靴磨き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
靴磨き

靴磨き(くつみがき)は、革靴ブーツを磨く作業、またはその職業である。

概要[編集]

靴磨きは、革製品であるところのを磨く(油脂や靴墨などを塗って布でこする)作業であるが、簡易なものでは特に油脂や靴墨を付けず乾いた布でこすることも行われる。この作業を行うことで、革靴やブーツはつやを増し、また皮素材の柔軟性が維持され、長く使用に耐える。靴に詰まったなどをブラシで払ったりもする。家庭においては家事の範疇で行われる。

職業としては、この靴を磨く作業を専門に行うもので、磨り減った踵を補強したりほつれた部分を直すなど、靴の補修や仕立てを行うこともある。かつては流しの露天商訪問販売的な業態が主流であったが、日本において今日ではミスター・ミニットなど専門店的なチェーン店も多く、前述の露天商などは余り見かけられないものとなっている。

鉄道駅で靴磨きを行う少年(インドムンバイ
自動靴みがき(東京八重洲地下街

この職業は、少年が務めることが多い[要出典]。日本では第二次世界大戦の敗戦以降、社会の貧困と戦災孤児浮浪児化したことから都市部を中心に所謂「シューシャンボーイ」と呼ばれる靴磨きを生業とする少年らがあふれ[1]、『東京シューシャインボーイ』(1951年発表・歌:暁テル子・作詞:井田誠一・作曲:佐野鋤)などの歌にもなった。同様に経済状態の良好でない国では、靴磨きの少年の収入が家計を支えたり、ストリートチルドレンの唯一の収入源となることもある。アメリカのソウルシンガージェームス・ブラウン公民権運動活動家のマルコムXブラジル大統領のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ、俳優の黒部進など、著名人の中にも靴磨き経験者がいる。

なお合成樹脂合成皮革大量生産によって廉価に販売されている靴は、基本的に靴磨きを必要としない。泥や汚れを払い落とし、或いは水洗いして陰干しするだけである。

磨き方の種類[編集]

磨き方はこの2種類が知られている。

  • 鏡面磨き(ハイシャイン)
    • 爪先を乳化性クリームと油性ワックスで磨く方法。
  • アンティーク磨き
    • 2色の乳化性クリームを使い、あえて古く見せる方法。

水で磨くのが基本だが薄めたアルコール用いる方法もある(油性ワックスを塗った後)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 空襲の激しかった名古屋市でも、名古屋駅などに住み着いた少年たちが唯一の商売道具である足載せ台を枕に寝ている姿の写真も残されている。
    『決定版・一億人の昭和史』(中)P.129/P.113(毎日新聞/ユーキャン)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]