ポール・バターフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1979年のバターフィールド

ポール・バターフィールド(Paul Vaughn Butterfield, 1942年12月17日1987年5月4日)はアメリカのブルース歌手・ハーモニカ奏者。

はじめはクラシック音楽フルートを学んだが、ブルース・ハープに惹かれた。シカゴマディ・ウォーターズなどに会うことができ、激励され、ジャムに参加した。すぐにブルース信者ニック・グラヴェニツやエルヴィン・ビショップと共に演奏をはじめた。

1963年、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド結成。フィルモアモントレー・ポップ・フェスティバルウッドストックなどで演奏し1971年解散。

ポール・バターフィールド・ベター・デイズやザ・バンドのメンバー、師匠マディ・ウォーターズなどと活動した。録音やライブは続けていたが、健康状態が悪くなり1987年に44歳で死去。

ブルースの殿堂入り。

生涯[編集]

シカゴ生まれ。法律家画家の子供。シカゴ大学附属学校に入学。シカゴ交響楽団員にフルートを習った。[1]

運動選手でもあり、陸上の推薦でブラウン大学から誘われていたものの、ひざのケガとブルースへの愛着から陸上の道へは進まなかった。ハープにハマり、ブルース仲間ニックとつるんだ。[2]

1950年代末にブルース・クラブで演奏を始め、マディ・ウォーターズ, ハウリン・ウルフ, リトル・ウォルター, オーティス・ラッシュなどに会い、認められ、ジャムした。「ニックとポール」として大学周辺のコーヒー・ハウスで演奏する。[3]

1960年代初期にシカゴ大学に入学、ギタリスト・エルヴィン・ビショップと出会う。[4][5] 二人は学問そっちのけで音楽づけになり、フルタイムミュージシャンになる。シカゴのノースサイドにあるフォーク・クラブ「ビッグ・ジョンの店」で演奏する。[6]

ハウリン・ウルフのツアー・バンドにいたメンバーが1963年に参加。クラブで成功し、プロデューサーのポール・ロスチャイルド(ドアーズなどを製作)が目を付けた。[7]

バターフィールド・ブルース・バンド時代(ギタリストのブルームフィールドと)[編集]

マイク・ブルームフィールドと出会う。ロスチャイルドは2人の間の化学反応を見、ブルームフィールドをバンドに入れるようバターフィールドを説得し、そうなり、エレクトラ・レコードと契約。

1964年12月初録音。"Born in Chicago"の初期バージョンは1965年のエレクトラの見本盤『Folksong '65』に収録され、注目される( 初録音音源は1995年の『The Original Lost Elektra Sessions』にすべて収録)

ロスチャイルドは彼らをライブ録音し、ライブ・アルバムを作ることにする。[8] 1965年春、ニューヨークのCafe Au Go Goで録音。彼らの演奏は東海岸のミュージシャンに注目される。[9] 3度目の録音でスタジオに入る。[10]

ディランと共演(1965年)[編集]

1965年の7月にニューポート・フォーク・フェスティバルにブッキングされ、多くの観客を集め、ボブ・ディランのマネージャー・アルバート・グロスマンが契約。

マリア・マルダーは夫ジェフ・マルダーといっしょにその演奏を見てい、「衝撃的だった」と回想した。多くのフォーク・ファンにとって、激烈なエレクトリック・ブルース・コンボを見るのは始めてのことだった。

フェスティバルにレギュラー出演していたディランはその場で彼らをバックバンドにし、翌日エレクトリックで四曲演奏した。これが「電気ディラン論争」の始まりである。

バンドにとっては大衆に知られる機会であった。

1965年にようやくデビューアルバム『The Paul Butterfield Blues Band』を録音、発売。再録音の"Born in Chicago"がアルバムのトーンを決めた。アルバムにはブルース・スタンダードの『Shake Your Moneymaker』『Blues with a Feeling』『Look Over Yonders Wall』や自作曲が収録された。翌年ビルボードで123位となる。[11]セールス以上に影響力が大きかった。

代表作『イースト・ウェスト』[編集]

1966年7月、二作目『East-West』を録音、翌月発売。ロバート・ジョンソンの『Walkin' Blues』、Michael Nesmithの『Mary, Mary』、アラン・トゥーサン作曲・ソロモン・バーク歌唱の『Get Out of My Life, Woman』、ジャズのNat Adderley作曲の『Work Song』などのカバーを収録。チャートでは65位だった。

