ハンク・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンク・ウィリアムズ
Hank Williams
ハンク・ウィリアムズ(WSMラジオの宣伝用写真・1951年)}
ハンク・ウィリアムズ(WSMラジオの宣伝用写真・1951年)
基本情報
出生名 ハイラム・キング・ウィリアムズ
Hiram King Williams
別名 Hank Williams
Hank Williams I
Hank Williams, Sr.
Luke the Drifter
Hank Senior
The Lovesick Blues Boy
Lovesick
出生 1923年9月17日
Mount Olive, Alabama
出身地 アメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリー
死没 1953年1月1日(29歳)
Oak Hill, West Virginia
ジャンル カントリー音楽westernゴスペルブルースホンキートンクフォーク
職業 シンガーソングライター音楽家
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1937年 - 1953年
レーベル スターリング, MGM
共同作業者 ドリフティング・カウボーイズ
公式サイト www.hankwilliams.com

ハンク・ウィリアムズ[1](Hank Williams、本名:ハイラム・キング・ウィリアムズ、Hiram King Williams、1923年9月17日 - 1953年1月1日)は、カントリー音楽の歴史において最も重要な人物のひとりと見なされている、アメリカ合衆国シンガーソングライター音楽家1947年から、29歳で亡くなった1953年の最初の日までの短い間に、ウィリアムズは、「ビルボード」のカントリー&ウェスタン・チャートにおいて、1位になった11枚を含め、トップ10入りした35枚のシングル盤を録音した(このうち5枚は、ウィリアムズの死後にリリースされた)。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第27位[2]

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第74位。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第59位[3]

父イロンゾ・ウィリアムズ(Elonzo Williams)は、鉄道会社に勤め、しばしば異動があり、一家はアラバマ州南部の数カ所を転居した。父イロンゾが病気で8年間することがあり、その間に残された家族は自活を余儀なくされた。幼いウィリアムズは、二分脊椎症のために健康を害していたが、母と姉の手伝いをした。アラバマ州ジョージアナGeorgiana)に住んでいたときに、ウィリアムズはルーファス・"ティー=トット"・ペインRufus "Tee-Tot" Payne)という黒人の路上演奏者に出会い、食事の提供と交換にギターを習った。ペインはウィリアムズの後の音楽のスタイルに大きな影響を与えた。この頃、ウィリアムズは、非公式にだが名前をハンクと改めた。その方がカントリー音楽らしいと思ったのである。

アラバマ州モンゴメリーに住んでいたとき、ティーンエイジになっていたウィリアムズは、地元のラジオ局WSFAのスタジオ前の歩道で、ギターを弾きながら歌っていることがよくあった。首尾よくWSFAのプロデューサーたちの関心を引くことができたウィリアムズは、1937年から、15分番組で歌と司会を務めるようになった。バックを務めるバンドとして結成したザ・ドリフティング・カウボーイズは、ウィリアムズの母がマネジメントを引き受けた。ウィリアムズは学校を辞め、全ての時間を使って音楽の仕事に打ち込んだ。

1941年第二次世界大戦に合衆国が参戦すると、バンドのメンバーの数人が徴兵されてしまう。二分脊椎症のために徴兵されなかったウィリアムズは、代わりのメンバー探しに手こずった。このことと、健康の問題に自分なりに対処しようとして飲み始めた酒の問題が大きくなり、やがてWSFAはウィリアムズを解雇した。1943年、ウィリアムズはオードリー・シェパードAudrey Sheppard)と結婚し、彼女はステージでウィリアムズとデュエットで歌うとともに、マネージャー役を果たすようになった。スターリング・レコードSterling Records)から「Never Again」と「Honky Tonkin'」を出した後、ウィリアムズはMGMレコードMGM Records)と契約を結んだ。1948年、ウィリアムズは「Move it on Over」をリリースし、ヒットとなった。この年、ウィリアムズは、当時ラジオ番組だった『Louisiana Hayride』に出演するようになった。1949年には「Lovesick Blues」をリリースし、これによって音楽界の主流の仲間入りをする。やがて、最初は断られた『グランド・オール・オプリ』への出演も実現した。1948年から1953年までの間に、ウィリアムズは11曲を(「ビルボード」のカントリー&ウェスタン・チャートの)1位に送り出したが、楽譜の読み書きはほとんどできなかった。ウィリアムズのヒット曲には、このほか、「Your Cheatin' Heart」、「Hey Good Lookin'」、「I'm So Lonesome I Could Cry」などがある。

ウィリアムズは、思わしくない背中の状態に由来する痛みを和らげるため、アルコールモルヒネをはじめ、様々な鎮痛剤を服用していたが、1952年には、それが私生活でも、職業生活においても問題を引き起こすようになっていた。ウィリアムズは、何度も深酒で酩酊し、そのために離婚し、『グランド・オール・オプリ』から解雇された。1953年1月1日、コンサートへ赴く途中、ウィリアムズは医師にビタミンB12とモルヒネの混合液を注射してもらったが、既にアルコールと抱水クロラールを摂取していたこともあって、致命的な心臓発作に見舞われた。ウィリアムズは、まだ29歳だった。短い人生ではあったが、ハンク・ウィリアムズはカントリー音楽に多大な影響を残した。

ウィリアムズの曲は、他の数多くの歌手たちによっても録音され、ポップゴスペルブルースロックなど様々なスタイルでヒットした曲も多かった。ウィリアムズの曲をカバーした歌手たちの例としては、ウィリー・ネルソンタウンズ・ヴァン・ザントTownes Van Zandt)、ボブ・ディランレナード・コーエンケイクケニー・ランキンKenny Rankin)、ベック・ハンセンジョニー・キャッシュトニー・ベネットザ・レジデンツパッツィ・クラインレイ・チャールズルイ・アームストロングトム・ウェイツなどが挙げられる。ウィリアムズは多数の栄誉に輝いていており、ロックの殿堂入りも果たしている。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

アラバマ州ジョージアナに残るハンク・ウィリアムズの少年時代の家。現在は博物館になっている。

ウィリアムズの両親、イングランド系の父イロンゾ・ハブル・"ロン"・ウィリアムズ(Elonzo Huble "Lon" Williams)[4]と、母ジェシー・リリーベル・"リリー"・スキッパー(Jessie Lillybelle "Lillie" Skipper)は、1916年11月12日にJ・C・ダンラップ師(Reverend J.C. Dunlap)の司式で結婚した。イロンゾの母アン・オートリー・ウィリアムズ(Anne Autrey Williams)は、イロンゾが6歳のときに自殺し、父はその11年後に亡くなった。以降、イロンゾは孤児となった。第6学年で学校を退学したイロンゾは、森林伐採現場で、給水などをする雑用係として働き始めた。やがてイロンゾは、W・T・スミス木材会社(the W.T. Smith lumber company)の鉄道部門で機関士となった。イロンゾが求婚したとき、ジェシー・スキッパーはアラバマ州ジョージアナの近くでミクソン(Mixon)家が所有していた農場に住んでおり、イロンゾの近くにいた。2人は、しばらくの間ミクソン農場に住んだ後、アラバマ州マウント・オリーブMount Olive)地域に小屋を借りた。2人は家の脇に小さな店を設け、イチゴの栽培にも取り組んだ。第一次世界大戦が始まると、イロンゾは徴兵され、1918年7月から1919年6月まで軍務についた。その間に、トラックから落ち、鎖骨を折る重傷を負ったが、辛うじて頭部は強く打たずに済んだ。イロンゾ・ウィリアムズが戦争から戻ってきた後、最初の子どもアイリーン(Irene)が1922年8月8日に生まれた。次に生まれた男の子は、産後間もなく亡くなった[5]。ハンク・ウィリアムズは、 イロンゾとリリーの間の3人目の、最後の子どもとして1923年9月17日にマウント・オリーブで生まれた。名前は、旧約聖書の人物ヒラムフリーメイソンの伝説によれば、メイソンの起源のひとり)にちなんでハイラムと名付けられたが、出生証明書には誤った綴り字で「Hiriam」と記された[4]

