靴墨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KIWI靴墨。写真の上側に見えるつまみを回してのフタを開ける。
靴磨きの仕上げの様子
靴墨と靴ブラシ

靴墨(くつずみ)は、革靴ブーツにつやを出し、を保護するために使う、ペースト状やクリーム状の製品である。いろいろな色のものがあり、靴の色に合わせて選ぶ事ができる。オーストラリアで生まれたKIWI(現在は米国サラ・リー社の1ブランド)の靴墨は有名であり、同社のウェブサイトによると世界の約200ヶ国で売られている。色数は、国内メーカーコロンブスジュエルのほうが多い。

原料[編集]

何百年にもわたってロウ獣脂などの自然原料が靴墨の原料として使われてきたが、現在の靴墨はナフサテレビン油染料アラビアガム有機溶剤香料乳化剤蜜蝋流動パラフィンミネラルオイルなどから作られている。

使用法[編集]

ブラシなどを使って靴の表面に塗り、つやが出るまで磨く。靴墨には汚れを落とす力はないので、靴墨を塗る前に靴の汚れを落としておくことが大切である。

磨き方の種類[編集]

磨き方はこの2種類が知られている。

  • 鏡面磨き(ハイシャイン)
    • 爪先を乳化性クリームと油性ワックスで磨く方法。
  • アンティーク磨き
    • 2色の乳化性クリームを使い、あえて古く見せる方法。

水で磨くのが基本だが薄めたアルコール用いる方法もある(油性ワックスを塗った後)。

他には油性ワックスの使用を続けると、靴の表面(特に歩行時に曲がる箇所を中心)がひび割れやすい場合がある事から、通常の手入れは乳化性クリームを主体に使用し油性クリームはひび割れしにくい先端部分の艶を出す際に使用する等の使用例がある。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]