13分のインスト曲『East-West』はインドのラーガ(の音階)、最初期のフュージョンブルースロック、長いソロ演奏を含んでいた。[12] 同曲はライブでは1時間ほど演奏され、サンフランシスコのFillmoreで演奏されると市内のジャムバンドはバターフィールド・バンド一色になった。[13]

Bishopいわく「Quicksilver Messenger Service、Big Brother and the Holding Company、Grateful Deadなどのバンドはコードをかき鳴らしていただけだった。彼らはフォーク・バンドみたいなもの。ブルームフィールドはどんなスケールも弾きこなし、彼らをノックアウトした」。

この時期の『イースト・ウェスト』のライブバージョンは1996年のアルバム『East-West Live』で聴ける。

ピーター・グリーンと共演(1966年冬)[編集]

1966年の冬にイギリスにいたとき、ピーター・グリーン在籍時のブルース・ブレーカーズ(アルバム『ア・ハード・ロード』完成直後)[14]と数曲録音した(ボーナス付き『A Hard Road』再発盤に収録)。ButterfieldもMayallも歌い、Butterfieldのハープも聴ける。四曲がイギリスで45回転EPで1967年1月に『John Mayall's Bluesbreakers with Paul Butterfield』として発売。[15]

後期Butterfield Blues Band[編集]

Bloomfieldは自身のバンドElectric Flag結成。

三作目『The Resurrection of Pigboy Crabshaw』を1967年に発表、52位。チャールズ・ブラウンの『Driftin' Blues』を『Driftin' and Driftin'』の題名で、オーティス・ラッシュ『Double Trouble』、Junior Parker『Driving Wheel』をカバー。[16]

1967年6月、モンタレーで公演。[17][18]

1968年四作目『In My Own Dream』でソウルとホーン・サウンドにさらに接近。三曲だけ歌った。[19] ビルボード79位。1968年末,BishopとNaftalin脱退。

ジャニス・ジョプリンとの邂逅[編集]

1969年4月、マディー・ウォーターズのバックをOtis Spann, Mike Bloomfield, Sam Lay,Donald "Duck" Dunn、Buddy Milesとともに務める。ウォーターズの代表曲『Forty Days and Forty Nights』『I'm Ready』『Baby, Please Don't Go』『Got My Mojo Working』などを録音、アルバム『Fathers and Sons』として発表。[20]ここでの演奏をバターフィールドの最高の演奏とするものもいる。[21]

ウッドストックで1969年夏に7曲演奏、映画には登場しなかったが、"Love March"がサントラ『Woodstock: Music from the Original Soundtrack and More』(1970)に収録。同年、ジャニス・ジョプリンと、永遠の名曲「one night stand」を録音、14年後、1983年にジョプリンのアルバム『白鳥の歌』に収録された際にヒットした。

1969年五作目『Keep On Moving』はベテランR&Bプロデューサー/ソングライタージェリー・ラゴヴォイ制作。[1] [22] 批評家や熱狂的なファンの受けは悪かったが、ビルボード102位。[11]

ライブ二枚組アルバムLiveは1970年にトルバドゥールで録音。このころはホーンセクションは四人だった。[23]

ソウル風アルバム『Sometimes I Just Feel Like Smilin』を1971年に出し、解散。

1972年ベスト盤『Golden Butter: The Best of the Paul Butterfield Blues Band』がエレクトラから発売。

Better Days時代とソロ時代[編集]

新バンドは、ディランやザ・バンドの面々が住んでいたウッドストック周辺の仲間で作り、Paul Butterfield's Better Daysとなった。


1972–1973年にアルバム『Paul Butterfield's Better Days』『It All Comes Back』をAlbert GrossmanのBearsvilleレコードから発表。ルーツ音楽、フォークを彫り下げた。[24]

1973年の音源『Live at Winterland Ballroom』が1999年発売。[25]

元ザ・バンドのリック・ダンコと。1979.

Better Days解散後ソロ活動。1975年,マディー・ウォーターズチェス・レコードでの最後の作品『The Muddy Waters Woodstock Album』に参加。[26] Levon Helmのウッドストックのスタジオで、Garth Hudsonや、Watersのツアーバンドと録音された。

1976年, ザ・バンドの『The Last Waltz』に出演。『Mystery Train』を歌い、マディー・ウォーターズの『Mannish Boy』の後ろでハープを吹いた。[27]

Levon Helm and the RCO All Starsとツアーし、1977年に録音。[5]

1979年リック・ダンコとツアー。1984年、ダンコとリチャード・マニュエルとの演奏が録音され、Live at the Lonestarとして2011年発売。[28]