子どもの頃のハイラムは、家族からは「ハーム (Harm)」と呼ばれ、友達からは「ハーキー (Herky)」とか「スキーツ (Skeets)」と呼ばれていた。彼は、脊椎の形成不全による二分脊椎症の疑いがある状態で生まれ、そのため生じる痛みに一生苛まれ続けた。後年、アルコールや薬物に溺れるようになった原因は、この痛みにあった。材木会社の鉄道員だった父イロンゾは、会社の命令でしばしば勤務地を移った。このため一家は、アラバマ州南部のあちこちで生活した。1930年、ハイラムが7歳だったとき、父は顔面麻痺を患い始めた。退役軍人局Veterans Affairs, VA)のフロリダ州ペンサコーラの病院で、脳動脈瘤が原因と診断された後、イロンゾはルイジアナ州アレクサンドリアAlexandria)の退役軍人医療センターへ送られた。イロンゾは8年間にわたって入院し、ハイラムの子ども時代に父はずっと不在であった。イロンゾの入院後、リリー・ウィリアムズは家族を支えなければならなくなった。1933年、ウィリアムズ一家はアラバマ州ファウンテン(Fountain)に移り、伯父伯母にあたるウォルターとアリスのマクニール夫妻(Walter and Alice McNeil)と一緒に住んだ。1934年秋、一家はグリーンビルGreenville)に移り、母リリーは、バトラー郡裁判所の隣で、下宿屋を営み始めた。1935年、ウィリアムズ一家はガーランド(Garland)に落ち着き、リリー・ウィリアムズは新しい下宿屋を経営していた。その後しばらくして、一家は、従兄弟のオパール・マクニール(Opal McNeil)とともにジョージアナに移り、世界恐慌下の厳しい経済環境にも関わらず、リリーはいろいろな副業を見つけながら子どもたちを育てた。昼は缶詰工場で働きながら、地元の病院で夜勤の看護婦としても働いた。ハイラムとアイリーンも、ピーナッツを売ったり、靴磨き新聞配達をしたり、その他諸々の単純な仕事を引き受けていた。ジョージアナで最初に住んだ家は、火事で焼失し、一家は財産を全て失ってしまう。一家は、町の反対側のローズ・ストリート(Rose Street)の新しい家へ移り、母リリーはここでまた下宿屋を始めた。この家には小さな庭があり、そこを畑にして作った様々な作物を、ハンクと姉アイリーンは、ジョージアナのあちこちに売りに行った。連邦下院議員だったJ・リスター・ヒルの支援を得て、一家はイロンゾの軍人障害年金を受け取れるようになった。イロンゾの入院という状況にありながら、一家は世界恐慌の期間を経済的に何とか乗り切って行くことができた[6]

もともとポピュラー・ソングだった「My Bucket's Got a Hole in It」を、ハンク・ウィリアムズは1949年にヒットさせた。

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ウィリアムズが最初のギターを手に入れた事情については、いくつかの異なる話が伝えられている。母は、ピーナッツを売って得たお金で彼女が買い与えたと述べているが、自分がギターを買い与えたのだと主張する有力な町の住民が少なからずいる。ジョージアナに住んでいたときに、ウィリアムズはルーファス・"ティー=トット"・ペイン(Rufus "Tee-Tot" Payne)という黒人の路上演奏者に出会い[5]、リリーが作る食事の提供と交換にギターを習った。ペインの音楽スタイルの基にはブルースがあった。ペインがウィリアムズに教えた、コードコード進行、ベース音の進行、伴奏のスタイルは、後年の曲づくりに大いに活かされることになった。後にウィリアムズは、かつてペインが教えてくれた曲のひとつ「My Bucket's Got a Hole In It」を録音した[7]最終的にウィリアムズが作り上げたスタイルには、ペインからの影響に加えジミー・ロジャーズJimmie Rodgers)などカントリー歌手たちからの影響も盛り込まれていた[8]1937年、ウィリアムズは、指示された練習内容をめぐって体育のコーチと喧嘩沙汰になった。母は教育委員会にコーチを辞めさせるよう要求したが断られ、一家はモンゴメリーに移り、これ以降、ペインとウィリアムズ一家は接触を失った。ペインもやがてモンゴメリーへ移ったが、1939年に貧困の中で死んだ。後にハンク・ウィリアムズは、ペインは自分にとって唯一の教師だったと述べている[9]

初期の活動[編集]

1937年7月、ウィリアムズ/マクニール一家は、モンゴメリー中心部のサウス・ペリー・ストリート(South Perry Street)に下宿屋を開いた。この頃、ハイラムは自分の名前を非公式にハンクと改めることを決めた。その方が、自分の望みであるカントリー音楽に関わる仕事にふさわしいと思ったからだ、と本人が語っている。学校の放課後や、週末になると、ウィリアムズは、シルバートーンのギターを抱えて、地元のラジオ局WSFAのスタジオ前の歩道で、ギターを弾きながら歌った。首尾よくWSFAのプロデューサーたちの関心を引くことができたウィリアムズは、ときどきスタジオ内に呼ばれて、放送で歌うことができた。多くのリスナー(聴取者)がラジオ局に、この「歌う坊や (singing kid)」をもっと聴きたいというリクエストを寄せたので、プロデューサーたちはウィリアムズを週給15ドルで雇い、週2回、15分間の番組を持たせた(当時の15ドルは、2011年の価値では230ドル程度(およそ2万円)に相当する[10])。当時のアラバマ州知事ギブ・グレイヴスBibb Graves)も、この放送を聴いていたひとりだった[4]1938年8月、父イロンゾ・ウィリアムズが病院から一時帰宅した。イロンゾは前ぶれなくモンゴメリーの自宅に現れた。リリーは家長としての立場をイロンゾに渡したくないと考えていたので、イロンゾは息子の誕生日を祝う9月まで家にいたものの、やはてルイジアナの医療センターに戻っていった[5]

