ドリフティング・カウボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ドリフティング・カウボーイズ
The Drifting Cowboys
基本情報
ジャンル カントリーホンキートンク
担当楽器 ギター
ベース
スティール・ギター
活動期間 1939年1953年
共同作業者 ハンク・ウィリアムズ
旧メンバー

ハンク・ウィリアムズ
Don Helms (スティール・ギター)
Clent Holmes (ギター)
Herbert "Lum" York (ベース)
Joe Pennington (ギター)
Lemuel Curtiss Crysel (フィドル)
Cedric Rainwater (ベース)
Sammy Pruitt (ギター)
Grady Martin (フィドル) Billy Byrd (ギター) Jack Drake (ベース) Smith Addair (ベースギターハーモニカ) Daniel Jack Boling (ギター) Freddy Beach (フィドル) George Brown (フィドル) Louis Brown (ギター) Hillous Butrum (ベース) Lefty Clark (サクソフォーン) Paul Compton (ギター) Curly Corbin Clyde Criswell (ギター) Zeke Crittenden (ギター) Richard Paul Dennis, Jr (ギターベースボーカル)

Allen Dunkin (ギターベースマンドリンフィドル)

{{{Influences}}}

ザ・ドリフティング・カウボーイズThe Drifting Cowboys)は、アメリカ合衆国カントリー音楽史において伝説的存在であるハンク・ウィリアムズのバックを務めたバンド。ウィリアムズが活躍していた時期だけでも、何度かメンバーの交代があり、ウィリアムズの死後も、残ったメンバーを中心に各地のツアーを続け、今日まで元メンバーのよる様々な音楽活動が続けられている。

最近の編成の一例として、ウィリアムの娘であるジェット・ウィリアムズのツアーのバックをドリフティング・カウボーイズが務めたときには、オリジナル・ドリフティング・カウボーイズのスティール・ギター奏者ドン・ヘルムズ(Don Helms)がリーダーになっていた[1]。「ハンクズ・ドリフターズ (Hank's Drifters)」と名乗る別の編成では、オリジナル・ドリフティング・カウボーイズのメンバーであったチェット・ホームズClent Holmes)とピー・ウィー・ムールトリーPee Wee Moultrie)がフィーチャーされている[2]。ムールトリー、ホームズ、ヘルムズの3人は、ドリフティング・カウボーイズのベーシストだったハーバート・"ラム"・ヨークHerbert "Lum" York)と、2004年にヨークが死去するまで、何度となく共演していた。

ドリフティング・カウボーイズのギタリストだったジョー・ペニントンJoe Pennington)は、後にロカビリーの先駆者のひとりとなり、カントリー音楽やゴスペルの分野でツアーも録音もやり続けた。やはりドリフティング・カウボーイズのギタリストだったヒラス・バトラムHillous Butrum)は、後に音楽プロデューサーとして成功し、ミュージック・ビデオの分野を切り開いた。レイ・プライスRay Price)は、ウィリアムズの死後、短期間だったが、バンドをそのまま引き継いでしばらく活動した。

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]