、その後の彼の音楽性に大きな影響を及ぼす。故郷でバンドを結成するがほどなくして市内の精肉業で働くようになる。1961年、たまたま地元を巡業していたロニー・ホーキンスにスカウトされバックバンドのホークスに加入しベースギターを担当する。その後、ボブ・ディランのバンドとなり、「火の車」などをディランと共作する。 1968年のザ・バンド結成後は力強いベースと渋みのあるヴォーカルで存在感を示し、特に後期のアルバム「南十字星」に納められた「同じことさ!」の歌声は高く評価されている。

ザ・バンド解散後はソロ活動に転じ、1977年、アルバム「Rick Danko」をリリース。1983年には、ザ・バンドの再結成に参加した。以後1999年に亡くなるまでメンバーとして活動。3枚のアルバムにも参加している。

1997年5月6日ジェリー・ガルシアのトリビュート (Dead Heads Festival)、ダンコ・フィヨルド・アンダーセンとしての活動のため滞在していた日本で、米国にいる妻にヘロインをホテル宛に送らせた罪で逮捕。7月24日、千葉地裁にて彼の有罪が確定し、強制送還となった[1]

1999年12月10日ニューヨーク州マーブルタウンの自宅にて、就寝中に死去した[2]

ディスコグラフィ[編集]

  • 1977年 Rick Dankoリック・ダンコ
  • 1991年 Rick Danko/Jonas Fjeld/Eric Andersen (ダンコ・フィエル・アンダースン)
  • 1994年 Ridin' On The Blinds/Danko Fjeld Andersen (ライディン・オン・ザ・ブラインズ)
  • 1997年 In Concert (日本未発表)
  • 1999年 Live On Breeze Hill/Rick Danko Band (ライヴ・オン・ブリーズ)
  • 2000年 Times Like These
  • 2001年 One More Shot/Danko Fjeld Andersen (日本未発表)
  • 2001年 タイム・ライク・ディーズ+ライブ・オン・ブリーズ・ヒル~メモリアル・エディション~ (日本盤のみ)
  • 2005年 Cryin' Heart Blues (クライン・ハート・ブルース)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]