ウィリアムズは、ラジオ番組が成功したことで、音楽で身を立てる準備ができた。受け取っていた給料は、ザ・ドリフティング・カウボーイズと名付けた自前のバンドを始めるのに十分な金額であった。最初のメンバーは、ギターのブラックストン・シューファート(Braxton Schuffert)、フィドルのフレディ・ビーチ(Freddie Beach)、お笑い担当のスミス・"ヘジー"・アデア(Smith "Hezzy" Adair)であった。ジェームズ・E・ポーター(James E. Porter)、通称ジミー・ポーター(Jimmy Porter)は、ウィリアムズのバックでスティール・ギターを弾き始めたときには13歳で、最も年少のメンバーだった。アーサー・ホワイティング(Arthor Whiting)も、ザ・ドリフティング・カウボーイズのギターを担当していた。バンドを組んだウィリアムズは、アラバマ州の中部から南部にかけて、各地のクラブや私的なパーティーなどでの演奏旅行を行なった。1939年10月に、ウィリアムズは学校から退学し、ザ・ドリフティング・カウボーイズはフルタイムで働けるようになった。その後、フィドルのジェームズ・エリス・ガーナー(James Ellis Garne)がバンドに参加した。母リリー・ウィリアムズはバンドのマネージャーとなり、スケジュールの管理や、出演料の交渉を行い、公演会場まで送迎する車の運転をすることもあった。それまで優先されていたウィリアムの通学という制約が無くなったことで、バンドはジョージア州西部や、フロリダ州西部(いわゆる Florida Panhandle)にまで、足を伸ばすようになった。そうした中でも、ウィリアムズは週中の平日にはモンゴメリーへ戻り、ラジオ番組の放送を続けた[4]1941年にアメリカ合衆国が第二次世界大戦に参戦すると、ウィリアムズにとっては苦難の時代が始まった。バンドのメンバーは全員が徴兵され、その代わりに入ったメンバーは、悪化するウィリアムズのアルコール依存を嫌って、バンドに留まることを断った。ウィリアムズは、酔った状態でラジオ番組に出演するようになり、1942年8月にはWSFAに「飲酒癖」を理由に解雇されてしまった。その後、戦時中のウィリアムズは、アラバマ州モービルの造船会社で働いていた。アラバマ州にいたとき、ウィリアムズは、『グランド・オール・オプリ』のスターで、憧れの的だったロイ・エイカフRoy Acuff)に初めて会った[11]。後に、エイカフは、アルコールの危険をウィリアムズに警告して、「君は百万ドルの声をもっているが、10セントの脳しか持ち合わせていない」と言ったという[12]

1940年代[編集]

1943年、ウィリアムズはオードリー・シェパードと出会い、結婚した。オードリーはマネージャーとして夫ハンクの売り出しに務めた(彼女はまたライブでハンクとデュエットで歌うこともあった)。ハンク・ウィリアムズは局地的に知られた有名人となっていった。1945年、モンゴメリーに戻ってきたウィリアムズは、最初の歌集『Original Songs of Hank Williams』を出版し、再びWSFAに出演し始めた。1946年9月14日、ウィリアムズは『グランド・オール・オプリ』のオーディションを受けたが、採用されなかった。ウィリアムズは、フレッド・ローズFred Rose)と自作曲6曲について契約を結んだ。ローズは、ウィリアムズに代わって、この6曲をスターリング・レコードに売り込んで契約をとった。1946年12月11日、初めてのレコーディング・セッションで、ウィリアムズは、「Wealth Won't Save Your Soul」、「Calling You」、「Never Again」、「When God Comes and Gathers his Jewels」の4曲を録音した[11]。「Never Again」と「Honky Tonkin'」は、重要なヒット作となった

Nuvola apps arts.svg 音楽・音声外部リンク
Nuvola apps arts.svg "Lovesick Blues"
大ヒット曲「Lovesick Blues」はハンク・ウィリアムズをカントリー音楽のメインストリームに押し上げ、『グランド・オール・オプリ』の常連出演者にした。

1947年、ウィリアムズはMGMレコードMGM Records)と契約し、「Move It On Over」をリリースして、大ヒットさせた。1948年8月、この年、ウィリアムズは、当時ラジオ番組で、ルイジアナ州シュリーブポートから放送されていた『Louisiana Hayride』に出演するようになり、南東部全域の居間で歌声が流れるようになった。その後、そこそこのヒットが数曲続いた後、レックス・グリフィンRex Griffin)の歌で知られていたエメット・ミラーEmmett Miller)作品のカバー「Lovesick Blues」が大ヒットとなり、ウィリアムズは主流の音楽の聴衆にも聴かれるようになって、『グランド・オール・オプリ』への出演も実現した[13]1949年6月11日、ウィリアムズは『グランド・オール・オプリ』に初出演し、それまでの誰よりも多い、6回のアンコールを受けた[14]。一緒に演奏したのはギターのボブ・マクネット(Bob McNett)、ベースヒラス・バトラムHillous Butrum)、フィドルジェリー・リバースJerry Rivers)、スティール・ギタードン・ヘルムズDon Helms)で、これが最も有名なドリフティング・カウボーイズの編成となった。当時の出演料は1回1,000ドルと推定されているが、これは2011年の価値に換算すると 9,174ドルに匹敵する[10]。この年、オードリー・ウィリアムズは息子ランドール・ハンク・ウィリアムズ(ハンク・ウィリアムズ・ジュニア)を生んだ[15]。「Lovesick Blues」に続いて、1949年のうちに、「Wedding Bells」、「Mind Your Own Business」、「You're Gonna Change (Or I'm Gonna Leave)」、「My Bucket's Got a Hole in It」など、7曲のヒットを出した[16]

1950年代[編集]

ルーク・ザ・ドリフター[編集]

Nuvola apps arts.svg 音楽・音声外部リンク
Nuvola apps arts.svg "Beyond the Sunset"
ウィリアムズによるルーク・ザ・ドリフターとしての録音。歌ではなく語りであるのが特徴。

1950年、ウィリアムズは「ルーク・ザ・ドリフター (Luke the Drifter)」名義で宗教的テーマでの吹き込みを始めたが、その多くの内容は歌ではなく朗読であった。ラジオのディスク・ジャッキーやジュークボックスの運営者が、これまでとは全く違うこうした作品を取り上げないのではないか、また既に築いた自分の名前の商品価値を傷つけるのではないか、と恐れたウィリアムズは、変名でこうした作品を発表することにした[17]。ルーク・ザ・ドリフターは、特に「The Funeral」という作品がきっかけとなって黒人たちの間で評判になった。これは、黒人教会における子どもの葬儀の際の牧師の説教を表現したものであった[18]。黒人たちの間での人気は、ウィリアムズの師であったルーファス・ペインに示唆を得て描き出された、登場人物のステレオタイプへの反応によるものであった[7]。ルーク・ザ・ドリフターの歌は、しばしば地方独特の生活と、人生の哲学を表したものであった[19]。ドリフター(流れ者)は、この地方を放浪し、様々な人物の話を語っていった[20]。作品の中には、パイプオルガンの伴奏付きのものもあった。一説によれば、ウィリアムズが、ルーク・ザ・ドリフターという別人格を作り上げたのは、自らの人格のバランスをとるためであったとも言われている[17]