ツアーを続け、「セルアウト、オーバー・プロデュースされた、方向性が間違っている」とされたアルバム『Put It in Your Ear』を1976年に、『North South』を1981年に発表。後者はストリングスシンセを含み、ペラペラのファンク・サウンドだった。[1] 1986年,最後のスタジオ録音アルバム『The Legendary Paul Butterfield Rides Again』を発表。「最新ロック・サウンドで復活しようとした失敗作」と評された。

1987年、「B.B. King & Friends」コンサートに、エリック・クラプトンエタ・ジェイムズアルバート・キングスティーヴィー・レイ・ヴォーンなどと参加。[29]

[編集]

1987年5月に44歳で死んだ。北ハリウッドのアパートで遺体が発見され、モルヒネヘロイン、痛み止め)の過剰摂取と鑑識された。1980年代初頭から、耐え難い激痛をともなう腹膜炎で何度も手術を受けていた。[30]

マリア・マルダーは「彼は感受性が繊細で、音楽的で、、ブルースのエッセンスを体現していた。不運なことに、生き急いだのね」とコメントした。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • The Paul Butterfield Blues Band (1965)
  • East-West (1966)
  • The Resurrection of Pigboy Crabshaw (1967)
  • In My Own Dream (1968)
  • Keep On Moving (1969)
  • Sometimes I Just Feel Like Smilin' (1971)
  • Better Days — Paul Butterfield's Better Days (1973)
  • It All Comes Back — Paul Butterfield's Better Days (1973)
  • Put It in Your Ear — Paul Butterfield (1976)
  • North-South — Paul Butterfield (1981)
  • The Legendary Paul Butterfield Rides Again — Paul Butterfield (1986)
  • The Original Lost Elektra Sessions (1995年リリース。収録は1964年)

ライブ・アルバム[編集]

  • Live (1970年、2005年にボーナストラックを付加したうえで再発売)
  • Strawberry Jam (1996, recorded 1966–1968)
  • East-West Live (1996, recorded 1966–1967)
  • Live at Unicorn Coffee House ( 1966年に収録された海賊版)
  • Live at Winterland Ballroom — Paul Butterfield's Better Days (1999年発売。収録は1973年)
  • Rockpalast: Blues Rock Legends, Vol. 2 — Paul Butterfield Band (2008年発売。収録は1978年)
  • Live at the Lone StarRick Danko, Richard Manuel & Paul Butterfield (2011年発売。収録は 1984年)

編纂盤[編集]

  • Golden Butter: The Best of the Butterfield Blues Band (1972)
  • An Anthology: The Elektra Years (2 CDs, 1997)
  • Paul Butterfield's Better Days: Bearsville Anthology — Paul Butterfield's Better Days (2000)
  • Hi-Five: The Paul Butterfield Blues Band (2006 EP)

発掘盤・共演ビデオ[編集]

共演作[編集]

