シューキーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
様々なシューキーパー
靴に入れた状態のシューキーパー

シューキーパー(またはシューツリー英語: shoe tree)は、の形を維持し、かつそれによって靴を長持ちさせるために靴の内部に置く、の形状に似た器具のこと。より高品質のシューキーパーは、臭いを抑制し、湿気を吸収するよう、シーダーのような堅い木材で作られる。コイル状の金属バネの軸を持つ、プラスチック製のシューキーパーもあり、一般的により安価かつ軽量だが、湿気を吸収せず、臭いを除去しない。木製の物はシューツリーとも呼ぶが、プラスチック製の物は呼ばない。ネジ式とバネ式がある。ニスが塗って有るものと塗っていない物があるが、塗っていない物の方が湿気や臭いを吸収しやすい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]