この頃のウィリアムズは、「My Son Calls Another Man Daddy」、「They'll Never Take Her Love from Me」、「Why Should We Try Any More?」、「Nobody's Lonesome for Me」、「Long Gone Lonesome Blues」、「Why Don't You Love Me?」、「Moanin' the Blues」、「I Just Don't Like This Kind of Livin'」など、それまで以上に多くのヒット曲を送り出していた[21]1951年には、「Dear John」がヒットしたが、そのB面だった「Cold, Cold Heart」は、ウィリアムズを代表する曲になっていった。同年、この曲をポップ系の編曲でカバーしたトニー・ベネットの盤は、27週間チャートに居座り、1位も獲得した[22]

晩年の活動[編集]

1951年、テネシー州で狩猟の旅に出ていたとき、古傷であった背中の痛みが再発し、ウィリアムズは痛みを和らげようと、再び鎮痛剤モルヒネを含む)を服用し、アルコールを摂取するようになった[15]1952年になると、ウィリアムズのアルコール依存症は一層悪化していき、8月11日には、繰り返し酩酊状態で現れたことを理由に『グランド・オール・オプリ』をクビになってしまった。ウィリアムズは、KWKHの『Louisiana Hayride』に復帰し、この番組のためにツアーを再開した。ウィリアムズの演奏は彼が素面のときには賞賛されたが、仕事仲間たちが彼を素面で舞台に上げようと努めたにもかかわらず、過剰な飲酒によって公演に現れなかったり、酷い演奏しかできないことが、しばしば起こった。1952年9月23日に行なわれた、レコーディング・セッションでは「Kaw-Liga」、「Your Cheatin' Heart」、「Take These Chains from My Heart」が録音されたが、これが彼の最後のレコーディングとなった[23]。ウィリアムズの行き過ぎた状態に、フレッド・ローズは仕事の協力を止めてしまった。ザ・ドリフティング・カウボーイズも、この頃にはレイ・プライスRay Price)のバックを務めており、ウィリアムズは各地で地元のバンドに伴奏を求めていた。1952年の年末には、ウィリアムズは心臓も患うようになっており[15]、痛みを緩和するために、強力な抗不安薬である抱水クロラール睡眠薬の一種)を、ホレース・ラフォル・"トビー"・マーシャル医師(Dr. Horace Raphol "Toby" Marshall)に処方されていた[24]

[編集]

アラバマ州モンゴメリー郊外のオークウッド・アネックス墓地の入口にある案内標識

1952年12月31日、ウィリアムズはウェストバージニア州チャールストン市立公会堂で演奏する予定になっていた。前売り券は3,500ドルを売り上げていた(2011年の価値では29,092ドル程度(およそ240万円)に相当する[10])。ところが、ナッシュビル周辺でいわゆる氷嵐(ice storm:雨氷を生じる着氷性の雨をともなった)が発生し、飛行機での移動ができなくなったため、ウィリアムズはチャールズ・カー(Charles Carr)という大学生を運転手に雇い、車でコンサート会場へと向かった。しかしカーは、途中のテネシー州ノックスビルから公会堂に電話を入れ、氷嵐のために約束した時間には間に合わないこと、既にウィリアムズからは、翌日の新年元日コンサートが予定されているオハイオ州カントンへ向かうよう指示されていることを知らせた[24]

ウィリアムズは、ノックスビルのアンドリュー・ジョンソン・ホテルthe Andrew Johnson Hotel)に午後7時8分に到着し、ロビーですぐに2人分のステーキを注文した。ウィリアムズはまた、自分のために医者を呼ぶよう求めた。モンゴメリーからノックスビルまでの途上で、彼は抱水クロラールとアルコールを摂取しており、その飲み合わせの影響を感じていた。カードウェル医師(Dr. P.H. Cardwell)は、ウィリアムズにビタミンB12を2本注射したが、それには1/4グレーン(16ミリグラム)ほどのモルヒネが配合されていた。カーとウィリアムズは同日午後10時45分ころにチェックアウトした。ホテルのポーターたちは、しゃっくりを続けるウィリアムズを抱え、車まで運ばなければならなかった。やがて州境を越えてウェストバージニア州に入り、ブルーフィールドBluefield)に到着したところで、カーはレストランで車を停め、ウィリアムズに食事をするか尋ねた。ウィリアムズは、いらないと答えたが、これが彼の最後の言葉だと信じられている。カーはそのまま車を進め、ウェストバージニア州オーク・ヒルOak Hill)の給油所に立ち寄ったが、このときカーは、ウィリアムズが後部座席で寝込んでいるのに気がついたが、呼んでも応答はなく、身体は硬直し始めていた。カーは、ウィリアムズの脈を確かめ、既に絶命していることを確認した。カーは給油所のオーナー、グレン・バーデット(Glenn Burdette)にこれを知らせ、地元の警察長 O・H・ステイミー(O.H. Stamey)が呼ばれた。死体が関わっていたため、ステイミーは無線担当の警官ハワード・ジャニー(Howard Janney)も呼び寄せた[25]。ステイミーとジャニーは、キャデラックコンバーチブルの車内に、空のビール缶数個と、未録音曲の手書きの歌詞を発見した[5]

ロシアからの移民で、ほとんど英語を話さなかったイヴァン・マリーニン医師(Dr. Ivan Malinin)が、タイリー葬儀社(the Tyree Funeral House)で検視を行った。マリーニンは、心臓や首に出血を認め、「心臓右心室機能不全」を死因とした。死とは無関係と考えられたが、マリーニンは、ウィリアムズが数日前モンゴメリーのバーでの喧嘩し、左腕を負傷し包帯を巻くほどになった際に[26]鼠蹊部も激しく蹴られていたことを発見した[25]。当日の夜、カントンでウィリアムズの公演に集まってきた聴衆に、アナウンサーがウィリアムズの死を告げたとき、聴衆は、ウィリアムズが公演をすっぽかした言い訳だと思って笑い出した。しかし、ホークショウ・ホーキンズHawkshaw Hawkins)や、他の演奏者たちがウィリアムズを追悼して「I Saw the Light」を歌い始めると、本当にウィリアムズが死んだと悟った聴衆は、これに唱和した[26]

ウィリアムズが死んだ状況については、今でも議論がなされている。一部の論者は、ノックスビルを出発する前に、既に絶命していたと主張している[27]。オーク・ヒルは、ウィリアムズの終焉の地として認識されているが[6]、信憑性の高い説のひとつでは、オーク・ヒルに車が到着する20分ないし30分前に眠ったまま絶命したのだと主張されている。カーが助けを求めた給油所の、通りを挟んだ向かい側には記念碑が建てられている[28]。ウィリアムズが車中で没したキャデラックは、アラバマ州モンゴメリーのハンク・ウィリアムズ博物館(the Hank Williams Museum)に保存されている[29]