追悼盤[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b c Huey, Steve. “Paul Butterfield — Biography”. Allmusic. Rovi Corp.. 2013年7月23日閲覧。
  2. ^ Wolkin, Keenom 2000, p. 40.
  3. ^ Milward 2013, p. 66.
  4. ^ Field 2000, pp. 212–214.
  5. ^ a b Paul Butterfield — Biography”. 2013年9月13日閲覧。
  6. ^ Erlewine 1996, p. 41.
  7. ^ Leggett, Steve. “The Paul Butterfield Blues Band — Biography”. Allmusic. Rovi Corp.. 2013年9月14日閲覧。
  8. ^ Rothchild 1995, pp. 1–4.
  9. ^ Rothchild 1995, p. 3. Rothchild also recalled Holzman's approval came with the warning, "Rothchild, do not fuck this up!".
  10. ^ Ellis 1997
  11. ^ a b Paul Butterfield — Awards”. Rovi Corp. 2013年7月23日閲覧。
  12. ^ Tamarkin, Jeff (1996). “East-West”. All Music Guide to the Blues. Miller Freeman Books. p. 42. ISBN 0-87930-424-3. 
  13. ^ Houghton 2010, p. 195.
  14. ^ Schinder, Scott (2003年). John Mayall & the BluesbreakersA Hard Road — Expanded Edition』のアルバム・ノーツ, pp. 10, 14. Deram Records.
  15. ^ Presumably because of licensing restrictions, the EP was marked "For sale in the U.K. only", although it soon found its way to some specialty record retailers in the U.S. The songs were later included as bonus tracks on the 2003 expanded 2-CD reissue of A Hard Road with most of Peter Green's recordings with Mayall.
  16. ^ Erlewine, Michael (1996). “The Resurrection of Pigboy Crabshaw”. All Music Guide to the Blues. Miller Freeman Books. p. 42. ISBN 0-87930-424-3. 
  17. ^ Billy Davenport played the drums and Keith Johnson contributed trumpet in place of David Sanborn on saxophone. Former bandmate Mike Bloomfield also performed the same day at Monterey with his new group Electric Flag.
  18. ^ Perone, James (2005). Woodstock: An Encyclopedia of the Music and Art Fair. Greenwood Publishing Group. p. 3. ISBN 978-0-31333-057-5. 
  19. ^ Eder, Bruce. “In My Own Dream —Album Review”. Allmusic. Rovi Corp.. 2013年9月13日閲覧。
  20. ^ Gordon 2002, p. 207.
  21. ^ Herzhaft 1992, p. 371.
  22. ^ Campbell, Al. “Keep on Moving — Album review”. Allmusic. Rovi Corp.. 2013年7月23日閲覧。
  23. ^ Eder, Bruce. “Live — Album Review”. Allmusic. Rovi Corp.. 2013年7月23日閲覧。
  24. ^ Paul Butterfield's Better Days — Album Review”. Allmusic. Rovi Corp.. 2013年9月14日閲覧。
  25. ^ Live at Winterland Ballroom”. Allmusic. 2013年9月24日閲覧。
  26. ^ Gordon 2002, p. 247.
  27. ^ Gordon 2002, p. 253.
  28. ^ Rick Danko, Richard Manuel & Paul Butterfield Live at the Lone Star 1984 — Overview”. Allmusic. Rovi Corp.. 2013年9月14日閲覧。
  29. ^ B.B. King & Friends: A Night of Blistering Blues — Overview”. Allmusic. Rovi Corp.. 2013年9月14日閲覧。
  30. ^ “Musician's Death Laid to Overdose”. Los Angeles Times. (June 13, 1987). http://articles.latimes.com/1987-06-13/news/mn-6920_1_drug-overdose 2013年7月23日閲覧。. 
  31. ^ A review of Heart Attack states "four cuts feature Paul Butterfield on harp (believed to be his last recordings)." Frantz, Niles J.. “Heart Attack — Album Review”. Allmusic. Rovi Corp.. 2013年8月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • Dicaire, David (2001). More Blues Singers: Biographies of 50 Artists from the Later 20th Century. Mcfarland & Co Inc. ISBN 978-0-78641-0354. 
  • Ellis III, Tom (Spring 1997). “Paul Butterfield: From Newport to Woodstock”. Blues Access (Blues Access) (29). 
  • Erlewine, Michael (1996). “Paul Butterfield Blues Band”. All Music Guide to the Blues. Miller Freeman Books. ISBN 0-87930-424-3. 
  • Field, Kim (2000). Harmonicas, Harps, and Heavy Breathers: The Evolution of the People's Instrument. Cooper Square Press. ISBN 978-0815410201. 
  • Gioia, Ted (2008). Delta Blues. W. W. Norton. ISBN 978-0-393-33750-1. 
  • Gordon, Robert (2002). Can't Be Satisfied: The Life and Times of Muddy Waters. Little, Brown. ISBN 0-316-32849-9. 
  • Herzhaft, Gerard (1992). “Paul Butterfield”. Encyclopedia of the Blues. University of Arkansas Press. ISBN 1-55728-252-8. 
  • Houghton, Mick (2010). Becoming Elektra: True Story Of Jac Holzman's Visionary Record Label. Jawbone Press. ISBN 978-1906002299. 
  • Marcus, Greil (2006). Like a Rolling Stone: Bob Dylan at the Crossroads. Public Affairs. ISBN 978-1586483821. 
  • Milward, John (2013). Crossroads: How the Blues Shaped Rock 'n' Roll (and Rock Saved the Blues). Northeastern. ISBN 978-1555537449. 
  • Rothchild, Paul (1995年). Paul Butterfield Blues Band『The Original Lost Elektra Sessions』のアルバム・ノーツ. Elekrtra Traditions/Rhino Records.
  • Shadwick, Keith (2001). “Paul Butterfield”. The Encyclopedia of Jazz & Blues. Oceana. ISBN 978-0-681-08644-9. 
  • Wolkin, Jan Mark; Keenom, Bill (2000). Michael Bloomfield — If You Love These Blues: An Oral History. Backbeat Books. ISBN 978-0879306175. 

外部リンク[編集]