遺体は、翌1月2日にモンゴメリーに移送された。遺体は銀製の棺に納められ、当初は、マクダノー・ストリート318番地(318 McDounough Street)で母が営んでいた下宿屋に2日間安置された。葬儀は1月4日に、モンゴメリー公会堂で、花で埋められた舞台上に棺を置いて行なわれた[30]。この葬儀の際には、アーネスト・タブErnest Tubb)が「Beyond the Sunset」を、続いてロイ・エイカフが「I Saw the Light」、レッド・フォーリーRed Foley)が「Peace in the Valley」を歌った[31]。推定で15,000人から25,000人が銀の棺を間近にし、公会堂は2,750人の弔問者でいっぱいになった[32]。葬儀の間に、4人の女性が気絶し、もう1人は棺の足下に崩れ落ちてヒステリー状態となり公会堂から連れ出された[31]。ウィリアムズの葬儀は、それまでアラバマ州で行なわれた誰の葬儀よりも遥かに大規模なもので、モンゴメリーで行なわれた最大の行事となった[33]。葬儀のために贈られた花の量は2トンほどであったという[25]。ウィリアムズの遺骸はモンゴメリーのオークウッド・アネックス墓地に埋葬された。MGMの社長が「ビルボード」誌の取材に語ったところでは、ウィリアムズの死の直前の週に、同社が彼の写真の提供を求めたのは5件だけであったが、死の直後の週にはそれが300件以上になったという。地元のレコード店には、ウィリアムズがリリースした全てのレコードを求める客が殺到し、レコードが売り切れた[32]。ウィリアムズが存命中にリリースした最後のシングルは、皮肉なことに「I'll Never Get Out of This World Alive」(「生きたままではこの世界から出られない」の意)であった。1952年のうちに録音されていた「Your Cheatin' Heart」は、ウィリアムズの死後、1953年にリリースされた。この歌はカントリー・チャートの首位に6週間とどまった。この曲名はそのまま、ジョージ・ハミルトンが主演した1964年制作の伝記映画の題名となった(邦題は『ハンク・ウィリアムス物語/偽りの心』)[5]

私生活[編集]

1944年12月15日、ハンク・ウィリアムズはオードリー・シェパードと結婚した。この結婚は、オードリーにとって2度目、ハンクにとっては最初の結婚であった。2人の間には、後にハンク・ウィリアムズ・ジュニアとして名声を得る息子ランドール・ハンク・ウィリアムズが1949年5月26日に生まれた。この結婚は常に波乱含みで、たちまち危ういものとなり、ハンク・ウィリアムズは二分脊椎症による背中の激痛を和らげるために摂取していたアルコールやモルヒネ、その他の処方された鎮痛剤が原因で、深刻な問題に陥っていった。2人は1952年5月29日に離婚した[6]。 同年6月に、ウィリアムズは母の家に移り住み、「Half as Much」、「Jambalaya (On the Bayou)」、「Settin' the Woods on Fire」、「You Win Again」、「I'll Never Get Out of This World Alive」と相変わらず次々とヒット曲を出した。しかし、ナッシュビルに戻って正式に離婚手続きを完了した頃には、薬物の問題に歯止めが利かなくなっていた。この頃、関係のあった女性ボビー・ジェット(Bobbie Jett)との間には娘ジェットができたが、その誕生はウィリアムズの死の5日後のことであった[5][34]

1952年10月18日、ウィリアムズはビリー・ジーン・ジョーンズ・エシュリマールイジアナ州北西部のミンデンMinden)で[5]治安判事の前で誓約を交わして結婚した[26]。この結婚は、2人にとってそれぞれ2度目の結婚であり、2人とも以前の結婚で子どもをもうけていた[5]。翌日、2人はニューオリンズ市民公会堂で、公開の結婚式を2回行い、1回14,000席用意された入場券はいずれも売り切れとなった[26]。2回も公開挙式をしたのは、復縁しなければと息子には会わせない、と脅していたオードリーへの当てつけであったとも言われている[35]この時点で、ウィリアムズのアルコール依存と薬物使用は悪化しており、新婦や友人たちはウィリアムズを何とか立ち直らせようと努力したが、上手くは行かなかった[26]

ウィリアムズの死後、判事はこの2度目の結婚について、ビリー・ジーンの前夫との離婚が届出後の法定和解期間を経て正式に確定する11日前に行なわれており、違法であると判断した。ウィリアムズの前妻オードリーと、母リリーは、この結婚が無効であるという主張を何年にもわたって強く押し進めた[6]。ちなみに、ウィリアムズとオードリーの結婚も、オードリーの前夫との離婚が確定する前に行なわれており、法定和解期間の60日を待たず、離婚後10日目に行なわれたものであった[5]

遺産をめぐる訴訟[編集]

ウィリアムズの死後、オードリー・ウィリアムズはナッシュビルで、MGMレコードとエイカフ=ローズ・ミュージックAcuff-Rose Music)を相手どって訴訟を起こした。この訴訟は、2社がハンク・ウィリアムズのレコードから生じるロイヤルティーの半額を、引き続き彼女に支払い続けることを求めるものであった。ハンク・ウィリアムズは前妻であるオードリーに、ロイヤルティー収入の半分を渡すことに合意していたが、ハンクの死後にこの合意が有効であるか否かは判然としていなかった。さらに、ハンク・ウィリアムズは遺言を残さなかったため、本来なら本人の取り分である残りの半分をどうするかもはっきりしておらず、この件には後妻のビリー・ジーンとその連れ子の娘、ハンクの母や姉も巻き込まれることになった[36]

ビリー・ジーンは、カントリー歌手ジョニー・ホートンJohnny Horton)と1953年9月に再婚した[37]1975年10月22日ジョージア州アトランタの連邦判事は、ビリー・ジーンのハンク・ウィリアムズとの結婚は有効であり、今後生じるロイヤルティー収入の半分は彼女のものであると裁定した[38]

2006年1月20日テネシー州控訴裁判所Tennessee Court of Appeals)は下級審の判決を支持し、ハンク・ウィリアムズの相続人である息子ランドール・ハンク・ウィリアムズ(ハンク・ウィリアムズjr.)と、娘ジェット・ウィリアムズだけが、1951年にナッシュビルのラジオ局のために行なわれた録音を販売する権利があるとする判断を示した[39]。法廷は、もともとラジオ局WSMで放送された『Mother's Best Flour Show』のために録音された音源の発売について展開された、ポリグラムとレガシー・エンタテイメントの主張を退けた。この音源には、1997年にレガシー・エンタテイメントが取得したもので、その中にはハンク・ウィリアムズのヒット曲のライブ版や、その他の曲のカバーが収録されていた。ポリグラムは、同社が権利を継承したMGMレコードとの契約によって、ウィリアムズはラジオ用に録音した音源を発売する権利を譲り渡していた、と主張していた。2008年10月、ジョセフ・M・パルマッチオJoe Palmaccio)が修復した『Mother's Best Flour Show』の音源の抜粋が、『Hank Williams: The Unreleased Recordings[40]』と題されてタイム・ライフTime-Life)から発売された[41]

受け継がれるもの[編集]

ウィリアムズは、11曲(「Lovesick Blues」、「Long Gone Lonesome Blues」、「Why Don't You Love Me」、「Moanin' the Blues」、「Cold, Cold Heart」、「Hey Good Lookin'」、「Jambalaya (On the Bayou)」、「I'll Never Get Out of This World Alive」、「Kaw-Liga」、「Your Cheatin' Heart」、「Take These Chains from My Heart」)をチャートの首位に送り込み、さらに多くのトップ10入りしたヒット曲を残した[42]

1987年、ウィリアムズはアーリー・インフルエンス部門で、ロックの殿堂入りを果たした[43]カントリー・ミュージック・テレビジョン(CMT)が2003年に選定した「カントリー音楽で最も偉大な40人」では、この年に亡くなったジョニー・キャッシュに次いで、第2位となった。息子のハンク・ウィリアムズ・ジュニアもこのランキングの第20位に入った[44]2004年、『ローリング・ストーン』誌が選定した「歴史上最も偉大な100人のアーティスト」では第74位に入った[45]。1950年代のロックンロールの先駆者たちの多くが、そのキャリアの初期にウィリアムズの曲を録音しており、エルヴィス・プレスリー[46]ボブ・ディランジェリー・リー・ルイスマール・ハガードMerle Haggard[47]ジーン・ヴィンセント[48]カール・パーキンス[49]リッキー・ネルソン[50]ジャック・スコットJack Scott[51]コンウェイ・トゥイッティConway Twitty[52]などもその例である。

1949年にウィリアムズがMGMレコードから出し、チャートの首位となった「Lovesick Blues」は、2011年グラミーの殿堂the Recording Academy Grammy Hall Of Fame)入りとなった[53]。同じ2011年には、『Hank Williams: The Complete Mother’s Best Recordings….Plus!』が、最優秀歴史的アルバム(Best Historical Album)部門にノミネートされた[54]1999年、ウィリアムズはNative American Music Hall of Fame においても殿堂入りとなった[55]2010年4月12日ピューリッツァー賞委員会は、「普遍的感覚を心にしみる素朴さで表現したソングライターとしての職人技、カントリー音楽をアメリカ人の生活における大きな音楽的文化的存在に変貌させた大きな役割」に敬意を表し、ウィリアムズに没後の特別賞を追贈した[56]

テネシー州にあるロレッタ・リンとハンク・ウィリアムズの名を冠したハイウェイ休憩所の看板。

1981年ドリグティング・カウボーイズスティール・ギター奏者ドン・ヘルムズDon Helms)とハンク・ウィリアムズ・ジュニアが組んで、「The Ballad of Hank Williams」を録音した。この曲は、ハンク・シニアが音楽業界の駆け出しだった頃のことや、過剰な金遣いについての、パロディ、ないしは、ノベルティ・ソングであり、ジョニー・ホートンJohnny Horton)が広めた「The Battle of New Orleans」の旋律で歌われる。ハンク・ジュニアは「ドン、ダディと仕事してた頃のこと、本当はどんなだったか教えてよ」と歌い出す。これを受けてヘルムズは語りと、ウィリアムズと演奏した曲とを面白おかしく織り交ぜながら、ハンク・シニアがよく「百ドルのショーに千ドルを使っていた」と説明する。コーラスは、「だから彼は俺をクビにし、ジェリー・リバースをクビにし、みんなをクビにして、やれるだけやっちまったんだ。オールド・セドリックもクビ、サミー・ブリュートもクビにした。誰だか知らない奴までクビにしたんだ」というものだが、これは、ハンク・ウィリアムズが周りの状況に過剰反応していたことをコミカルな形で取り上げたものである[57]1991年、カントリー歌手のアラン・ジャクソンAlan Jackson)が「Midnight in Montgomery」をリリースしたが、この歌詞は、大晦日のショーに出かける途中で立ち寄ったハンク・ウィリアムズの墓で、ハンクの幽霊に出会うという話である[26]。同じくカントリー歌手のマーティ・スチュアートMarty Stuart)は、「Me And Hank And Jumping Jack Flash」という曲で、ウィリアムズを讃えている。この曲の歌詞は、「Midnight in Montgomery」と同じような設定だが、駆け出しのカントリー歌手がウィリアムズの幽霊から助言をもらうという話になっている[58]1983年、カントリー歌手デイヴィッド・アラン・コーDavid Allan Coe)がリリースした「The Ride」は、ギターをもった若い男がモンゴメリーでヒッチハイクをしていて、キャデラックに乗ったハンク・ウィリアムズの幽霊に拾われ、ナッシュビルの外れまで乗せてもらうという話で、幽霊は「...俺のことをミスターなんて呼ばないでくれ、ミスター、世界中の誰もが俺をハンクと呼んでるんだから」と言う[59]。ウィリアムズが残した遺産を受け継ぎ、息子のハンク・ウィリアムズ・ジュニア、娘のジェット・ウィリアムズ、孫息子のハンク・ウィリアムズ3世Hank Williams III)と孫娘たちヒラリー・ウィリアムズ(Hilary Williams)とホリー・ウィリアムズHolly Williams)は、いずれもカントリー・ミュージシャンになっている[60]

トリビュート[編集]

近年の受賞[編集]

受賞部門など 注記
1989 ベスト・カントリー・コラボレーション(ボーカル)
Best Country Vocal Collaboration
グラミー賞 ハンク・ウィリアムズ・ジュニアとともに
1989 ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー CMA ハンク・ウィリアムズ・ジュニアとともに
1989 ボーカル・イベント・オブ・ザ・イヤー CMA ハンク・ウィリアムズ・ジュニアとともに
1989 ビデオ・オブ・ザ・イヤー ACM ハンク・ウィリアムズ・ジュニアとともに.
1990 ボーカル・コラボレーション・オブ・ザ・イヤー TNN/Music City News ハンク・ウィリアムズ・ジュニアとともに
1990 ビデオ・オブ・ザ・イヤー TNN/Music City News ハンク・ウィリアムズ・ジュニアとともに
2003 「カントリー音楽で最も偉大な40人」第2位 CMT

ミュージック・ビデオ[編集]

ビデオ 監督
1989 "There's a Tear in My Beer" (ハンク・ウィリアムズ・ジュニアと) イーサン・ラッセルEthan Russell
"Honky Tonk Blues"
1996 "Cold, Cold Heart" バディ・ジャクソン(Buddy Jackson)

ディスコグラフィ[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 姓は、日本盤のレコードなどでは「ウィリアムス」と表記されるが、文献での言及では、しばしば実際の発音に近い「ウィリアムズ」とされる。
  2. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Hank Williams”. 2013年5月26日閲覧。
  3. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  4. ^ a b c d Hemphill, Paul (2005), Lovesick Blues: The Life of Hank Williams, New York: Penguin Group, ISBN 0-670-03414-2 
  5. ^ a b c d e f g h i Koon, George William (2002), Hank Williams, so lonesome, University of Mississippi press, ISBN 9781578062836, http://books.google.com/books?id=fPMlrotQFbcC&printsec=frontcover&dq=Hank+Williams&hl=en&ei=vMhzTeqGDsGUtwfynYmADw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=4&ved=0CDkQ6AEwAw#v=onepage&q&f=false 2011年3月6日閲覧。 
  6. ^ a b c d Williams, Roger M. (1981), Sing a sad song: the life of Hank Williams, University of Illinois Press, ISBN 9780252008610, http://books.google.com/books?id=idolYink49IC&printsec=frontcover&dq=Hank+Williams&hl=en&ei=idJzTcKGLs-5tgfF7pWEDw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=2&ved=0CC0Q6AEwAQ#v=onepage&q&f=false 2011年3月6日閲覧。 
  7. ^ a b Brackett, David (2000), Interpreting popular music, University of California Press, ISBN 9780520225411, http://books.google.com/books?id=RSdcP4f24tgC&pg=PA98&dq=Rufe+Payne+bucket&hl=en&ei=Y-RzTdGEEc24tgf64ZjdDQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CCcQ6AEwAA#v=onepage&q=Rufe%20Payne%20bucket&f=false 2011年3月6日閲覧。 
  8. ^ Dicaire, David (2007), The first generation of country music stars: biographies of 50 artists born before 1940, McFarland, ISBN 9780786430215, http://books.google.com/books?id=MYMQl9dsKJEC&pg=PA124&dq=Rufe+Payne&hl=en&ei=jeNzTeeoCoq-tgfOs63zDg&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=10&ved=0CFYQ6AEwCQ#v=onepage&q=Rufe%20Payne&f=false 2011年3月6日閲覧。 
  9. ^ Rufus Payne, 1884-1939”. The Alabama Historical Association. The Alabama Historical Association (2010年1月11日). 2011年3月6日閲覧。
  10. ^ a b c Consumer Price Index (Estimate) 1800–”. The Federal Reserve Bank of Minneapolis. 2011年3月14日閲覧。
  11. ^ a b Cusic, Don (2008), Discovering country music, ABC-CLIO, ISBN 9780313352454, http://books.google.com/books?id=NwQRYo58FpEC&pg=PA61&dq=hank+williams+WSFA&hl=en&ei=Ju9zTYPyLIG3twfYvsDyDg&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=3&ved=0CDYQ6AEwAg#v=onepage&q=hank%20williams%20WSFA&f=false 2011年3月6日閲覧。 
  12. ^ Escott, Colin (1984), Hank Williams: The Biography, Boston: Little, Brown and Company, ISBN 0-316-24986-6 
  13. ^ Browne, Pat (2001), The guide to United States popular culture, Popular Press, http://books.google.com/books?id=U3rJxPYT32MC&pg=PA913&dq=audrey+williams+hank+williams&hl=en&ei=xftzTYbEEtC4twfNna3uDg&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=7&ved=0CEIQ6AEwBg#v=snippet&q=%22audrey%20williams%22&f=false 2011年3月6日閲覧。 
  14. ^ Hank Williams, Sr., makes his Grand Ole Opry debut”. History.com. 2011年3月7日閲覧。
  15. ^ a b c Hank Williams Biography”. AOL Music. AOL. 2011年3月7日閲覧。
  16. ^ Young, William H.; Young, Nancy K. (2010), World War II and the Postwar Years in America: A Historical and Cultural Encyclopedia, ABC-CLIO, ISBN 9780313356520, http://books.google.com/books?id=YjbR9EXABPEC&lpg=PA235&dq=Wedding%20Bells%2C%20Mind%20Your%20Own%20Business%2C%20You're%20Gonna%20Change%20(Or%20I'm%20Gonna%20Leave)%20My%20Bucket's%20Got%20a%20Hole%20in%20It.&pg=PA235#v=onepage&q&f=false 2011年3月7日閲覧。 
  17. ^ a b Ching, Barbara (2003), Wrong's What I Do Best: Hard Country Music and Contemporary Culture, Oxford University Press, ISBN 9780195169423, http://books.google.com/books?id=HSXOKxKHU0EC&lpg=PA55&dq=Luke%20the%20drifter&pg=PA55#v=onepage&q&f=false 2011年3月7日閲覧。 
  18. ^ Tosches, Nick (1996), Country: the twisted roots of rock 'n' roll, Da Capo Press, ISBN 9780306807138, http://books.google.com/books?id=VpeGEPCKsesC&pg=PA215&dq=Luke+the+drifter&hl=en&ei=rDR1TbGMC5Pltge3-NjqDg&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=3&ved=0CDIQ6AEwAg#v=onepage&q=Luke%20the%20drifter&f=false 2011年3月7日閲覧。 
  19. ^ Bernstein, Cynthia Goldin; Nunnally, Thomas; Sabino, Robin (1997), Language variety in the South revisited, University of Alabama Press, ISBN 9780817308827 
  20. ^ Peppiatt, Francesca (2004), Country Music's Most Wanted: The Top 10 Book of Cheatin' Hearts, Honky-Tonk Tragedies, and Music City Oddities, Brassey's, ISBN 9781574885934, http://books.google.com/books?id=fcfrxsHHg_wC&pg=PA147&dq=Luke+the+drifter&hl=en&ei=rDR1TbGMC5Pltge3-NjqDg&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=7&ved=0CEQQ6AEwBg#v=onepage&q=Luke%20the%20drifter&f=false 2011年3月7日閲覧。 
  21. ^ “Billboard Jan 13, 1951”, Billboard (Nielsen Business Media, Inc.), (Jan 13, 1951), ISSN 0006-2510, http://books.google.com/books?id=XR8EAAAAMBAJ&lpg=PA19&dq=My%20Son%20Calls%20Another%20Man%20Daddy%22%2C%20%22They'll%20Never%20Take%20Her%20Love%20from%20Me%22%2C%20%22Why%20Should%20We%20Try%20Any%20More%3F%22%2C%20%22Nobody's%20Lonesome%20for%20Me%22%2C%20%22Long%20Gone%20Lonesome%20Blues%22%2C%20%22Why%20Don't%20You%20Love%20Me%3F%22%2C%20%22Moanin'%20the%20Blues%22%20and%20%22I%20Just%20Don't%20Like%20This%20Kind%20of%20Livin'&pg=PA19#v=onepage&q&f=false 2011年3月7日閲覧。 
  22. ^ Whitburn, Joel (1973), Top pop records, 1940-1955, Record Research Billboard, ISBN 089820092 
  23. ^ Lornell, Kip; Laird, Tracey; Tracey E. W. Laird (2008), Shreveport sounds in black and white, Univ. Press of Mississippi, http://books.google.com/books?id=PzbYj-kKjXIC&lpg=PA7&dq=louisiana%20hayride&pg=PA82#v=onepage&q&f=false 2011年3月7日閲覧。 
  24. ^ a b Lilly, John. “Hank's Lost Charleston Show”. West Virginia Division of Culture and History. 2011年3月8日閲覧。
  25. ^ a b c Olson, Ted (2004), Crossroads: A Southern Culture Annual, Mercer University Press, ISBN 9780865548664, http://books.google.com/books?id=31hZQKGNscoC&lpg=PA298&dq=Andrew%20Johnson%20Hotel%20hank%20williams&pg=PA296#v=onepage&q&f=false 2011年3月8日閲覧。 
  26. ^ a b c d e f Celon, Curtis W. (1995), Country music culture: from hard times to Heaven, Univ. Press of Mississippi, http://books.google.com/books?id=P1qyHCmpT7EC&lpg=PA80&dq=Andrew%20Johnson%20Hotel%20hank%20williams&pg=PA80#v=onepage&q&f=false 2011年3月8日閲覧。 
  27. ^ Neely, Jack. “Hank Williams's Knoxville demise surrounded by mystery half a century later”. 2003年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月8日閲覧。
  28. ^ Hank Williams Memorial Plaque Herbert E. Jones Library Oak Hill, West Virginia”. HankWilliams.WS. Mark Turner. 2011年3月8日閲覧。
  29. ^ Hank Williams Museum”. The Hank Williams Museum. The Hank Williams Museum. 2011年3月8日閲覧。
  30. ^ Stanton, Scott (2003), The tombstone tourist: musicians, Simon & Schuster, ISBN 9780743463300 
  31. ^ a b Hefley, James C. (1992), Country Music Comin' Home, pp. 267, http://books.google.com/books?id=V-NtG0iwWDYC&dq=hank+williams+funeral+alabama&source=gbs_navlinks_s 2011年3月13日閲覧。 
  32. ^ a b Peterson, Richard A. (1997), Creating country music: fabricating authenticity, University of Chicago Press, ISBN 9780226662848, http://books.google.com/books?id=J3zWpIOLB-MC&lpg=PA182&dq=January%204%2C%201953%20williams%20funeral&pg=PA182#v=onepage&q&f=false 2011年3月8日閲覧。 
  33. ^ Hank Williams Trail Brouchure”, Alabama Tourism Department (Alabama Tourism Department) 
  34. ^ Jett Williams Biography”. Jett Williams.com. Jett Williams.com. 2011年3月8日閲覧。
  35. ^ Escott, Colin; Merritt, George; MacEwen, William (2004), Hank Williams: The Biography, Back Bay, p. 241, ISBN 978-0-316-73497-4 
  36. ^ “File Action to Untangle Hank Williams Estate”. Billboard (Nielsen Business Media, Inc.): p. 15. (1953年5月23日). ISSN 0006-2510. http://books.google.com/books?id=EQ0EAAAAMBAJ&lpg=PA15&dq=audrey%20hank%20williams%20billboard%20suit&pg=PA15#v=onepage&q&f=false 2011年3月13日閲覧。 
  37. ^ RAB Hall of Fame: Johnny Horton”. Rockabilly Hall of Fame. Rockabilly Hall of Fame. 2011年3月8日閲覧。
  38. ^ Koon, George William (1983), Hank Williams: a bio-bibliography, Greenwood Press, ISBN 9780313229824 
  39. ^ Jett Williams. “Hank Williams, the Complete Mother's Best Recordings...Plus - From Jett Williams”. Direct Holdings Americas Inc.. 2011年5月7日閲覧。 ただし、多くの資料で控訴裁判所の判断を2005年、ないし2005年2月と記載する例がある。
  40. ^ Hank Williams: The Unreleased Recordings”. Direct Holdings America Inc.. 2011年4月7日閲覧。
  41. ^ Hilbourn, Robert (2008年10月28日). “There's Plenty Cookin'”. LAtimes.com. http://articles.latimes.com/2008/oct/28/entertainment/et-backtracking28 2011年3月14日閲覧。 
  42. ^ George-Warren; Romanowski, Patricia; Pareles, Jon (2001-10-30), The Rolling stone encyclopedia of rock & roll, Fireside, ISBN 9780743201209 
  43. ^ Hank Williams”. Rock and Roll Hall of Fame. The Rock and Roll Hall of Fame and Museum, Inc.. 2011年3月15日閲覧。
  44. ^ CMT 40 GREATEST MEN OF COUNTRY MUSIC”. CMT. MTV Networks. 2011年3月14日閲覧。
  45. ^ 100 Greatest Artists of All Time”. Rolling Stone Issue 946. Rolling Stone. 2011年5月7日閲覧。
  46. ^ Elvis Presley”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年7月15日閲覧。
  47. ^ Hank Williams”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年7月15日閲覧。
  48. ^ Gene Vincent”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年7月15日閲覧。
  49. ^ Carl Perkins”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年7月15日閲覧。
  50. ^ Ricky Nelson”. AllMusic. Rovi Corporation. 2011年3月14日閲覧。
  51. ^ Jack Scott”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年7月15日閲覧。
  52. ^ Conway Twitty”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年7月15日閲覧。
  53. ^ Hank Williams receives additional Grammy Recognition as “Lovesick Blues” inducted into Grammy Hall of Fame”. Rodeo Attitude official website. Rodeo Attitude, LLC.. 2011年3月14日閲覧。
  54. ^ The Beatles' catalogue wins 'Best Historical Album' Grammy”. WMMR. Greater Media (2011年2月14日). 2011年3月14日閲覧。
  55. ^ “Hank Williams: Native American group Inducts Him”. Herald-Journal. (1999年11月9日). http://news.google.com/newspapers?nid=1876&dat=19991109&id=HzgfAAAAIBAJ&sjid=0s8EAAAAIBAJ&pg=5279,3472000 2010年6月25日閲覧。 
  56. ^ “The 2010 Pulitzer Prize Winners Special Awards and Citations”. Official Pulitzer Awards Website (Columbia University). (2010年4月12日). http://www.pulitzer.org/citation/2010-Special-Awards-and-Citations 2010年4月12日閲覧。 
  57. ^ Larkin, Colin (1998), The Virgin encyclopedia of country music, Virgin, ISBN 9780753502365 
  58. ^ Escott,, Colin; Florita, Kira (2001), Hank Williams: snapshots from the lost highway, Da Capo 
  59. ^ Tichi, Cecelia (1998), Reading country music: steel guitars, opry stars, and honky-tonk bars, Duke University Press, ISBN 978-0822321682, http://books.google.com/books?id=p_gYzRsNNbEC&lpg=PA341&dq=shotgun%20willie&pg=PA341#v=onepage&q&f=false 2011年3月14日閲覧。 
  60. ^ “New exhibit explores Hank Williams's family legacy”. Associated Press (Yahoo!). (2008年4月17日). http://new.music.yahoo.com/hank-williams-jr/news/new-exhibit-explores-hank-williams-family-legacy--59355862 2011年3月14日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Caress, Jay (1979), Hank Williams, Stein and Day, ISBN 9780812825831 
  • Escott, Colin; Merritt, George; MacEwen, William (2004), Hank Williams: The Biography, Back Bay, ISBN 9780316734974 
  • Hemphill, Paul (2005), Lovesick Blues: The Life of Hank Williams, Viking, ISBN 9780670034147 
  • Koon, George William (1983), Hank Williams: a Bio-bibliography, Greenwood Press, ISBN 9780313229824 
  • Koon, George William; Koon, Bill (2001), Hank Williams, So Lonesome, University Press of Mississippi, ISBN 9781578062836 
  • Williams, Lycrecia; Vinicur, Dale (1991), Still in Love with You: Hank and Audrey Williams, Thomas Nelson Incorporated, ISBN 9781558531055 
  • Williams, Roger M. (1981), Sing a Sad Song: The Life of Hank Williams (2 ed.), University of Illinois Press, ISBN 9780252008610 
  • Rivers, Jerry (1967), Hank Williams: From Life to Legend, Jerry Rivers 

外部リンク[編集]